忍者ブログ
Admin / Write / Res
日々の生活から気になる事柄やものたちを、日記を通して紹介していくサイトです。水曜日には「やわらかい英文法」と題して、英語に関することを載せています。(平成23年3月現在)
[500]  [499]  [498]  [497]  [496]  [495]  [494]  [493]  [492]  [491]  [490
毎日のようにメディアで顔を見れるような売れ方をしていないので、今まで3回しか見たこと
のない「がーまるちょば」だけど、3度目にして、彼らの「サイレントコメディー Japan Tour 2014」を、神奈川芸術劇場
まで観に行ってしまった。

始まるやいなやライブ感満載で、のっけからどんどんお客を巻き込んでいく。
腰を折りながら申し訳なさそうに席を探す遅刻入場者がいれば、ピピーっと笛を吹いて
イエローカードを差し出す。そうかと思えば、本人たちは一言も発っすることなく、
魔法のような牽引力で私たちに「言葉の合唱」をさせる。

心地よい温度に温まった会場で、彼らの繰り広げる「言葉のない世界」がどんどん自然に
なってゆく。

ショウ最後の出し物、「サイレントドラマ」は、圧巻だった。
効果音や音楽が加わったパントマイムのみの演劇では、せりふのない分フル稼働した私たちの
想像力が、私たちの眠れる情緒を引き起こしてくれるようだ。

実体のないものをあるように見せるパントマイム。
そのパントマイムの中で、「死」というものが演じられる。
ここではいつものパントマイムの逆を行く。
舞台の上で存在する体が、存在しないかのように演じられる。
つまり、実体のあるものをないように見せるのだ。

死によって体を失っても想いは消えず、女性は愛する男性に会いに行く。
方や、愛する女性を失った悲しみの中に沈む男性。
二人の強い思いが、生と死のラインを超えたとき、オーティスレディングの
「I've been loving too long」が流れる。
これはちょっとズルい・・と思った。オーティスの声はそれだけで、人に涙を流させると
思うからだ。

すべてのプログラム終了後、がーまるちょばのHiro-ponとケッチは、何度もアンコールに
応えてくれた。ケッチが、最後に見えないロープを力いっぱい何度か引いたら、本当に
最後の幕がおりた。

紅潮した頬で劇場を後にして、せっかくなので中華街に戻ってお買い物をした。
がーまるちょばの写真はむやみに出せないので、中華街の色と匂いを閉じ込めた写真を
載せようと思います。

あ、あとね、がーまるちょばにおすぎとピーコのピーコさんがいらしてた。
とても上品な方でした。





































PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret(管理人のみ表示)
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[12/18 amour]
[11/06 chiaki]
[11/01 amour]
[11/01 amour]
[07/20 chiaki]
最新TB
プロフィール
HN:
Chie
性別:
女性
職業:
主婦 英語教師
趣味:
バレエ 映画鑑賞 
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(11/15)
(11/16)
(11/19)
(11/21)
(11/24)
P R
Copyright ©  My favorite things All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]