忍者ブログ
Admin / Write / Res
日々の生活から気になる事柄やものたちを、日記を通して紹介していくサイトです。水曜日には「やわらかい英文法」と題して、英語に関することを載せています。(平成23年3月現在)
[225]  [224]  [223]  [222]  [221]  [220]  [219]  [218]  [217]  [216]  [215
 先週の水曜日に書いた、「映画の中の英語」を読み返していた。

「バナナ」という単語を含んだ面白い英語表現を紹介するために、「頭がおかしくなりそうなもののひとつには・・」と、そこでぶつん と文章を完結させることなくほったらかしにしたのは他ならぬ 私だ。

 もしも私が書いた本人でない立場でこの文章を読んだとしたら、変なところにこだわる私は、「何、何? その『ひとつ』ってなんなの?」と気になってしまうだろう・・と思う。

 なので、またいつもの寄り道です。

ラジオの英語番組で、ネイティブのアシスタントの方が言ってらしたのは、

「すごく気になるもののひとつは、最近の若い人たちが、例えばso excited の excitedとい
う単語を強調するために、「so exciteddddd !」のように、最後の文字を数回重ねることです。
time であれば 「timeee! 」のように。 これはメールやソーシャルネットワーキングサイト
上で発生し、次第にはびこりだしたものなのですが、ひっかかりますね。私達のころも同じ
ようなことがありましたが、いばるわけではありませんが、もっとロジカルでしたね。
so excited だったら、soooo excited ! と音と相関関係がありましたから。」

「One thing that drives me bananas is the tendency for trends to emphasize word by writing the final letter of word
several times. This pops up in text message
and social networking site. For example writing the word, excited with several
extra ds at the end of the word,like "excitedddd!" writing the word, time with several es
like "timeee" even though it doesn't make any
sense
・・・」


tendency  傾向
emphasize  強調する
pop up   突如浮上する、生まれる
make sense 意味をなす

他にも言及されていたのは、「べつに・・」としらけた感じで言い放つような英語、「Whatever・・」が、若者の口癖になっていて、少し上の年代の方たちの気に障る言葉の
ひとつなんだそうです。

国が変われども同じなんですね。
いつの時代も若者の言葉は、上の年代の苛立ちをかきたてる。

そんな若者言葉にいらだつべき側の年代の私が、「超たのしい~」とか言っているのは、
若者が言うのより何倍も始末に終えないのだろうな、と充分わかっていながら、
「だってぇ~・・。言葉はぁ~生き物だしぃ~。しょうがないじゃん~。」
と思うのである。






 
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret(管理人のみ表示)
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
[08/14 NONAME]
[07/27 chiaki]
[12/18 amour]
[11/06 chiaki]
[11/01 amour]
最新TB
プロフィール
HN:
Chie
性別:
女性
職業:
主婦 英語教師
趣味:
バレエ 映画鑑賞 
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(11/15)
(11/16)
(11/19)
(11/21)
(11/24)
P R
Copyright ©  My favorite things All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]