忍者ブログ
Admin / Write / Res
日々の生活から気になる事柄やものたちを、日記を通して紹介していくサイトです。水曜日には「やわらかい英文法」と題して、英語に関することを載せています。(平成23年3月現在)
[1]  [2]  [3]  [4
先週の土曜日に、私の所属する英語のスピーチクラブのミーティングで、
私にとって苦手な役目である Joke Master が、またもや回ってきてしまった。

何か面白いことを英語で話す・・というのは、かなりのプレッシャーなのだ。

いろいろ迷った挙句、アメリカのインタビュー番組、「エレンの部屋」
の、おかしなメールを取り上げるコーナーから、ひとつエピソードを拝借し、
スピーチ用に編集して発表させてもらった。

結果はというと、まずまずの笑いが取れただけでなく、ミーティング後に、
大好きな80歳のきみこさんから、「あなたの英語、好きですよ。尊敬してます。」
なんて夢のようなお言葉をいただいて、もうクラブ辞めようと思ってたくせに、
勢い余って来期の会費を会計の方に払いこんでしまった。

後で冷静になり、「しまった。」と思う始末。
私は馬鹿がつくほど単純な人間です。とほほ・・

そう言えば、馬鹿がつくほど..で思い出したのが、英語での「すごくかわいい」
の「すごく」に, 日本語と同じように 「ridiculously 」を使っているのを最近
何回も聞いたことだ。   ばかばかしいほどに → 途方もなく 
ということなのでしょう。

あと、醜い「ugly」とか 馬鹿な「stupid」が逆の意味で使われているのも
聞きました。My baby is so stupid and ugly. (かわいくて仕方ない。)

いつの間にか 「ヤバイ」が、ほめことばになっているのと同じね。

では、そういう新語にたいする思いもこめて、Joke Masterの 原稿を
ここに載せておきます。英語の後に日本語訳をつけておきます。

In these days of e-mails and text-messages, many of you may know that
LOL is the abbreviation of " laughing out loud".

You put LOL at the end of funny statement in your text or e-mail.
It's just like (笑い) in Japanese.

Watching an American TV show, I came across an interesting episode
that really happened to people's life, relating the word LOL.

Let me introduce following exchanges of text-message between a mother
and a son.

First、 mother sent a text to her son to let him know his aunt's death.

「I'm in the hospital. I'm sad to tell you that your great aunt just passed
away.(LOL)」

Son was surprised and answered it back.
「Why is that funny?"」

「It's not funny,David. What do you mean?」

「Mom, LOL means laughing out loud...」

「Oh my God. I thought it means Lots of Love. What shoud I do?
I sent that to everyone.I have to call everyone to take it back.」

I'm afraid it may happen to everyone since a lot of brand-new words
and abbreviations keep appearing.

Well, what I think now is that I'd rather use old-fashioned words
than make embarassing mistakes.

How do you feel about it?

eメールや携帯メールが盛んな今の時代に、LOLが
laughing out loud の省略であることは、多くの方に知られている事実
でしょう。

笑える文章の後に、LOLを置く。
つまり日本で言えば、ちょうど (笑い)のようなものです。

アメリカのテレビ番組で、この LOLに関連した面白いエピソードを
とりあげていたので、その母と息子のメールのやりとりを、ここで
紹介したいと思います。

まずお母さんが息子に、叔母さんの死を知らせるためにメールを
送りました。

「私は今病院にいます。悲しいことですが、あなたの大好きな叔母さんが
今亡くなりました。(LOL) 」

息子は仰天して、メールを返しました。
「それの何が面白いって言うの?」

「おもしろいなんてとんでもない。デイビット、何を言ってるの?」

「お母さん、LOLは、笑い・・っていう意味だよ。」

「やだ、どうしよう・・私は、てっきりLots of Love 愛をこめて・・
だと思ってたわ。みんなにも同じメール送ってしまったから、
ひとりひとりに電話して 間違った。っていわなきゃ・・」

こういうことは、誰にでも起こりうることだと思います。

日夜新しい言葉や略語が生まれているのですから。

私が今考えていることを言いましょうか?

ばつの悪い間違いをするくらいなら、古臭い言葉を使っておこう。
ということです。

さて皆さんは、どのようにお感じですか?






