忍者ブログ
Admin / Write / Res
日々の生活から気になる事柄やものたちを、日記を通して紹介していくサイトです。水曜日には「やわらかい英文法」と題して、英語に関することを載せています。(平成23年3月現在)
[452]  [451]  [450]  [449]  [448]  [447]  [446]  [445]  [444]  [443]  [442
二週間前に、久々に出席した英語のスピーチクラブで、久々に
皆さんの前に立ってスピーチをしたら、ベストスピーカーに
選ばれた。それだけでなく、一年間通してのBest Prepared Speaker
のひとりにも選ばれて、賞状と副賞を受け取った。

とてもありがたいことでありながら、この時私は何を思っていたか・・
というと、「このまま勝ち逃げはできないな。」

というわけで、今日も私は午後からスピーチクラブのミーティングに
おずおずと出かけます。

前回のスピーチは、自分の原稿を基にスピーチをする通常のものとは違って、
「物語の読み聞かせ」をするプロジェクトだった。

私がこの分野に対し さほど不得手感を感じないのは、昔々やっていたこと
に一部起因している。

ほとんど人に言ったことがないことを、今打ち明けようと思う。
私は若い時に声優の学校に通っていたことがある。

若い・・と言ってもすでに結婚していたから 26歳くらいで、
数年は子供を作らず2人の生活を楽しもう・・と二人で決めて、
「じゃあ何か学ぼう。」と思った時に、声優学校の生徒募集のちらしに
目が留まり、通いだしたのだ。

今思えば信じられない先生方に教えてもらっていた。
例えば、昔も今もときめく野沢雅子先生 肝付兼太先生。

この経験が、母親になってから役立つとは思ってもみなかったけれど、
実際寝る前の絵本の読み聞かせにどれだけ役にたったかわからない。

そして何十年も経った今、英語のスピーチにも一役買ってくれている。
何でもやっておくもんだな、と思う。

今日のミーティングでは、私は人のスピーチを評価する役目を担っている。

評価の仕方を教えてくれる学校には通っていなかったし、人を評価できるほど
の器でないという自覚が常々あるので、この分野は、大きな苦手意識が
私の上達を大きく阻んでいるようだ。










PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret(管理人のみ表示)
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
[08/14 NONAME]
[07/27 chiaki]
[12/18 amour]
[11/06 chiaki]
[11/01 amour]
最新TB
プロフィール
HN:
Chie
性別:
女性
職業:
主婦 英語教師
趣味:
バレエ 映画鑑賞 
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(11/15)
(11/16)
(11/19)
(11/21)
(11/24)
P R
Copyright ©  My favorite things All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]