忍者ブログ
Admin / Write / Res
日々の生活から気になる事柄やものたちを、日記を通して紹介していくサイトです。水曜日には「やわらかい英文法」と題して、英語に関することを載せています。(平成23年3月現在)
[1]  [2]  [3]  [4
何の予定もない平日は、すごい久しぶりだ。

しかもお天気がいいと来てる。やらなきゃいけないことを考えだすときりがないから、
とりあえず、最初に思い浮かんだことから始めてみる。手洗いが必要なセーター類をふんわり
と洗い上げて天日に干した。

木曜日はバレエの稽古に行くこともできるのだが、今週は、明日お稽古に行って集中すること
にした。

 歳とるごとに、私はケチケチ婆さんになってきている。
これはお金に限らない。自分の身体で言えば、関節のすり減りやエネルギーの消耗についても
とても「ケチ」なのだ。

身体への負荷のかけ方に気をつけないと、頑丈とは程遠い私の身体は、すぐに老木のように
ポキリと折れてしまうだろうから。(これはあくまでも比喩で、小さなヒビくらいはあっても
大きな骨折はいまだかつて経験ないので、骨は丈夫なようです)

ヨガやストレッチで体を整え、週に一回だけバレエを楽しむ。楽しませてもらっている。
発表会に向けてのリハーサルも熱を帯び始めた。

 ヨガを教え始めてから、早いもので一年半が経った。

以前のブログテキストに、「教える・・というよりも生徒さん達とのエネルギーのやり取り、
交換のように感じている」というようなことを書いたけれど、その感覚はより増している。

生徒さん達の中に、私より10程年上の、ジャズダンサーであるお姉さま方、4名が
いらっしゃる。

彼女たちの踊りへの情熱は感動もので、私を大いに刺激する。
彼女たちは、アマチュアながら、これまでのダンサー人生で幾度も身体の故障を経験し、
今古希を目の前にして、これまで以上にメンテナンスの大切さを痛感され、ヨガクラスの門を
叩いてくれたのだ。

彼女たちが凄いのである。

今ある症状を緩和するためにはこういうことをやるといいですよ・・と私が言ったとする。
すると彼女たちは毎日言われたとおりに努力する。そして自分の力で故障から脱する。

いくらストレッチをしても股関節が固くて・・という彼女たちに、やはり股関節の硬さで
苦労してきた私が、こういうのやってみて・・というと、また彼女たちは毎日やるのだ。
そして一か月後には、私が眺めるクラスの景色を変えてしまう程、柔軟になってしまう。

歳をとってもあきらめなくていいってわかったことがすごい幸せ。
まだ伸びしろがあるってことが・・まだ踊れるってことが希望・・と笑顔で言ってくれた。

そんなこと言われて、私の方こそ、みんなに幸せにしてもらっている。

体だけでなく心も柔軟にして、そして明るい方向に向かってみんなで進んで行けたら・・ね。
と、私は、心底思っていることを言葉にした。




PR
休み前のヨガクラス、英語クラスを昨日で終えて、今日から10日間の夏休みに入った。

ためにためた部屋の汚れを取り除くべく、半日かけて掃除をする。
あ~やっと人の住む部屋になった。汗だくになったので、昼間から贅沢にユーカリの
バスソルトを入れてお風呂につかった。私は安上がりだ・・こんなんでもう天国に
昇ったような気持ちになれる。

昨日の夕方は、市役所に隣接している市民ホールに行って来た。不定期に呼んでもらっている
市役所勤めの方々のグループのヨガクラスがあったからだ。

久しぶりに会った彼女たちに「お元気でしたか?」と声をかけると・・・
仕事が殺人的に忙しくてトイレに行く暇もない。肩周りがガチガチできつい。
もう体だけじゃなくて心も折れそう・・と、次々と声が返って来た。

