忍者ブログ
Admin / Write / Res
日々の生活から気になる事柄やものたちを、日記を通して紹介していくサイトです。水曜日には「やわらかい英文法」と題して、英語に関することを載せています。(平成23年3月現在)
[413]  [412]  [411]  [410]  [409]  [408]  [407]  [406]  [405]  [404]  [403
雪が本格的に降り出した。

前回の大雪の日に比べたら、明らかに雪の一粒一粒が小さく控えめなので、
あんな風に何センチも積もるようには見えないけれど、それでも
すでに雪には十分懲りているので、今日は家でおとなしくしていることに
決めた。 

「引きこもり」の才能を大いに持っている私が、今この状況判断で
にんまりほくそ笑んでいるのには、十分な理由がある。

自分を追い立てて、無理に活動的な自分になる必要がなくなり、
大義名分のもとに一日だらだらと過ごせる可能性に、「しめた。」と
思っているのだ。

この何行かを書いているうちに、雪片が大粒になってきた。
・・いよいよ家に閉じこもっていなくちゃ。

自分のことはさておいて、珍しく、車通勤している娘の帰りが心配に
なってくる。帰りは毎日夜11時ごろになるって言ってたっけ。

子供たちが独立して別々に暮らし始めて以来、彼らの細かいことまで
心配しなくなりつつある。

というか、一緒に暮らしていた時に、見たくなくても見えてしまって
心配していた事柄が、見えなくなって心配できなくなった・・という
方が正しいのかもしれない。

私の見えないところで彼らが危なっかしいことをやっていても、私には見えない。
すべて彼らの責任において事が進められ、たいていの場合、親には事後報告である。

つまり私は彼らを手放し、彼らは文字通り「独立」したのだ。

「二人とも家出ちゃってさみしくない?」

というのは、彼らの独立以来よく聞かれる質問で、
それに対し、私は強がりではなく「ぜんぜ~ん!」と答える。

不思議なことなのだが、彼らが家に居た時よりも、密な時間を
一緒に過ごせることが多くなったのだ。

大人対大人の付き合いができるようになったのかもしれない。

それでも、親はやっぱりいつまでも親で、子供の事となると、
彼らの生活の詳細が見える見えざるにかかわらず、ざっくりと
いつも心配しているもののようだ。













PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret(管理人のみ表示)
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[08/14 NONAME]
[07/27 chiaki]
[12/18 amour]
[11/06 chiaki]
[11/01 amour]
最新TB
プロフィール
HN:
Chie
性別:
女性
職業:
主婦 英語教師
趣味:
バレエ 映画鑑賞 
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(11/15)
(11/16)
(11/19)
(11/21)
(11/24)
P R
Copyright ©  My favorite things All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]