忍者ブログ
Admin / Write / Res
日々の生活から気になる事柄やものたちを、日記を通して紹介していくサイトです。水曜日には「やわらかい英文法」と題して、英語に関することを載せています。(平成23年3月現在)
[5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13]  [14]  [15
大学時代の友達の一人が、「行きたいと思っているの・・」と教えてくれた催し、
『70’sバイブレーション横浜』を目指して、先月とある日に、赤レンガ倉庫に女6人で行って来た。

70年代真っ只中に青春時代を過ごした私たちにとって、そこに展示されている物すべてが
懐かしくて、歳も忘れてきゃあきゃあと、女子力の高い時間を過ごしてしまうこととなった。

我々の一番のお目当ては、その催事期間のみ復活する「Pied Piper House」というレコード屋
さんであった。

 当時青山通りの片隅にひっそりと存在しながら、でも音楽好きの若者たちを強力に引き付け
ていた。LPがぎっしり入っているボックスを前に、お気に入りのレコードを探すために一枚
一枚手でひっぱりあげていくあの感触。ひっぱっては戻し、ひっぱってはまた戻す。
スコンスコンと木のボックスにレコードジャケットがあたる規則的で乾いた音を聞きながら、
気持ちが高揚していく。

 レコード屋さんと言っても、今のHMVとは趣が大きく異なり、小さなお店の面積のほとんどが
レコードで埋めつくされていて、ボックスの列と列の間の細長い通路を、他人のお尻や背中と
自分のものとをほとんどすり合わせながら移動したものだ。

ハメルーンの笛吹きの絵を真ん中に、蛇が楽しげに身をくねらせて描いたような「Pied Piper House」というロゴが印刷されているレコード袋も、この催しで復活していて、ロゴ入りの
Tシャツとトートバッグを買ったらそれに入れてくれた。


「よし、11月のライブでコーラスのお手伝いをする時に、このパイドのTシャツを着よう!」
とTaeが言い出し、レコード売り場で難しい通好みのレコードをチョイスしているChikaも、
最後にはTシャツも買っていた。

で、おとといの水曜日、TaeとChikaが、コーラス練習のために我が家に遊びに来た。
お昼ごはんに、パン好きのChikaのために2種類のパンを焼いたのだが、Taeが私の作った
ベーグルをとても気に入ってくれた。

スープやサラダ、チリビーンズと一緒にベーグルを食べながら、おいしい・・幸せ・・と、
ほんとうにくつろいだ幸せそうな顔を二人がした。

あ、同じだ。ヨガのクラスを教え終えた時と。みんなとても緩んでほっとしたような、穏やかな
顔をしていた。

なんとなく道がぼんやりと見えてきた。
私が今までやってきたことが人を緩ませることができるなら、それをしていきたい。

図らずも、前回のヨガのテーマは、「からだとこころをほどく」であった。
私の基本テーマになる予感がする。













PR
だいぶ前に、バレエ友達のハトちゃんから「この占いけっこう当たるよ。」と
占いページのリンクを教えてもらって以来、更新日の月曜日には、スマホでの
チェックを怠らない。

いや本当に、自分の状況を言い当てられていることがよくあるのだ。同じ星座の人たちが、
みんながみんな、私と似たような毎日を送っているわけないだろうに。
でも、内容は結構具体的で、誰にでもあてはまることのようには見えない。
だからずっと不思議だなと思っていた。

そして先週あたりから、「着実に見えないところで何かが進んでいて、あなたの周りの
流れが大きく変わるでしょう」「今週から来週にかけて大きなことを始めることになるで
しょう」「ドラマのようなターニングポイントを経験するでしょう」
などと、その占いは言い始めたのだ。

半信半疑でいたら、あれよあれよと言う間に、ヨガの友達サークルができて、今日の午前中
インストラクターとしての初めての経験をさせてもらった。
場所は、友達の友達が住んでいるマンションの集会所を使わせてもらっている。

