忍者ブログ
Admin / Write / Res
日々の生活から気になる事柄やものたちを、日記を通して紹介していくサイトです。水曜日には「やわらかい英文法」と題して、英語に関することを載せています。(平成23年3月現在)
[8]  [7]  [6]  [5]  [4]  [3]  [2]  [1
 愛犬ハルを連れて、だんなと箱根に行ってきました。

 紅葉には少しばかり遅いのでは という心配を、気持ちよく打ち砕いてくれる圧倒的な風景だった。

 成川美術館で名画を堪能する。合間合間にある大小の、一点の曇りもなく磨かれた
窓ガラスに迫りくる景色も、これまた秀逸な絵画として静かに存在していた。
特に芦ノ湖と山々を一望できるカフェテラスは、そのあまりの尊大さに 自分の視野の限界を口惜しく思うほど。

 いやちょっと待って。美術館で名画を堪能? まるで絵画に造詣深く聞こえるのがこっぱずかしい。むしろ真逆で、図工の時間、自分が描いたぺったりとした絵を周りと比べ、才能のあるなしの存在を初めて知ったほどなのだから。

 美術館を訪れるというのは私にとって、踏み込んではいけない聖域になんかの拍子に許されてしまったという感覚。神業に近い行いに、天にも届くような高いレベルで完成されたひとつひとつの宇宙に 出会える場所。手持ちの本のページをいくらめくろうとも、記されていない世界がそこにある。

 片隅に 世界の万華鏡がたくさん展示されていた。とたんに私の目は小さいな子供
のそれになり、貪欲に覗いてみてまわった。

 建物を後にして、圧倒的な色の洪水に気おされたのか、三半規管がうまく働かない。そんなアンバランスな感覚を楽しみつつ、車の中でお昼寝しているハルの元に戻ったのです。

 ハルは、私たちが戻ると 大きなのびとあくびをした。活動開始準備完了とばかりにくりくりの目を光らせて、エネルギーをもてあましているようだった。

 ハルのお散歩に最適な所として、箱根ビジターセンターを選んだ。
これが good choiceだった。

 子供たちが小さかった頃に何度か訪れたときとはまったく変化していた。
きれいに整備された遊歩道があり、それは自然と調和できるほどのさりげないもので、何が良いってほとんど人がいないのが私にとってはこの上なく素晴らしいのだ。

 ビジターセンター内の展示や説明も、以前より情報が引き出しやすくなっていてとても楽しかった。

 お散歩中に、芝を掘り起こしたような土穴がたくさんみられ、ハルがくんくんと執
拗に反応した。なんだろうね、と言っていたら、偶然にも今日の朝刊でセンターが取
り上げられていて、イノシシがみみずを求めて掘った穴だとわかった。

 なんとタイムリーなんだろう。ハルはこれで、イノシシのにおいを覚えたのね。と
ても臆病なハル。あんな獰猛な相手とは、露ほども思っていないでしょうね。
きっと。

ハル、また一緒に旅行行こうね。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret(管理人のみ表示)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[08/14 NONAME]
[07/27 chiaki]
[12/18 amour]
[11/06 chiaki]
[11/01 amour]
最新TB
プロフィール
HN:
Chie
性別:
女性
職業:
主婦 英語教師
趣味:
バレエ 映画鑑賞 
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(11/15)
(11/16)
(11/19)
(11/21)
(11/24)
P R
Copyright ©  My favorite things All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]