忍者ブログ
Admin / Write / Res
日々の生活から気になる事柄やものたちを、日記を通して紹介していくサイトです。水曜日には「やわらかい英文法」と題して、英語に関することを載せています。(平成23年3月現在)
[417]  [416]  [415]  [414]  [413]  [412]  [411]  [410]  [409]  [408]  [407
自分のブログの傾向を見れば、その時の精神状態、健康状態が
わかる。

映画やテレビの話が多ければ、その時の私は受け身で閉じこもりがちに
なっている、というようなことだ。

ちょっと前に、マイナーでありながら面白い、と思うドラマの話をここに
書いたことがある。

そのうちの一つに取り上げたのが「幼獣マメシバ」シリーズで、ひきこもりの
二郎くんと、そこにやってきたマメシバ犬、一郎くん の物語である。

引きこもり傾向にある私が、熟練レベルのひきこもりである一郎君の言動を
見るにつけ、彼と自分の共通点のけっこうな多さに多少戸惑いつつも、
それはそれとして置いといて、カラッと笑いながら楽しんでいる。

でもここで疑問、なのだ。
この番組は、私が怠惰であるから面白いと思うのか?

私が所属する英語スピーチクラブにすごい人がいる。
彼は、ある有名な国立大学で 助手とか助教授のような地位にいる人で、
かつ「眠ることが嫌い。」と明言する人でもある。

「眠ることが大好き。」な私は、それだけでも意味がわからないのに、
「限りある時間を最大限有効に使いたいので、眠る時間が惜しいのです。」
という正当で美しすぎる理由に、クラッとめまいがしてしまうのだ。

日々研究に研究を重ねる方々が、自分の短い一生を思い、どれだけのことを
その間発見できるのだろうか、というような、はやる気持ちを想像すれば、
「眠ることが嫌い」にたどり着くというのも、うっすらわかる気がする。

で、私は思うのだ。彼が「マメシバ」シリーズを観たら、どのように感じる
のだろう?

テレビで放映されていたマメシバTVドラマシリーズ第一弾「幼獣マメシバ」
が終了し、ハードディスクに録りためてあるシリーズ第三弾を観始める前に、
間を埋めるべく、シリーズ第二弾「マメシバ一郎」をツタヤディスカスで
借りて、昨日で8話まで観終わった。

そう、今ツタヤディスカスは、無料キャンペーンを行ってくれていて、私は
小賢しく、その一か月間だけ会員になって借り放題を満喫している最中です。

・・だらしないくせに、そういうところ抜け目なくて、いいのか悪いのか・・。

今日は風が強いけど、一日引きこもるには罪悪感を感じてしまうほどいいお天気
なので、いつもの通り2人と一匹お散歩に行くことになると思う。



PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret(管理人のみ表示)
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新CM
[12/18 amour]
[11/06 chiaki]
[11/01 amour]
[11/01 amour]
[07/20 chiaki]
最新TB
プロフィール
HN:
Chie
性別:
女性
職業:
主婦 英語教師
趣味:
バレエ 映画鑑賞 
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(11/15)
(11/16)
(11/19)
(11/21)
(11/24)
P R
Copyright ©  My favorite things All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]