忍者ブログ
Admin / Write / Res
日々の生活から気になる事柄やものたちを、日記を通して紹介していくサイトです。水曜日には「やわらかい英文法」と題して、英語に関することを載せています。(平成23年3月現在)
[284]  [283]  [282]  [281]  [280]  [279]  [278]  [277]  [276]  [275]  [274
エイドリアンのいないロッキー。
考えもしない状況から、ロッキーファイナルは始まった。

エイドリアンは、チャンピョンボクサー ロッキーの、真の理解者でもある 彼のいとしい妻。
ロッキー1では、まだ無名のロッキーが、シャイなエイドリアンを、朴訥な、でもとても真摯な言葉でくどくシーンが何度も繰り返された。

 ぎこちない愛の始まりとともに、ロッキーのボクサー人生も勢いづき、ついには 、あの有名なラストシーンへといざなわれるのだ。

 勝利を手にしたロッキーが、リングの上で、まぶたも開けられないほど腫れた血まみれ顔で、乳飲み子が、母の乳を探し求めるような表情で、エイドリアン エイドリアンと何度も妻の名前を連呼するあのラストシーンだ。

 シャイで無口なエイドリアンは、いつもロッキーの傍にいて、どんなときでも かわらないやさしさと潜在していた芯の強さで、彼を支え続ける。

 主役の「ロッキー」役であり、また脚本監督も同時に務めるスタローンは、その後の同シリーズで、頂点に登りつめたロッキーを、ちょっと覚めた目で滑稽に描いているようなところがある。

 大邸宅に住み 見るからにオーダーメードのしゃれたスーツを着込み、メディアに引っ張りだこのロッキー。全てのメジャーな雑誌の表紙を飾り、コマーシャルでも超売れっ子。 エイドリアンに高価な毛皮を買うシーン。

 そのアメリカンドリームの典型のような生活を、スタローンはもう一度始まりに戻すのだ。 ロッキー一族は人にだまされ破産して、一文無しのどん底に突き落とされることになる。

 お金持ちのお坊ちゃんとして育ってきた息子ロバートは、やむなく転校した学校の、環境の違いに苦しみ、ここでロッキー親子の問題も浮上してくる。

 スタローンは、俳優として頂点に登りつめた自身を、まるで試すかのように、 ロッキーをたたきつけ、迷わせ、手探りで一歩一歩進ませる。

 そして本当に年をとったスタローンが、シリーズのファイナルで、エイドリアンのお墓の前に姿を現した。   

  続く

 
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret(管理人のみ表示)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[08/14 NONAME]
[07/27 chiaki]
[12/18 amour]
[11/06 chiaki]
[11/01 amour]
最新TB
プロフィール
HN:
Chie
性別:
女性
職業:
主婦 英語教師
趣味:
バレエ 映画鑑賞 
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(11/15)
(11/16)
(11/19)
(11/21)
(11/24)
P R
Copyright ©  My favorite things All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]