まだ場所が決まっていないとき、近くの地域ケアセンターに電話したら、これも話がトントン
拍子に進み、友達サークル以外にヨガの講座を2つ持たせてもらうことになった。

自分でも流れが変わってきているのをひしひしと感じている。
この流れには乗っちゃおうと思う。心地いいから。

実はまだインストラクター養成講座は終了していない。
明日が最終日で、お免状をもらって終了。

そこで知り合って半年間一緒に学んだヨガ仲間との関係も、予想外にとても深いものになった。
8月の暑い日曜日に、すでにスタジオを構えてフラメンコやヨガを指導しているAさんの
スタジオにみんなで集まり、自主練をしたのも思い出深い。

明日は、講習終了後、近くの美味しいイタリアンレストランで打ち上げをすることになっている。ここの「鴨のロースト」がめちゃくちゃおいしい。

ヨガの講習が終了するのを見込んで、9月からまたシナリオセンターに通い出した。
基礎講座と違って、本科は横浜にもあるので・・しかも隔週という私にぴったりのペースなので、
横浜に通うことにした。4か月のブランクがあって少し不安だったけれど、初めてみんなの前で
読み上げた私のシナリオを、先生も他の生徒さん達もとても褒めて下さった。

すごくうれしかった。自分の書いた物が他の人の心に届くんだ・・「心があたたかくなった」
と言ってもらえた。これで味をしめたのか、フィクションを描く楽しさを感じ始めている。

気持ちのいい流れに身をまかせてできることをやっていこうと思う。


今もっともホットな話題の又吉直樹さんの小説、「火花」を読んだ。
ちょっとへそ曲がりな私は、2百万人以上の人が持っている単行本を買う気になれず、
芥川賞受賞作二作が全文掲載されている文芸春秋を購入した。

それでもすぐにそれを読まなかったのは、その時一緒に本屋さんに並んでいた又吉さんの
エッセイ、「東京百景」と「第2図書係補佐」を立ち読みしたら面白くて止まらなくなり、両方
とも買って帰ってしまったからだ。エッセイ2冊を堪能した後、やっと火花にあり付けたのだ。

又吉さんの才能や成功を、うらやましくないと言ったら嘘になるが、その才能や成功より
も私がうらやましいと思うのは、彼の持つ 静かでやわらかな優しい視線 である。

エッセイを読んでいても小説を読んでいても、オイコノミア(テレビの経済番組)で彼が
話しているのを聞いていても、その視線はいつもそこにあった。

驚くべきは、彼が理不尽な状況に追い込まれた時でさえ、その視線がぶれないことだ。

一緒に住んでいた友達が、又吉さんの置いていた3万円をネコババして突然消える。
でもそれだけではすまなかった。その友達が作った借金の取り立てが、なぜか又吉さんへと方向を
変え、催促の電話が鳴りっぱなしに。その友達が「又吉という男が代わりに返すから・・」と彼の
電話番号を借金取りに教えたからだ。

それを知った又吉さんは当然のことながら怒る。
でも、その友達の居場所を突き止めて顔を合わせた時には、彼の怒りはすでに消えてしまっていた。
「どうしてここがわかった?」と焦る友達に、可笑しさを感じたからだという。
そこで友達の全財産の4千円の半分、2千円をむしり取って帰ったと又吉さんは書いていた。

3万円取られたのにどうして2千円? 4千円持ってたのにどうして2千円だけなの?
怒ってたのでしょ?ひどいことされて。裏切られて。
計算高い私にはわからない。というか、そのやわらかい視線がうらやましい。

オイコノミアに、ギャンブル好きの「平成ノブシコブシ」の徳井さんがゲスト出演されていた。
経済学の先生が、徳井さんは又吉さんにお金のことで迷惑かけたことはないのですか?と
たずねたら、徳井さんはちょっと考えて「多分ないと思う。」と答えた。

