忍者ブログ
Admin / Write / Res
日々の生活から気になる事柄やものたちを、日記を通して紹介していくサイトです。水曜日には「やわらかい英文法」と題して、英語に関することを載せています。(平成23年3月現在)
[430]  [429]  [428]  [427]  [426]  [425]  [424]  [423]  [422]  [421]  [420
さわやかな朝。
五月晴れが期待できそうな今日一日。
自分自身の体調も、5月に入ってから徐々に上がり調子で、ありがたい。

生産性 ということを考えれば、4月後半の私は、限りなくゼロに近い
日々を送っていた。

できることと言えば、録りためてあった映画をみることくらい。

心も身体も萎えているときは、異国情緒に富んだ映画を観ると、
ひとつ日常のハードルを大きく飛び越えて、気持ちも心も少なからず
やわらぐことを、今回の経験で知った。

一番のおすすめは、「 プロヴァンス物語 / マルセルの夏 」
フランス語の語りは、それだけで耳に心地よい。

言葉の響きに丸みと含蓄をもたせる鼻音、これぞという所に、印象的に
組み込まれる、巻き舌の枯れた摩擦音。

私の場合、鬱に近い状態の時は、音に対して拒絶反応が大きいけれど、
この映画は、突然の雨が何の迷いもなく地面にすいこまれていくように、
私の中に入り込んできてくれた。

画面は、どこで静止しようが、ルノワールの絵画のようであった。
物語も、家族と友情を描いた平凡なものでありながら、どこか滑稽であるところが
映画全体をよりお洒落にしていた。

あの、女性ボーカリストなら一度は歌いたいと思うであろう「Calling You」で
有名な、「バグダット・カフェ ニューディレクターズカット版」も、
私に優しい手を差し伸べてくれた。

もしも少し元気が出てきたなら、アルパチーノの「Scent of A Woman」で、
もう少し元気になれるかもしれない。

そうは言っても、アルパチーノ演ずる「フランク」の、最初に見せるあまりにも
横柄な態度とヒステリックな怒鳴り声を乗り越えなければ、3時間近くある映画の
クライマックスにたどり着けないので、弱っている時は無理だと思う。

でも最後まで観れば、人間の基本に戻れる。
基本は、わかりやすいほどに単純なはずなのに、忘れがちだから。

日本映画なのに、この一連の仲間入りをさせられるのは、「テルマエロマエ」
古代ローマのお風呂 と 現代日本のお風呂 を行ったり来たり。
本当に滅入っている時は、これが一番いいかもね。声をあげて笑えるし。

古代ローマ人が日本へ。
現代日本人がローマへ。

お風呂をタイムトンネルに、スリップする。

私はこれらの映画で、元気になりました。

ところで、昨日四季の森公園にいったので、そこで撮った
景色を載せておこうと思います。

風のまったくない穏やかな一日であったことは、せっかくの鯉のぼりが
メザシのように直立不動であることから見て取れる。

緑の多い場所をお散歩するのも、映画と同様、私のウツ脱却法 です。

































PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret(管理人のみ表示)
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
[08/14 NONAME]
[07/27 chiaki]
[12/18 amour]
[11/06 chiaki]
[11/01 amour]
最新TB
プロフィール
HN:
Chie
性別:
女性
職業:
主婦 英語教師
趣味:
バレエ 映画鑑賞 
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(11/15)
(11/16)
(11/19)
(11/21)
(11/24)
P R
Copyright ©  My favorite things All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]