忍者ブログ
Admin / Write / Res
日々の生活から気になる事柄やものたちを、日記を通して紹介していくサイトです。水曜日には「やわらかい英文法」と題して、英語に関することを載せています。(平成23年3月現在)
[175]  [174]  [173]  [172]  [171]  [170]  [169]  [168]  [167]  [166]  [165
5文型をひととおり終わって、今日は、第2文型と第5文型の変形ヴァージョンを説明してみたいと思います。経験上、これ使えるとすごく便利。

例えば、

English is interesting. 

英語は興味深い。・・・の主語 「英語」 の かわりに 「英語をしゃべること」
にしたい場合、

Speaking English is interesting.

To speak English is interesting.

のように、これから先で勉強することになる 不定詞 や 動名詞 を使い 動詞を名詞に化けさせることで、主語の場所にはめ込むことができるのです。

そして今日覚えてもらいたいもの・・・より頻繁に使われるこのタイプの変形バージョンで、頭でっかちを嫌う英語ならではのものと言えるでしょうが、次のようになります。

It is interesting to speak English.

つまり、長い主語をいったん It で置き換えておいて、中身を後につけるパターンです。仮の主語 it を使うことから 仮主語構文 とも呼ばれてます。

もちろん 意味を考えるときは、It を「それ」とは訳さずに、後ろにくっついている to以下、「英語をしゃべること」を it に置き換えなおす必要があるのは大丈夫ですよね。

この仮主語構文、しゃべるときも英文書くときも、えらく使い勝手がいいですよ。

It is fun to~     (~することは楽しい。)
It is difficult to ~ (~することはむずかしい)
It is easy to ~   (~することはやさしい)
It is necessary to~ (~することは必要だ)

It is のあとに使う形容詞を、これくらいの種類 使えるようにしておいて、あとは play the piano ピアノを弾く でも、 master English 英語をマスターする でも、 hold a party パーティーをする でも  hang around with friends 友達とぶらつく でも使いたい動詞 プラス 目的語 を to の後に持ってくればいいのです。

私も英語しゃべり始めのとき、何かと言うとこれ使っていた記憶があります。
今も結構使います。 試してみてくださいね。

5文型(主語 動詞 目的語 補語)にも 目的語の部分にこの it を使う、仮目的語構文というのがあるのですが、長くなるのでそれはまたこの次にすることにしました。ではまた次回に。

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret(管理人のみ表示)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[12/18 amour]
[11/06 chiaki]
[11/01 amour]
[11/01 amour]
[07/20 chiaki]
最新TB
プロフィール
HN:
Chie
性別:
女性
職業:
主婦 英語教師
趣味:
バレエ 映画鑑賞 
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(11/15)
(11/16)
(11/19)
(11/21)
(11/24)
P R
Copyright ©  My favorite things All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]