そしたら又吉さんが、「迷惑かけられたことはないのですが、同じ貧乏人時代から、なぜか
ごはん食べると僕が必ず払うことになっていたのですが、なぜだろう?ってずっと思って
ました。」と、長年の疑問を初めて打ちあけるように言った。

そしたらまた徳井さんが、「最初から彼は大物になって大金を稼ぐヤツだとわかっていた。
だからそうしてきたんだ。実際大物になってからおごられ始めるのは嫌なんで・・」みたいな
道理が通っているようないないようなことを言ったのだった。この番組は芥川賞受賞前。

でもすごおい。徳井さんの言うこと、ずばり当たっていたね。
ずっとおごってもらってて正解だったね。
さすがギャンブラー。これっ!ていうところは外さないね。

文芸春秋を買ったことで、文学界大御所の方々の芥川賞選評も読むことができた。
何よりも選者の方たちの人間性を、かなりストレートに垣間見せてくれているのが興味深かった。

それにしても「何でも屋」とか「一発屋」という、それこそ一発でそのものの価値をグンとさげ
ることが可能な、悪意が微妙にまとわりついている揚げ足取り的言葉が、こんな高尚な選評に使
われているとはびっくりした。

読み手側は、さまざまなテーマの下に流れる作者の思いを感じたいのだし、静かでやわらかな
優しい視線で作者が見るいろんな世界を、これから共有したいだけなのだ。

そうだ、私ずっと又吉さんて、ファーストネームだと思ってたんだ。
直樹さんて素晴らしいお名前があるにもかかわらず、私にとって又吉さんは、
「又吉又吉」なんだ。

年齢と共に喜怒哀楽の振り子の幅が狭まってきている。

ちょっとやそっとでは喜ばないし怒らない。
たとえ喜んでも怒っても哀しんでも楽しんでも、我をわすれるような仕方をしないということだ。
楽しいな・・と思いながらどこか覚めてる自分がいる。
腹立つな・・と思っても、「えっ?私怒ってるうう?」とどこかで茶化している自分がいる。

喜怒哀楽がそんな風なんだから、「胸がきゅんとする」なんてことは、私にとって世界遺産の洞窟
の壁に描かれた原始的な絵のようなものだ。

でも、胸きゅんは突然やってくるもの・・とは知らなかった。完璧に油断していた。

我が家の愛犬ハルは、糞づまり嘔吐、食欲不振を引き起こす「会陰ヘルニア」を手術で乗り越え、
現在ありがたいことに、毎日元気に愛らしく、私たちと生活してくれている。

2か月ほど前に獣医さんに連れて行った時、ハルは見る影もないほどの弱りようだった。
そしてその時、時間外に突然行ったのに、優しい対応をしてくれたのがM先生だった。

M先生は、糞づまりで苦しんでいるハルの肛門に指を突っ込み、その固くなりつつあった
障害物を器用にすべてかき出してくれた。
そしてその後「ハルちゃん、ごめんね~。嫌だったよね~。」とハルに本気で謝っている。

いやいやいや。それは違います。
大変だったのはハルよりも先生だから・・と私は恐縮してしまった。

何度かお会いするうちに、ああ、この人は本当に動物が好きで獣医さんになったんだな。
という確信が、何気ない言動から、爽やかな風のように私に届く。

ハルの手術が成功して抜糸のために先生のもとへ。
「お家でのハルちゃんの調子はいかがですか?」

私はハルが元気になって本当に本当に嬉しかったのだ。

「お散歩するでしょ?そしたらね、程なくハルはウンチングスタイルを取るんです。
そして何の障害もなく心地よさそうに用を足すんですよ。それがね、また惚れ惚れするほどの
うんちで。目下の所、ハルが何の滞りもなく素晴らしいうんちをしてくれることが私の一番の
幸せなんですよ。」

先生は私の話をニコニコと聞いてくれていた。
私はまだ言い足りなくて、続けた。

「拾うでしょ?そしたら『ズシッ』って重いんですよ・・・」

言い終わって先生を見ると、先生は斜め下に視線を落とし目を見開き、その目に涙をいっぱい
ためていた。

私は頭が真っ白になった。どうしたどうしたどうした?何でこの人は泣いているんだ?
身体中の血流が一気に速くなったように感じた。
そしてやっと一息ついた時、胸がきゅん と音をたてた。