PR
どうも、夏の疲れが一気に出たようで、思うように体が
動かず、消極的な毎日を送っていた。 

毎日のように使うつもりだった電動自転車も、一週間ほど使わず
じまい。 駐輪場の定位置にほったらかされて、サドルはうっすら
とほこりをかぶり、カゴには落ち葉が入っているに違いない。

また、軽々とペダルを踏む日を夢見ながら、地味にストレッチなど
しながら、ハルと遊んで暮らしてます。

そういえば、前回の英語スピーチが途中で終わっているので、
完結しようと思います。 えっとどこまでだったかな?
思い出したぞ。 行きます。

-----------------------------------------------------------------------------------

数年後、彼が思春期に到達した時、また別の問題があらわれた。

彼はその頃 学校を休みがちになる。

理由はいまだにはっきりしないのだが、私が感じたのは、
有名大学にひとりでも多く入れようという高校のシステム
に、彼がうまく順応できなかったのではないかということだ。

「卒業したら興味のある料理を勉強するために、専門学校
に行く。」と彼が言い出した。

私は私で、何とか大学に行かせられないかと、一生懸命
説得する。

でもそうこうしている内に、あることに気がついてしまった。

私が彼に大学に行って欲しいと思うのは、部分的ではある
にせよ、自分のプライドを満足させたいからじゃないのか?
自分にとって心地よい状況を作りたいからじゃないのか?

大事なのは、彼が幸せかどうか、ということなのに。

その時点で、ちっぽけな私のプライドを完全に捨て去り、
彼の決心を喜ぶことにした。

このように、子育ては、なまやさしくなくて、波乱万丈、奮闘の
連続だった。

でも、母親としての経験は、いろんなことに気づかせてくれて、
結果 物事を広くそして柔軟に見る方向に導いてくれた。

なので私は、表面的なことだけを見て、人や物事を判断しない。

人と対するとき、その人の本当の部分を見て 敬意を払うよう
になったのだ。

ついでに言っておくと、、息子は中国料理店で働いて3年目で、
彼の修行中の心意気は、なかなかのものである。

それは、どれくらいのものかというと、次のフレーズを恥ずかし気
もなく言えるほど見事で・・

つまり、「私は彼を誇りに思っている。」のである。


Years later when my son reached the adolescent stage, another
problem happened.

He stopped going to school regularly.

The reason was not clear.
But I felt that he couldn't adjust himself to the school system that's
focusing on how many students they can lead to enter famous
Universities.

He insisted that he would go to a technical training school after
graduation for the purpose of pursuing his interest, cooking.

I tried hard to persuade him into going to University.

In the course of thinking, I started to realize that I wanted him to go to
University partly because I just wanted to satisfy my own pride,
hoping to feel comfortable with situation around me.

OK....wait.
What matters most is whether he is happy or not.

I completely gave up my tiny pride and tried to become happy
for his decision.

Well, bringing up kids is not an easy matter.
There have been ups and downs, and downs and down where
you have to struggle a lot.

But personally I'm sure that being a mother helped me to open
my eyes with which I could see the whole world widely and flexibly.

I would never judge people or anything by what I could see
on the surface.

I could always see and respect what you really are.

Just for the record, my son has been working in Chinese restaurant
for three years now.

The way he has been in training is quite amazing.

That is like something I'd like to dare to say that
" I'm really proud of him."



先週の土曜日にした、英語のスピーチを 残しておこうと
思います。

今日は前半の部分の、和訳と原文を載せておきます。

-------------------------------------------------------------------------

”お母さん” という言葉を聞くたびに、亡くなった母と重ね合わせて
心の中に、おのずと愛情が湧き上がってきてしまう。

しかしながら、「お母さんであること」・・・となるとまったく別の問題である。

私にとって、それは、もがきながら試練を乗り越えてきた経験であり、
またそれらの経験によって、私はいろんなことに気づいてきたのである。

母親としての初期の苦労は、睡眠時間が足りない、とか、
「私ったら、赤んぼだけのために生きている「おっぱいマシン」に
なっちゃんたんじゃないかしら?」と悩んだりすることだった。

でも、思えばそんなこと、まったくなんてことなかったんだ。

私の子供たちは、成長とともに、しだいに性格的特長を現し始めるのだが、
それはどうかといえば、おどけた暴れん坊、活発なやんちゃさん・・・で、
特に下の息子は まるでおさる のようだった。

当然 幼稚園や小学校の先生は、彼の落ち着きのなさ、過剰にあふれ出す
彼のエネルギーに文句を言ったものだ。

”授業中、ずっとしゃべってるんです。”
”宿題してきません。”
”忘れ物ばっかりです。”

ここで言っておきたいのですが、私はもともとそんなに簡単に謝る人間じゃ
なかったんですよ。
だって、大人として 気をつけてまともに生きていれば、
そんなに人に謝る場面もないはずでしょ?

