忍者ブログ
Admin / Write / Res
日々の生活から気になる事柄やものたちを、日記を通して紹介していくサイトです。水曜日には「やわらかい英文法」と題して、英語に関することを載せています。(平成23年3月現在)
[100]  [99]  [98]  [97]  [96]  [95]  [94]  [93]  [92]  [91]  [90
あ~、終わった。これでひと区切りだ。

 昨日の本番まで、お経のように唱えていた、スピーチ原稿。
Toastmasters English での二回目のスピーチ任務を終えたのだ。

 苦しかったけど、この開放感、たまらない感じです。

 今回のスピーチは、このブログでもお馴染みの 自然公園の描写から始め、そこから徐々に、人間は どのように自然と共生していくべきか。というかなり大きなテーマへと発展させていった。

 途中ちょっとつっかえたり言い直したところもあり、やっちゃったなー・・と思っていたにもかかわらず、後から直接 「すごい、よかった。」とかなり強い調子で言いに来てくださる方が何人か居て、言いたいことが伝わっているなら、まあまあ成功かな、と思うことにした。

 金曜日、私の大好きな忌野清志郎さんの絵画にスポットをあてた番組があった。
昔々からキヨシローの音楽と共に、彼の絵に愛着を持っていた私にとって、それはまさに天国の彼からの極上のプレゼントだった。

 放射線治療のためつるつるになった頭を逆手にとって、彼は入院中 毎日毎日自分の顔をカメラにおさめる。

治療後においても、徐々に生えてくる髪の毛を冷静に見つめながら、毎日毎日自分の顔をカメラにおさめる。

 武道館で行われた、「完全復活祭」のオープニングに つるつるだったキヨシローのあたまの上に、生き物が大きく背伸びをして動き出すように髪の毛が成長していく様子が映し出される。超早送りのその映像は、自然番組でよく見るような、固い蕾が徐々に花びらを緩め、開き切るまでの映像に似ている。 

 キヨシローはこの映像をオープニングに流すことを望んだという。

 完全復活への 彼の静かな意気込みが これほどまでに真摯に直接的に人の心に届くやりかたはないだろうな・・

 彼はあくまでも アーティストだったのだ。

 
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret(管理人のみ表示)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[12/18 amour]
[11/06 chiaki]
[11/01 amour]
[11/01 amour]
[07/20 chiaki]
最新TB
プロフィール
HN:
Chie
性別:
女性
職業:
主婦 英語教師
趣味:
バレエ 映画鑑賞 
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(11/15)
(11/16)
(11/19)
(11/21)
(11/24)
P R
Copyright ©  My favorite things All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]