忍者ブログ
Admin / Write / Res
日々の生活から気になる事柄やものたちを、日記を通して紹介していくサイトです。水曜日には「やわらかい英文法」と題して、英語に関することを載せています。(平成23年3月現在)
[344]  [343]  [342]  [341]  [340]  [339]  [338]  [337]  [336]  [335]  [334
4月ついたち、エイプリルフール。

エイプリルフールはさておき、4/1は、元旦と同じくらいの
刷新感がある。学校だって進級月だし、若者は働き始め、
桜は確実に咲く。

で、連ドラのカーネーションも、とうとう終わってしまい、
新シリーズが始まろうとしている。

この一年間、病気になったり 子供たちが独立したり 母が
亡くなったりと、私にとってまさに人生の節目といえるような
ことがあい続いた。

そんな中、喜びのときも悲しみのときも、カーネーション
だけは欠かさず観ては、次の日へとつなげてきたのだ。

最初から最後まで一貫していた、小原糸子を中心に繰り広げ
られる 甘ったるさのない しなやかな人間関係によって、
また そこで交わされる歯切れの良いやりとりによって、
時には元気を 時には感情の振幅を 与え続けてもらって
いた。

糸子の比較的若い時代を演じた尾野真千子さんから、晩年
の糸子役の夏木マリさんに代わると聞いて、最初受けたショック
も、実際まったく必要のないものだった。

「歳をとりました。」・・・というナレーションで初登場する
夏木マリさんに、何の不自然さも感ずることなく 時を経た
オハラ洋装店に再度吸い込まれていった。

それどころか、観終えてみると、ひとつの続きのドラマで
ありながら、二つの素晴らしいドラマを見せてもらったような
気持ちにしてくれた。

こんなにのめり込めたのは、それぞれの俳優さんや裏方さん達
の素晴らしさ、またモデルである越野ファミリーの魅力に起因
することは言うまでもないが、「渡辺あやさん」という脚本家
の底力にも、私は完全脱帽です。

彼女についてネット検索させてもらってみると、
「メゾンドヒミコ」「天然コケコッコー」「火の魚」など、
私がこれまで印象に残っていた映画やテレビドラマの脚本を
たくさん書かれていることが判明した。

次はどんな作品を書いてくれるのかな。と楽しみになる。
「楽しみ」は間違いなく喜びであり、幸せにつながる。

昨日、3月30日生まれである娘に、ケーキとプレゼントを
持って彼女の新居まで行って来た。

リクエストの紅茶のケーキはふわんふわんにできて、一緒に
食べることを私も楽しみにしていたのだが、都合でかなわず
ホールごと置いてきてしまってちょっと残念。

彼女のために焼いたのに、こんな風に感じてしまうなんて、
歳をとっても、まだまだ子供っぽい母親です。

今日は昨日と違ってとてもいい天気。
お散歩日和です。















PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret(管理人のみ表示)
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新CM
[12/18 amour]
[11/06 chiaki]
[11/01 amour]
[11/01 amour]
[07/20 chiaki]
最新TB
プロフィール
HN:
Chie
性別:
女性
職業:
主婦 英語教師
趣味:
バレエ 映画鑑賞 
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(11/15)
(11/16)
(11/19)
(11/21)
(11/24)
P R
Copyright ©  My favorite things All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]