忍者ブログ
Admin / Write / Res
日々の生活から気になる事柄やものたちを、日記を通して紹介していくサイトです。水曜日には「やわらかい英文法」と題して、英語に関することを載せています。(平成23年3月現在)
[453]  [452]  [451]  [450]  [449]  [448]  [447]  [446]  [445]  [444]  [443
2泊3日の旅行中に、家じゅうの植木鉢を風呂場に運んでおいた。
出発前にたっぷり水をやって日光から遠ざけておけば、干からびない
だろうと思ったからだ。

今朝、窓辺に一鉢一鉢戻し、水やりしながら元気のない葉っぱをむしっていたら、
片手にこんもり載るほどのかさになってしまった。2日間の放置が、けっこうな
ダメージを彼らに与えてしまったようだ。

引きちぎられたバジル ミント ローズマリーの枯葉は、それでもまだまだ
香り高く、締め切り状態でよどんだ部屋の空気に、清涼剤の役目を担ってくれた。

深呼吸してしばらくそのスーッとした香りをむさぼっていたら、その香りと香りの
隙間から、まったく違う種類のにおいが私の鼻腔に届いた。

私の体についた温泉の硫黄のにおいだ。

2日目に泊まった乗鞍高原にあるペンションの温泉は、今までで一番硫黄くさい温泉だった。

その湯水は、カルピスを何瓶もぶちまけたような白濁色で、そのむせ返る湯気は、
「ゆで卵の匂い」・・のようなかわいらしい表現ではいや一割だって表せ切れないもので、
脳天に直接ガツンと来るダイナミックな硫黄そのものの匂いとしか言いようがない。

硫黄の匂いに慣れてない息子は、湯あたりをしてしまったほどだ。
私はと言えば、効能書きの一番目に「リウマチ」と書かれているのを見て、
ふむふむとうなづき、じわじわ体に染み入る強烈な臭さを堪能していた。

お天気の良さに押されて、昨日はたくさん遊んでしまった。
ハルも短い脚でよく歩いて感心感心。しかもとても楽しげだった。
車山高原のリフトにも一緒に乗り、逆方向のすれ違うリフトに乗っている人たちが、
「ワンコも乗ってるね。」と、私たちに笑顔を向けてくれた。

昨日の夜8時頃こちらに戻ってきたので、仕事で一緒に行けなかった娘の仕事終わりに
合流して、一緒に夕飯を食べてお土産を渡して、この旅行の〆とした。







































PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret(管理人のみ表示)
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
[08/14 NONAME]
[07/27 chiaki]
[12/18 amour]
[11/06 chiaki]
[11/01 amour]
最新TB
プロフィール
HN:
Chie
性別:
女性
職業:
主婦 英語教師
趣味:
バレエ 映画鑑賞 
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(11/15)
(11/16)
(11/19)
(11/21)
(11/24)
P R
Copyright ©  My favorite things All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]