忍者ブログ
Admin / Write / Res
日々の生活から気になる事柄やものたちを、日記を通して紹介していくサイトです。水曜日には「やわらかい英文法」と題して、英語に関することを載せています。(平成23年3月現在)
[174]  [173]  [172]  [171]  [170]  [169]  [168]  [167]  [166]  [165]  [164
息子が成人にあいなったことで、表向き 我が家はみんな大人になった。

 気を抜いておふとんでまどろんでいる私をよそに、朝からさっさかシャワーを浴びてしゃきっとスーツに着替え、彼は式への参加準備に実に余念がない。

 面白くなさそうな式にわざわざ出席するなんて意外だな、と思ったけれど、よく聞いてみると 同年代が集まることのできるこの機会を、どうやら同窓会的場に途中からすりかえるつもりのようだ。

 ぱりっとした新成人に、「駅まで送ってってくれると嬉しいんだけど。」と、「甘える時はまだまだ甘えさせてもらいますから。」・・みたいなノリにしっかり乗っかってしまって、「んじゃ 写真、撮らせてくれるならいいよ。」と、寒さに震える息子のコートひっぺがして、スーツ姿を何枚かカメラにおさめてみたら、「なんとなく気の済んだ」母、すなわち私・・がいた。

 公園の入り口に、『1月10日(月)・・どんど焼きを行います。』の張り紙に、是非今年は参加しようと思っていたら、本当に参加できたので、これまた大いに私の気が済んだ。毎年お正月のお飾りをごみに捨てるに忍びなく、何個かたまっていたので、本当にすっきりしたのだ。

 参加費用の100円を払ったら、おみかんと、「Vの字」に割れた細い鋭角的な先端に、紅白のお餅が突き刺された竹の長い棒を渡された。

 明々と赤々と、炭火が強めの風に応えるように時たま炎を見せる。
知らない人と隣り合って、赤白のお餅 その上にかざし、視線の重なるその一番上に、私も行き場に困っている自分の視線を重ね合わせる。憩いのひととき。

 お正月飾りを飾って どんど焼きで焼いてもらう。
気が済む。というよりも、なかなかの贅沢だった・・のだ。

 



PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret(管理人のみ表示)
おめでとう!
下の娘を産んで2か月で東京に引っ越したのだけど・・・その僅かな間に雪のふるさと村に行ったことを思い出しました。どんど焼きはその時ではなかったかもしれないけど、「ここはどこ?」っていうような雰囲気で楽しかったの。でも今日は、CHIEさんが何年か分のお正月飾りを持って行ったってところで共感してしまいました。「そこですか?」って突っ込まれそうですね。
kyoko 2011/01/11(Tue)17:28:50 編集
Re:おめでとう!
これ以上溜めてはならぬ。と勢いつけて何とか出かけてみた「どんど焼き」でしたが、思いの他楽しかったのです。

炎は、観ていてちっとも飽きなくて、キャンプファイヤーの前に椅子持ってきて、いつまでも座っていたことを思い出しました。

雪のふるさと村、考えただけでワクワクします。

Chie  【2011/01/11 19:40】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新CM
[12/18 amour]
[11/06 chiaki]
[11/01 amour]
[11/01 amour]
[07/20 chiaki]
最新TB
プロフィール
HN:
Chie
性別:
女性
職業:
主婦 英語教師
趣味:
バレエ 映画鑑賞 
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(11/15)
(11/16)
(11/19)
(11/21)
(11/24)
P R
Copyright ©  My favorite things All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]