具体的にその人の幸せに自分が関与することはできないけれど、単純にその人の幸せを願える
事自体が自分にとっての幸せなのかもしれない。

私はこの話を友達によく話す。
先週の水曜日に集まったママ友仲間にも、ランチを食べ終えた時点で話し出した。
何しろウンチ話なので食事中は避けたのだ。

自分が人を好きになったとしても、それを「恋」というカテゴリーにはもう入れたくない。
恋は秘めやかなものであるけれど、人への好意はオープンであるべきだと感じた私は、
友達に会うたびにこの話をする。M先生の透明感をどのように話せば一番つたわるだろうか、
と思いながら。
先日朝ごはんの片づけを普通にしていたら、テレビを見ていた息子が突然素っ頓狂な声をあげた。

「そこでずっと何してんの?まさかあれからずっと後片づけじゃないでしょ?」

「え?そうだけど。長くかかりすぎ? ちょっと丁寧にやってるだけなんだけどな。」

どうも歳と共に仕事が遅くなっているようだ。
「仕事がはやい」というのは、若かりし頃の私の長所でもあったはずなのに。

ひとつには自分の意識の問題も関係していると思う。
日常生活で、あまり鋭角的な動きをしたくないと思っているのだ。
まあるく動いて、物の形に合わせながら仕事をしていると、いつの間にか時間が経ってしまう。

私はどんどん効率も要領も悪い人間になっていってるのかもしれない。

先週の水曜日、大学時代の友人たちと渋谷で飲んだ。
大学卒業以来、初めて顔を合わす友人を囲んでの飲み会だった。
ただ翌日から家族旅行で、朝早く出かけることにもなっていた。

この状況で、大人ならセーブするだろうし、以前の私なら一次会で帰ったはず。
だって次の日、朝早いのだから。

でも私はそうするべきだと考えながら、実際にはしなかった。
ビール飲んでサワー飲んでワイン飲んで2次会まで行ってしまった。

終バスを逃したので駅から千鳥足で家まで歩くことに。タクシー拾うのも家人に迷惑かける
のも嫌だった。

本当に酔っぱらっている時はジグザグにしか歩けないものなのね。
そうやってふらふら歩いているうちにどんどん気持ち悪くなってきた。

何とか家にたどり着き、ごめん!と言いながら玄関をドタバタ抜けてトイレに直行。
思い切りもどしてしまった。

私はいったい何歳だっけ? こんなことする年齢ではいたってないはず。

私はここに来て、反抗期なのかもしれません。
効率や要領の良さとか、明日のために今日をセーブするとかが今の肌質に合わない。

そして要領の悪い効率を求めない最近の私は、自然と待つことが嫌いじゃなくなった。

わざと楽しみを先延ばしにしたりもする。
読みたいのに「火花」を買わない。文庫になるまで待とうと決めていた。
でも文庫はやめて品切れの「文芸春秋」を昨日本屋で予約してきた。
あと数週間の待つ楽しみ。

息子も参加の家族旅行は、渋滞のピークと言われていた13、14日だったにもかかわらず、
全く渋滞を経験することなくスムーズに運んだ。ひどい二日酔も午後には楽になった。

お酒はもう懲り懲りだと今は思っている。でも同時に感じてる。
そう思いながらも頭の悪い行いを繰り返すのだろうな。と。










カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[12/18 amour]
[11/06 chiaki]
[11/01 amour]
[11/01 amour]
[07/20 chiaki]
最新TB
プロフィール
HN:
Chie
性別:
女性
職業:
主婦 英語教師
趣味:
バレエ 映画鑑賞 
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(11/15)
(11/16)
(11/19)
(11/21)
(11/24)
P R
Copyright ©  My favorite things All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]