忍者ブログ
Admin / Write / Res
日々の生活から気になる事柄やものたちを、日記を通して紹介していくサイトです。水曜日には「やわらかい英文法」と題して、英語に関することを載せています。(平成23年3月現在)
[506]  [505]  [504]  [503]  [502]  [501]  [500]  [499]  [498]  [497]  [496
霧雨が降っています。
このところの暖かい気候とこの雨で、しつこく道路の片隅に残っていた雪の塊も
視界から消え去った。

雪は溶けても、あの大雪の日の衝撃は、今少しの間 人の話題にのっかり続ける
ようだ。昨日の稽古の合間に、バレエの先生も友達も、それぞれにその時の
ことを思い出しては、ため息をつくように雪の日のことを語ってくれていた。
「しょうがないから職場まで一時間以上かけて歩いたのよ・・」
「雪の上を歩くというのは、思うよりずっと時間がかかって大変なのよね・・」

我が家でも、ダンナが雪の日のことを数日前に話していた。
あの日混乱を避けるために、早めに会社から切り上げて乗ったバスでの
出来事を話してくれたのだが、このところそのことがずっ~と私の頭に引っかかり
続けている。

早帰りの人で、すでにそのバスはギュウギュウ詰めになっていたそうだ。
運転手さんはこれ以上人を乗せるのは危険だと判断し、次のバス停で待っていた
ご婦人に、丁寧にその旨を伝えた。そのご婦人は、「みんなが少しづつ詰めれば一人
くらいのスペースは空けられるはず、なんでそんな意地悪をするのだ。」と頑として
譲らず、5分くらい押し問答が続いたそうだ。

ご婦人は最後には諦め、バスは発車する。

このエピソードから、私はイギリスの豪華客船タイタニック号のことを思い出す。
沈没が避けられない状況での人々のパニックは想像の範囲を超えている。
クルーによって救命ボートへの移動が誘導されたとき、子供と女性が優先されることに
納得がいかず、立派で裕福そうな一人のジェントルマンが叫んだという。
「俺は地位も名誉もお金もある人間なんだ!誰よりも先に助けられるべきだ。
お金ならいくらでも出す。 」と。

人間は、危機に直面することなく平穏無事に生きている限り、動物として奥底に根付
いている「自分の生を守る本能」が醜い姿で引き出されることはそうそうない。

自分の命が危険にさらされた時に、人を押しのけても助かりたい・・と思うのが人間
本来の本能ならば、それをコントロールする理性というわずかな力でこの世の中は
危なげに均衡を保っているとも言える。

戦争での悲惨な出来事の数々も、危機的状況に直面したことで、本来影を潜めている
人間の本質性が大きく引っ張り出され、その時代の大義名分、興奮状況と相まって、
残酷な行いを正当化する方向に突っ走っていったに違いない。
美化されがちな「自分の命を惜しまない」という本能にまったく相反する行動も、
まったく逆方向ではあるけれど、その悲しい極端性には変わりない。

沈みかけてるタイタニック号に乗っている自分がいる。
さて私はどうするのだろうか? パニックになって泣きわめき、人を押しのけても
助かろうとするのか。それともあらゆる恐怖と戦いながら目の前にある運命を
受け入れ、最後まで気高き人間でいようとするのか・・ まったく自信がない。

隠れている自分の本質に目を逸らさず、生きていこうと思っている。



PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret(管理人のみ表示)
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[08/14 NONAME]
[07/27 chiaki]
[12/18 amour]
[11/06 chiaki]
[11/01 amour]
最新TB
プロフィール
HN:
Chie
性別:
女性
職業:
主婦 英語教師
趣味:
バレエ 映画鑑賞 
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(11/15)
(11/16)
(11/19)
(11/21)
(11/24)
P R
Copyright ©  My favorite things All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]