忍者ブログ
Admin / Write / Res
日々の生活から気になる事柄やものたちを、日記を通して紹介していくサイトです。水曜日には「やわらかい英文法」と題して、英語に関することを載せています。(平成23年3月現在)
[103]  [102]  [101]  [100]  [99]  [98]  [97]  [96]  [95]  [94]  [93
現実にひき戻され、洗濯掃除に明け暮れた。
同じ家を出て山形に向かい 同じ家に山形から帰ってきたのに
その散らかりようは、その当たり前の感覚を麻痺させるほどだった。

 子供たちが我々のいない間に 友達を呼んだようだ。
掃除をしていると、麻雀の点棒が落ちていた。
無機質に そしらぬ顔をしながらも、我が家における空白の3日間を
物語ってくれていた。

 夢のような三日間は、もはや幻想のようだ。
もしかしたら現実逃避だったのかもしれないとも思えてしまう。

「子供より親が大事。」とは、太宰治 の「桜桃」に繰り返される
言葉。太宰が39歳で入水自殺した同年に書かれた作品である。

 図らずも、さくらんぼで有名な旅先の山形で、電子辞書に収録されて
いる太宰作品をいくつか読み返したところなのだ。

 日常生活の心配事、煩わしさを重たく引きずり 煩雑な毎日に消耗
されながらも、家族のかたちを保っている夫婦の話。

 大変さに気づかぬように鈍感でいようとすることは、ひとつの処世術
なのであろう。

 家族。私にとって幸せの必須不可欠でありながら、同時になんと煩わしい
ものであることか。

 息切れしながら支払った子供たちの学費も残すところあと一回。
「稼ぎ始めたらすぐに独立。」を合言葉に子育てをしてきた。

 あと半年が、これなかなかきつい。
「子離れができなくて・・・。子供にはずっと家に居て欲しいと思うの。」

 こういうお母さんを心から尊敬する。私には無理。
早く自由になりたい。

 前から思ってたけど母親向きじゃあないのよね。

 憂鬱が家庭の空気に漂い始めると、太宰はそこから逃げてお酒を飲みに行く。
お皿いっぱい出されたさくらんぼを目の前に、子供に持って帰ったら喜ぶだろう
な、と思いつつも がむしゃらにさくらんぼを食べては種を吐き 食べては吐きを
繰り返すのだ。

 さくらんぼの季節、私の密やかな悪事。
何気ない日常のお買い物の中に こっそりさくらんぼを紛れさす。

 家族のいない日中に、こそこそ食べるのだ。
安っぽいプラスチックケースの底を 種と蔓が覆い尽くすまで、太宰のように
食べては吐き 食べては吐きを繰り返す。

  



PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret(管理人のみ表示)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[12/18 amour]
[11/06 chiaki]
[11/01 amour]
[11/01 amour]
[07/20 chiaki]
最新TB
プロフィール
HN:
Chie
性別:
女性
職業:
主婦 英語教師
趣味:
バレエ 映画鑑賞 
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(11/15)
(11/16)
(11/19)
(11/21)
(11/24)
P R
Copyright ©  My favorite things All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]