 ヨガを教え始めてから約一年。最近私がやりがいがあって楽しいと感じるのは、自分で呼ぶ
ところの「カスタマイズ ヨガ」だ。つまり、その方々の状況やコンディション、心の方向性に
よって、それに適したヨガのポーズや呼吸法、細かく言えば声のトーンまでも微調整して、
クラスをコーディネートして行くというものだ。

クラスが進むにつれて、ばらばらしていたものが一つに集まり出し、濃密さを増す感覚を味わう
ことができる。それは生徒さん達一人一人の内観が深くなっている証拠だ。

私の仕事は、簡単に言っちゃえば、深い呼吸と連動したポーズへとスムーズに導き、生徒さん
達にそのポーズを味わってもらうこと。

ポーズを味わうとは、ひとつのポーズを取った時の、筋肉や関節の伸び、ねじれのあるポーズの
時は内臓のねじれまでにも意識を向け、呼吸でその部分をマッサージする感覚である。
ポーズは絶対ムキになってはいけないのだ。ムキになった途端、筋肉は反抗期に突入して、
文字通りかたくなになってしまう。

筋肉に語りかけ、声を聞く。ちょっと怪しく聞こえるかもしれないけれど、これ大事。
マインドフルネスの基本。

約一時間半のヨガクラスを終えた直後、「気持ちよかった~」と、ため息のように言ってくれたり、「別の世界に連れてっていただきました・・」なんて大げさなことを言ってくれたり・・
でも何よりも好きな瞬間は、みんなのお顔が優しくなっているのを見た時で・・安らいだ空気の
中で、そんな笑顔を見るとき、ヨガの先生っていい仕事だなって思う。


今日は幾分涼しいのかな?
メールが来ても、人と顔を合わせても、開口一番出る言葉は「暑いねえ。」
友達の暑中見舞いメールに、「この暑さは もはやサバイバル。」と、正直な心境を
書いて返した。

サバイバル・・大げさではないのだ。何とかこの夏を乗り切るために、冷し甘酒や
赤シソジュースを飲み、呼吸法に頼っている毎日。

身体が暑さでくたーっとなってくると、あえてきついヨガポーズをとってみる。
逆立ちもする。血流がよくなるからだろう、いくぶん頭がすっきりする。

 1、2キロの誤差は当たり前。という古びたアナログの体重計にそろそろ危機感を感じて、
先月、タニタの最新型体重計を購入した。

この新兵器は、体重だけでなく、骨の量、代謝量、内臓脂肪、体内脂肪量、筋肉量、そして
体内年齢まで、まったく遊びのない冷ややかなデジタルで明確に表示してくれる。

買った当初の私の体内年齢、40歳。ふむふむ。まずまずじゃないの。実年齢より16歳若い。
悪くない。

それでね、ずっと暑さに負けそうになるぎりぎりのところで生活しながら、いつもの
ヨガのあと、ある日体重計に乗ったら、体内年齢表示が「18歳」。????

ヨガの直後だからなんか体の急激な変化があって誤作動したのかな、とあまり気に留めなか
った・・のだけれど、あれから2週間経っても、私の体内年齢は18歳のまんまです。
目覚めに計っても、食事直後に計っても、輝かしい「18歳!」emoji

どうして若返っちゃったんだろう。
ダンナに言ったら、「すごおい。『奥さまは18歳』じゃないか。」と嬉しそう。
やっぱ男は妻が若いほうがいいのか・・いや違う違う!勘違いしそうになった。
私はもうすぐ57歳になる初老の女。

私がこのことで嬉しいと思っていると思うでしょ?
違うのよ。40歳も鯖読むってまず、まず裏切りじゃない? 
そして思うのは、こんなに疲れやすい18歳の人がいるはずないじゃないか、と
冷ややかにデジタル表示を見返している。


キッチンを早足でスタスタ移動する。落ちているゴミをひょいと拾いあげる。
散歩が終わってハルを抱きかかえ、6階までの階段を着々とのぼり、家に着く。
9時に「ナマステ ヨガ」を行う。

