忍者ブログ
Admin / Write / Res
日々の生活から気になる事柄やものたちを、日記を通して紹介していくサイトです。水曜日には「やわらかい英文法」と題して、英語に関することを載せています。(平成23年3月現在)
[276]  [275]  [274]  [273]  [272]  [271]  [270]  [269]  [268]  [267]  [266
 昨日のパンのレシピです。

・・その前に・・・私の場合、クイジナートフードプロセッサーという、モーターが超強力で パンもこねれる機械を使用しているので、パンを作る過程で一番大変でもあり、ある意味醍醐味でもある 「こねる」という作業は、機械任せにしています。それでないと、日常的にパンを焼くのは、私には大変過ぎるのです。

 ですからこねる作業については、パンの本などを参考にしてみてください。
ここでは配合と、発酵時間と、オーブンの温度と時間設定についてのみ 触れておきます。  

材料


強力粉                  300g
ドライイースト              小さじ1弱
塩                    小さじ1
メープルシロップ(もしくははちみつ)   小さじ2
サラダオイル               小さじ2
ぬるま湯                 190cc

クイジナートを使う場合は超簡単で、ぬるま湯にイースト、糖分 油分をいれて混ぜ、塩を加えた強力粉に加えて、2分こねるだけです。自己流なので、荒々しくて申し訳ないです。

オイルをうすくひいたボウルに、こね終わった種をいれ、ラップして窓辺に1時間ほっておきます。(だいたい種が2倍に膨らむ頃が目安なので、時間を加減してみてください)真夏の直射日光は、強すぎるので、厚めのカーテンでさえぎるほうがいいと思います。真冬は、私は、ホットカーペットの上にほっておきます。

一時発酵が終了後、キャンパス地の上に移動させて空気を抜いて8個前後に切り分け、折りたたむようにキャンパス地をかけて5分寝かせる。

好きな形に形成して、天板に並べ、ビニール袋ですっぽりおおってきゅっと結んで、
二次発酵。これも40分から一時間。天候、季節に左右されます。経験がものを言うので、最初は40分くらいで。

二次発酵終了後、天板に霧吹きを1、2回吹いて、余熱ですでにあたたまっているオーブンで、180度、15分焼く。

昨日は、このパンに ウインナーをかりかりにやいたものと、キャベツのあら切りをオリーブオイルでいためてクレイジーソルトとこしょうで味付けしたものをはさんで、粒マスタードたっぷりにケチャップほんのりのっけて食べました。

今日はトマトときゅうりとかりかりベーコンをはさんで、ブランチにしようかと思います。




PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret(管理人のみ表示)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新CM
[12/18 amour]
[11/06 chiaki]
[11/01 amour]
[11/01 amour]
[07/20 chiaki]
最新TB
プロフィール
HN:
Chie
性別:
女性
職業:
主婦 英語教師
趣味:
バレエ 映画鑑賞 
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(11/15)
(11/16)
(11/19)
(11/21)
(11/24)
P R
Copyright ©  My favorite things All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]