忍者ブログ
Admin / Write / Res
日々の生活から気になる事柄やものたちを、日記を通して紹介していくサイトです。水曜日には「やわらかい英文法」と題して、英語に関することを載せています。(平成23年3月現在)
[577]  [576]  [575]  [574]  [573]  [572]  [571]  [570]  [569]  [568]  [567
ヨガ合宿に参加してから一週間が経った。
普通の生活ではしない経験満載で、特にあれほど規律に合わせて生活するなんて、
大人になってからはなかったことだ。

4時半起床、瞑想、ジョギング、講義、アサナの実践、樹木に囲まれた呼吸法、
読経等々・・「じゃ次は10分後に、どこそこに集合・・」という先生の掛け声で動き、
その場に行って初めて次にすることを知らされる。

ご飯を食べている時も、たとえば「人参の生命をいただく」という気持ち、にんじんの
生命を自分の生命に最大限生かさせていただく・・という姿勢で食べ物に向き合うべきだと
教えられる。

これは一歩間違えると、あなた何言っちゃってんの?と言われそうだけど、そのように
実感できて食事をすると、それが自然の方向性であるからなのか、何のストレスもなく
心地よく食事ができるから不思議なのだ。

私はねえ、家に帰って以来、朝トイレに行って流す時まで、「ありがとう」とか言っちゃっ
てるような、人には見えないところでちょって変な人になってます。
いつものことだけど、影響受けやすいのよね。

様々感じたことはあったけれど、たぶん一番の収穫は、これからお互い大切にして行けそうな
友達ができたこと。びっくりしたことに同い年だったの。
彼女は直観が鋭くて、ものすごくカジュアルに預言者みたいなことをして私を驚かすのだ。
「ね、お釈迦様に似てるよね。だからいろんなことが見えるんじゃない?」と言う私に、
そんなこと言われたの初めてだよ。とケラケラ笑っていた。
彼女はフラメンコの先生でもある。お釈迦様のように穏やかな彼女が、深紅の衣装をまとい、
情熱のフラメンコを踊る姿をぜひ近々観に行きたいと思っている。

ヨガ合宿の翌日、縁あって、立教大学の生徒さん達にヨガを教えに行く先生に、助手として同行
させてもらった。

立教大学は本当に美しいキャンパスをもつ大学で、ベンチに腰かけて風にそよぐ木々の緑を
眺めているだけで、ふと空を仰ぎ、深呼吸をしてしまう。

講習中に、ポーズのデモンストレーションをやらせてもらったのだが、若い生徒さんたちが
その度に、きゃーすごおい・・きれい・・とか言ってくれるのが、私は素直にうれしかった。

どんなきっかけであれ、どんなかたちであれ、若い彼女たちのどこかに、自分体の声を聞い
たり、自分自身と向き合う術の小さな種が植えられたならいいなと思う。
未來のたくさんある若い人が、何かに気付くのが早ければ、それだけ可能性は広がると思うから。

目の血管が切れて白目が赤くなったり、前歯の根っこの治療中の仮歯が外れて歯抜けに
なってしまったり、自分の顔が映る鏡を見て、「妖怪見っけ・・」とつぶやいてしまう
日々も同時に過ごしていたけれど、なんか一山越えて、今ほっとしているところです。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret(管理人のみ表示)
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[12/18 amour]
[11/06 chiaki]
[11/01 amour]
[11/01 amour]
[07/20 chiaki]
最新TB
プロフィール
HN:
Chie
性別:
女性
職業:
主婦 英語教師
趣味:
バレエ 映画鑑賞 
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(11/15)
(11/16)
(11/19)
(11/21)
(11/24)
P R
Copyright ©  My favorite things All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]