だから 実にその頃私の人生が大きく変わったのです。
そしてその結果、私は ものすごく謝るのがうまい人になった、ってわけ
なのです。

たくさんの真面目な先生方の中で、宮前先生ような
真面目プラス寛大な先生にお会いできたのはラッキーだった。

ある日のPTAの集まりで、先生は私に個人的にお話してくださった
ことがあった。

” M くん(家の息子)が、先日うわばきを片方失くしたのを、
お母様ご存知ですよね。”

確かに私は知っていた。・・そういえばあの朝、彼はあせって学校へ
出かけて行ったはず。 うわばきをそのまま、ランドセルの中の教科書の
上にのっけて、走って行ったんだっけ。
だから途中で 片方落としてしまったのね、きっと。

宮前先生は、続けた。

”スリッパを貸してあげたんですよ。そしたらその後で、Mくんが変な
歩き方をしているのに気がついてですね・・どうしたんだろうと
そばによってみてみたら・・・・ なんと彼は 左足に片方のうわばきを、
右足にスリッパを履いていたんです。”

何も言えないまま呆然としている私をよそに、彼女はしゃべり続けた。

”で、わかったんですよ、私。 彼は 借りたスリッパを左右両方に履く
よりも、少なくとも ひとつでも残っている自分の上履きをはくほうが、
いいと思ったんでしょうね。”

そして 先生はこのように結んだ。

”彼の考えを尊重して、ずっとそのままにさせときました。
ずいぶん歩きづらそうでしたけれどね。(笑)”

私は感動していた。
先生がこんなにも息子のことをわかってくれようとしたことに。
なんて彼女は寛大なんだ・・と。


Every time I hear the word " Mother", I cannot help feeling strong affection
coming up inside me, especially when thinking of my lost mother.

However, " Being a mother" is quite another thing.

For me that was struggling, survival and eye openers through many
experiences at the same time.

At the early stage of being a mother, the struggle was like lack of
sleeping time or the idea that"Oh, I became a milk machine just
living for a new born baby."

But that wasn't a big deal at all.

My kids started to show their own characteristic quality as they grew
playful and wild, naughty and active.....especially my younger boy
turned out to be a devil monkey.

Accordingly the teachers of kindergarten or elementary school
complained about his unstable high-energetic behavior.

" Your son kept talking during classes."
" He has never done any homework."
" He forgot to bring every stuff he should bring to school."

You know what?
I was not the type of person who could easily apologize
because as an adult you don't have to do that so often if you live
properly and carefully.

My life has extremely changed.
And I eventually became a professionally skillful apologizer.

Among all those rigid teachers, luckily I met a generous teacher like
Miyamae-sensei.

At one PTA meeting, she personally spoke to me,

" You know, he lost one of his pair of indoor school shoes the other day
don't you?"

I knew that.
I remember in the morning he was in such a hurry to school that he
just put them on top of the textbooks inside his school backpack and
ran away.

He must have dropped one of his pair while running.

And Miyamae-sensei continued.

" After I lent him a pair of slippers, I've noticed him walking in a quite
awkward manner. So I came closer to him to find out......
he was putting one of his shoes on his left foot and one of slippers
on his right foot."

She kept talking while I was being speechless...

" I got it. He must have thought it would be better to put at least one of
his shoes in stead of wearing a pair of slippers that he"d borrowed all the
way."

And she concluded,

" I respected his idea and let him do that all day long.
He must have a lot of trouble walking that way, though."


I was totally moved by how she tried to understand my son and
how generous she was toward him.