あったりまえのようにやっていたことが体の痛さで全くできなくなったこの数日間。
今日やっと元の生活に戻れて、動ける身体に手を合わせている。
とにかく2日前は、寝返りも打てず、横になってじっとしていても痛かったのである。
このおかげでバレエの発表会の大事なリハーサルを二度もすっぽかした。

原因ははっきりとはわからないけどひとつ思い当たることがある。
このところずっと、自然に落ち着く姿勢とは全く別のものを自分の身体に強制し、戦っ
て暮らしていたのだ。骨盤はこの方向で維持したい。この筋肉はこっちの筋肉より前方
へ出したい。その筋肉をこちら向きに流したい。ちょっと異常に聞こえるでしょ?
私だってそう思うもの。

でも最近悟ったの。体を変え始めてしまったら、中途半端ではやめられないってこと。
少なくとも最終エリアまで到達しないことにはひとつの形は確立しない。

股関節のとても硬かった人が頑張って柔らかくするとする。
柔軟性は素晴らしいとほとんどの人が思うかもしれないが、それで変化するのは股関節
の柔軟性だけではない。股関節が柔らかくなることによって骨盤が以前よりも前方に
出る。その微妙な変化が腰から背骨にかけてのS字カーブに影響し、果ては頚椎のカーブに
も影響する。つまり体の全体的なうねりを変えていかないことには姿勢の落ち着きが得られ
なくなってしまうのだ。

ここまで来てしまった私が喉から手が出るほど欲しているのは、下から上へ、上から下へと
自由に風の通る「理想的な体軸」のみ。
今経験している「痛み」は、あの部分の筋肉と骨との癒着が解消されたからだ・・
なんて思っている私。ホラーのようにゾーッとするでしょ?
こんなに辛い思いしたのにまだ懲りてないのよ。
まだなんの信ぴょう性もない自分のセオリーを信じているの。

朝から大好きな三元豚のとんかつをあげて、おいしいおいしい、と食べ、もう一回
立て直そうと思っている。
いつか諦める時が来るかもしれない。でも今じゃない。


唯一、筋肉にだけは自信があった。
丈夫な身体には程遠いけれど、自分の筋肉は柔らかくしなやかで、
だからこそ怪我も少ないと思い込んでいた。

それが金曜日、バレエのお稽古で踊りの練習をしているときに、骨盤周りの筋肉を
ひねってしまった。「フェッテ」という動きで、片脚を高く上げたまま、軸足のつま先
を45度ドリルのように回転させて体の向きをくるっと変えた時、鈍くて気味の悪い音を
聞いた気がした。

寝返りをうつ。ベッドから起き上がる。落ちたものを拾う。車の座席を移動する。
今ではこれら全てに痛さが伴い、その都度、ひっくり返って背中を地面に付けた昆虫のよう
に、手足をばたつかせてはひとつひとつの動きの完成形へとじわじわ近づけていくことが
やっとである。

毎朝の我が家の儀式とも言える、朝食の準備 駅へのお見送り ハルの散歩 だけは、
何とか終えると、ひとつ大きなため息をついて、あとは日がな一日家に閉じこもっている。

何かしても何もしなくてもあっという間に一日は終わる。
時間の経過が傷の癒しを促してくれるのだから。
覚悟を決めてだらだらと時間を過ごすのは、予想外に気楽なものだった。

桜もほとんど散ってしまった今、一週間前に撮った桜の写真を載せようと思う。





















カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新CM
[12/18 amour]
[11/06 chiaki]
[11/01 amour]
[11/01 amour]
[07/20 chiaki]
最新TB
プロフィール
HN:
Chie
性別:
女性
職業:
主婦 英語教師
趣味:
バレエ 映画鑑賞 
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(11/15)
(11/16)
(11/19)
(11/21)
(11/24)
P R
Copyright ©  My favorite things All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]