忍者ブログ
Admin / Write / Res
日々の生活から気になる事柄やものたちを、日記を通して紹介していくサイトです。水曜日には「やわらかい英文法」と題して、英語に関することを載せています。(平成23年3月現在)
[457]  [456]  [455]  [454]  [453]  [452]  [451]  [450]  [449]  [448]  [447
焦げるような暑い日が続きます。

8月15日です。

過去の痛ましい出来事も、今と同じ夏の太陽が照りつける中で、
舞い上がる砂ぼこりに人々が目を閉じた隙に、突然終わりを
告げたのだろうか。 ちぎり取られたものは二度と戻ることはなく、
人々の空白の心には、こんがらがった結び目だらけの重い重い
糸玉が、ただしこりのようにあり続けていたのだろうか。

その目を開けて、その目で見てきたことを言葉にしてくれるだけで、
それを聞いた私たちは、知らんぷりしていられなくなる。

私自身が初老の域に差し掛かっている今であっても、まだまだ先輩方から
学びたいのです。考える機会を与えてもらいたい。


一日中暑さを避けていてもどうにもならないので、とにかくハルの散歩に
出ることにした。

昨日選択した散歩スポット、「四季の森公園」は、なかなかのグッドチョイス
だった。どんなに太陽が照りつけようとも、それを遮るうっそうとした木々が
あれば、そこには木陰ができる。

木陰とさわやかな夏の涼風に助けられて、あの炎天下の昼間の散歩も、思いのほか
さわやかなものになった。

「四季の森公園」には、真夏にうってつけの「水スポット」がある。
一つは霧のように舞い上がる「噴水」であり、もう一つは子供たちに大人気の
「じゃぶじゃぶ池」である。

子供たちがずぶぬれになりながら楽しげに駆け回っている周りで、帽子を
目深にかぶり、首にかけたタオルで時折汗を拭いて子供たちの様子に目を
細めている親たちの姿は、実に20年前の私たちの姿である。

子供たちは真夏の暑さなどものともせず、水面で反射する太陽光を体いっぱい
浴びて、より一層きらきらと輝いていた。

















PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret(管理人のみ表示)
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
[08/14 NONAME]
[07/27 chiaki]
[12/18 amour]
[11/06 chiaki]
[11/01 amour]
最新TB
プロフィール
HN:
Chie
性別:
女性
職業:
主婦 英語教師
趣味:
バレエ 映画鑑賞 
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(11/15)
(11/16)
(11/19)
(11/21)
(11/24)
P R
Copyright ©  My favorite things All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]