忍者ブログ
Admin / Write / Res
日々の生活から気になる事柄やものたちを、日記を通して紹介していくサイトです。水曜日には「やわらかい英文法」と題して、英語に関することを載せています。(平成23年3月現在)
[104]  [103]  [102]  [101]  [100]  [99]  [98]  [97]  [96]  [95]  [94
 昨日書いたブログを読み返したら、文章のそこかしこに 自分のどす黒い「我」が
見え隠れしていて正直あきれた。

 山形の旅で、一段のぼるごとに煩悩をそぎ落とす・・と謂れのある「宝珠山 立石寺」、通称「山寺」の階段を800段も上ったのに。

 私の煩悩は、除夜の鐘を聞こうが、山寺を登ろうが、そう簡単には取り除けないよ
うだ。もう人生の半分を大きく過ぎているというのに。困ったことだ。

 煩悩排除には失敗した私だが、この山寺は、素晴らしい時間を私に与えてくれた。
宗教心の薄い私でも、その場に漂うすべての教えをおごそかに享受しようと 背中をぴっと伸ばしたままひたすら階段を上り続けた。

 閑さや岩にしみ入る蝉の声   

 「おくの細道」で有名なこの句は、芭蕉がこの山寺を訪れたときに読まれたものだそうだ。

 豊かな緑の中に、にょきっと現れる荘厳な岩肌。
中間地点で拝める「弥陀洞」は、雨風が自然の岩を削りとり、年月とともに徐々に形を与え 誕生させた「阿弥陀如来」だそうだ。

 眼前にそびえ立つ岩を、阿弥陀如来仏の姿と感じることができれば、幸福が約束されるらしい。 説明文は、・・・仏の姿に見ることができれば・・と書いてあったかもしれない。  私? う~ん 見えたかなあ~?・・感じることはできたと思うの。

 途中 樹齢千年を超える大木に出会い、そのときこそ何よりも増して 私の乾いた宗教心にみずみずしさを与えてくれた瞬間だったかもしれない。











PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret(管理人のみ表示)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[08/14 NONAME]
[07/27 chiaki]
[12/18 amour]
[11/06 chiaki]
[11/01 amour]
最新TB
プロフィール
HN:
Chie
性別:
女性
職業:
主婦 英語教師
趣味:
バレエ 映画鑑賞 
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(11/15)
(11/16)
(11/19)
(11/21)
(11/24)
P R
Copyright ©  My favorite things All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]