忍者ブログ
Admin / Write / Res
日々の生活から気になる事柄やものたちを、日記を通して紹介していくサイトです。水曜日には「やわらかい英文法」と題して、英語に関することを載せています。(平成23年3月現在)
[455]  [454]  [453]  [452]  [451]  [450]  [449]  [448]  [447]  [446]  [445
朝の8時過ぎにはすでにもうかなり気温が上昇していた今朝の出来事。
いつもの通りハルと散歩をしていたら、突然左側から「おはよう。」
という声がした。

ハッとして振り向くとそこに人間の姿はなく、福祉施設の敷地に
置かれた巨大な鳥かごの金網にへばりついている鮮やかな色をしたオウムと
目が合った。

とても人間的な声だったので、感心しながら私も「おはよう。」と明るく返して
再び歩き始めたら、背後から「おはよう。おはよう。おはよう。」と立て続け
に言ってくれた。

その声を聞きながら、中学校時代の忘れられないワンシーンがまたよみがえってきた。

中学一年の時、クラスの誰かが家から持って来たのかどうだったのか、詳しいいきさつ
は忘れたが、教室にセキセイインコがいた。 

なんとなくクラスで飼っているような感じになって、私もエサとか水やりとか
していたと思う。

ところが夏休みに入る前日、担任の先生も生徒も、夏休み中のセキセイインコの
世話について話し合うこともなく無責任に解散してしまった。

新学期があけて、かごの中でセキセイインコは死んでいた。
私たちが餓死させてしまったのだ。

それを聞いた英語の細川先生が、授業中に「君たちはなんて残酷で無責任なことを
したんだ。」と、涙をためて私たちを叱った。

普段から柔和でまじめでおとなしい細川先生が、こぶしを振り上げて真剣に怒っている
姿に、私たち生徒は、自分達のしてしまったことがどんなに取り返しのつかない許され
ないことであるかを改めて思い知り、うなだれた。

細川先生は私たちが中2になるとき、自ら志願して養護学校に移られた。
いつも真面目で本気の細川先生を尊敬していたので、とても残念だった。

たいして頭の良くない勉強嫌いの私が、今の今まで英語を使えているのも、
間違いなく細川先生のおかげである。

もう先生はこの世にいらっしゃらない。
ずいぶん前に病気で亡くなられたと聞いた。

でも私は先生の教えを忘れない。
その証拠に、先生がガリ版で刷って下さった英語プリントを、いまだに
大切に持ち続けている。






PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret(管理人のみ表示)
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新CM
[12/18 amour]
[11/06 chiaki]
[11/01 amour]
[11/01 amour]
[07/20 chiaki]
最新TB
プロフィール
HN:
Chie
性別:
女性
職業:
主婦 英語教師
趣味:
バレエ 映画鑑賞 
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(11/15)
(11/16)
(11/19)
(11/21)
(11/24)
P R
Copyright ©  My favorite things All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]