忍者ブログ
Admin / Write / Res
日々の生活から気になる事柄やものたちを、日記を通して紹介していくサイトです。水曜日には「やわらかい英文法」と題して、英語に関することを載せています。(平成23年3月現在)
[434]  [433]  [432]  [431]  [430]  [429]  [428]  [427]  [426]  [425]  [424
先日亡くなった叔父の遺影にお花を手向けるために、
叔母が一人きりで住んでいるお宅を訪ねた。

大きな広口のガラスベースに、花束をセッティングしている叔母の横で、
お焼香をして手を合わせる。

いまだにあの世との意思疎通方法がみつからないまま、
「おじさん、ちいちゃん 来たよ。」と、この世のしきたりのまんま、
思いを声に出している自分がいた。

叔母が「そうよ、ちいちゃん、来てくれたのよ。」とやわらかな声で繰り返す。

叔父の思い出話や、看護の苦労話で30分ほど過ごした後、
お昼ごはんを一緒に食べに行こう、と叔母が誘ってくれた。

出かける直前になって、前々からお願いしようと思っていたことを、
実際口に出して言ってみる。

「叔父さんの数限りない洋書の中から、一冊、形見としてもらいたいと
思ってるの・・」

突然のお願いを快諾してくれて、叔母は微笑みながら叔父の本箱から
数冊の本を引き出してくれた。

洋書一冊と、山本一力さんのジョン・マン3冊を譲り受けた。
それだけで十分満足していた私をよそに、叔母は小さな引出しを
すっと引いて、そこに横たわる高価なペンの数々を指し、
「一本持っていって。」と言ってくれた。

何十本もあるボールペンや万年筆の中で、私の目に浮き出るように
光っていたCrossのボールペンをもらうことにした。

叔父が亡くなってから、私はひとつ気づいたことがある。
私は「アンクルコンプレックス」だったのだ。

叔父の辿った文章を私も辿って行く。
叔父の愛用していたボールペンで文章を書く。

これらの行為が、心もとない叔父とのつながりを
鮮やかにしてくれる。






















PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret(管理人のみ表示)
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新CM
[12/18 amour]
[11/06 chiaki]
[11/01 amour]
[11/01 amour]
[07/20 chiaki]
最新TB
プロフィール
HN:
Chie
性別:
女性
職業:
主婦 英語教師
趣味:
バレエ 映画鑑賞 
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(11/15)
(11/16)
(11/19)
(11/21)
(11/24)
P R
Copyright ©  My favorite things All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]