続きます。



水曜日に書いていた、英語関連のブログを書かなくなってから
ずいぶん経ってしまった。

それに対する理由は、いくらでも探せるけど、無駄だからあえてしないの。
だから、これからも何かあるときは書くようにして、細々と続けていこうと
今思ってます。

 英語へのアプローチを、お勉強としてずっと長年やってきてしまった私は、
遅ればせながら今になって、「カチカチの日本人英語から脱したい。」
という気持ちが強くなってきている。

で、どうするかというと、できるだけ英語圏の、しかも最近作られたドラマや
バラエティー番組を観るようにしている。(言葉は生き物なので、やっぱり
旬の言葉ってあるみたいなので。)

つい最近、あるドラマを観ていたら、誰もが知っている・・ほらあのルー大柴
さんの決まり文句で有名な 『together 』が、実に魅力的に使われている場面に
出くわした。 

その主人公は、『togetherしようぜ!!』とはもちろん言わないのだが、
しばしば使われる 「一緒に」「協力して」のような副詞としてではなく、
「落ち着いた」「自分をコントロールした」それゆえ・・・「かっこいい」という
ような形容詞として、togetherをおしゃれに使っていたのだ。

そのせりふは・・・いつもクールでやり手で、隙のない女性上司が、恋人の
浮気に動揺し、仕事場での潔さは見るかげもなく、あられもない言葉
や姿を 主人公の前でさらした後、モノローグのようなかたちで主人公
の言葉として出てきたものだった。

A together woman like her can't keep together when it comes to Love.

ここでの 「when it comes to ~」は、本当に便利な表現で、「~のこととなると」
という表現で、when 以下の意味は、「恋愛のこととなると・・・」。

また、keep togetherは 、自分を保つ 冷静でいる というような意味で
使われているんだと思う。

つまり、 
「彼女のような冷静で できる女性でさえも 事、恋愛になると、ぐちゃぐちゃに
なっちゃうんだね。」   という感じでしょうか?

together が、2回きれいに使われているのも ひきつけられた要因です。

でも、ルーさんの togetherしようよ!! も、なかなか奥深いしゃれた
言葉だと 思ってるのよ。

 



 
ブータンについてのスピーチ原稿の3回目、英語バージョンです。

What are ordinary Bhutanees like?

The professor Ueda said that people are all calm
and gentle partly because they value such state
of mind over any other ones.

Peaceful state of mind is the very attitude with
which people aim to grow.

People also believe in great relationship.
Relation with people and their surroundings is
regarded as an essential element that brings happiness.

Professor told that even the poorest people in the
village were willing to give her warm hospitality
and consideration during her stay.

So what is the great difference between Bhutan and Japan?

It is said that Bhutanees perform several roles with
a good sense of balance.

However a role relating to economic activities is seen
as temporary one because that will end when you retire.

They put much more value on life-time roles such as
being Parents, son & daughter, and Friend.

And flexible structure of society allows each role to
be performed properly.

This is completely different from Japanese situation
where productive activities tend to occupy most of
people's life.

The professor also described that Bhutanees know
better than to pursue their desire for getting
what they want.

They know such desire is endless and because of that
they will never be satisfied with it.

That is just like there will be no end to economic
growth.
How far are we going to seek after economic growth?

Can we find any significance in one growth after
another with no end?

Professor uniquely compared the profit-oriented nations
to a bicycle and Bhutan to a tricycle.

Compared with bike, tricycle will never fall down even
if you stop pedaling.

If you catch sight of something attractive, you can go
slowly or even stop for a while to enjoy it.

Happiness.....the term having a touch of seemingly
unscientific, subjective and private issue, it might be
a great hint to make our country better and healthier.

Needless to say , country consists of each people.
How can country be happy when people don't feel happy.

The study of Happiness is sure to help people's
viewpoint reflected on country's policy.
That is the point where numerical analysis of GNH will
make a lot of difference.

Combination of traditional relative data and fresh
subjective data might make an innovative standard
being established.

I think that is the process through which we'll be able
to see opening to the new brighter future.

I have to admit that the theme"Happiness" is too profound
to cover by making a few minutes speech.

But I hope my speech just as an introduction to the theme
will help myself and hopefully all of you consider a real
happiness more seriously .

Thank you.



カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[08/14 NONAME]
[07/27 chiaki]
[12/18 amour]
[11/06 chiaki]
[11/01 amour]
最新TB
プロフィール
HN:
Chie
性別:
女性
職業:
主婦 英語教師
趣味:
バレエ 映画鑑賞 
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(11/15)
(11/16)
(11/19)
(11/21)
(11/24)
P R
Copyright ©  My favorite things All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]