忍者ブログ
Admin / Write / Res
日々の生活から気になる事柄やものたちを、日記を通して紹介していくサイトです。水曜日には「やわらかい英文法」と題して、英語に関することを載せています。(平成23年3月現在)
[96]  [95]  [94]  [93]  [92]  [91]  [90]  [89]  [88]  [87]  [86
 昨日参加した Toastmasters English のミーティングで、私は 「Joke master 」という役割をこなさなくてはならなかった。 

 ミーティングは、ボードメンバーを中心に それぞれのメンバーが何らかの役割を交代でこなすことで成り立っている。その役割は、その日の主な司会進行であったり、タイムキーパーであったり、ビデオ撮影であったり、7,8分前後のスピーチを行う人であったりする。

 その中に「Joke Master」という、やる前からこれは嫌だな・・と思っていた役割があったのだ。

 アメリカンジョークなんてまるで馴染みがなかったので、本屋に言って「アメリカンジョーク集」をのぞいてみたのだが、何が面白いんだかさっぱりわからない。

 英語で人を笑わせる・・これは至難の技だ。

 既成のジョークを見つけ出すことに 四方八方行き詰まりを感じ、自分の過去から何かを話すことにしたのだ。

 「へんちくりんなこと」と言ったら、やっぱ子供ネタしかないでしょ。と思い、以前何人かの友人に話して 割とうけた話を英語にしていった。

 ネイティブではない私のつたない英語なので、不自然だったり小さな間違いがあったりするでしょうが、意訳と原文をここに残しておこうと思う。

----------------------------------------------------------------------------

意訳  

 今からお話しすることは、本当の話なので、このジョークセッションに適しているかどうか定かではないのですが、がんばってみますので聞いてください。

 息子が小学生の頃、学校で九九をならい始める日が来たのです。
 九九すべてを言い終わるスピードを、クラスメイトと競争していた彼が、まあ一生懸命、そしてすごい速さで九九をものにしていったのを いまでもありありと覚えています。

 そんなんですから、彼がそれを覚えきるまでに 我々家族は、しつこく繰り返される退屈なトーンの九九を これでもかというほど聞かされました。

 私がお皿を洗っていたある日のことです。九九の練習とテレビのノイズが混ざったものがいやおうなく耳に届き、私は幾分うんざりしてました。

 そのときです。突然 主人がとてつもなく変な質問を彼に向けたのです。

「じゃあ、ママは?」

「じゃあママは?って・・・なんなの一体?・・・」私には まったく彼の意図がつかめませんでした。

 不思議なことに、息子はそれを聞いてすぐに理解したようで、プッと笑い、やおら始めました。 しいちが 4 しにが 8・・・・しわ 32 しく 36、 まま40まま40 まま40!!!!

 驚いたことに娘までも彼に加わり、最後の部分を それはそれは楽しそうに繰り返したのです。 私はあまりのショックで、ただ「うそー・・・」と力なく言うのがやっとでした。

 私がちょっと冷静さを取り戻した頃、娘が落ち着いた声で続けました。

 「5x8=40を考えてみると、ママは5歳児の8倍の年齢なんだね。すっごい、ママ。なんて長く生きてるの !! 」 

 みなさんがお察しの通り、再び打ちのめされたのは言うまでもありません。


                 原文 

 I'm just wondering whether the story I'm telling from now is suitable for 「Joke session」or not, because it is a real story that's happened in the past of my daily life.

Well anyway, let me give it a try.

One of those days when my kids were in elementary school, my son started learning 九九、the multiplication tables at school.

I clearly remember how hard and rapidly he could learn them by heart since he was competing with several classmates in the speed of reciting all the way through 九九 tables.

So before he mastered them completely, we had to put up with sort of endless boring tone of them all the time.

One day I was doing dishes hearing the irritating mixture sound of 九九 and television. All of sudden my husband made such a strange question toward him.

" How about Mama ? "

How about Mama?・・・what on earth is that? I thought to myself.
I could hardly get the point of his question at all.

Oddly enough, my son seemed to have got it right away.
He burst out laughing and started like・・・・

 4x1 ga 4, 4x2 ga 8・・・・・・4x8 32, 4x9 36 AND ma x ma 40, mama 40,
mama 40 mama40 !!!!

Surprisingly, my daughter also joined and they chanted the very last part so happily and merrily again and again.

I was too shocked to say anything except "Uso~~~!”

 When I was just about to recover, my daughter added calmly.
"Thinking of 九九, something like 5x8= 40, you are 8 times as old as a 5-years old kid. Oh my goodness, you've already lived so~~~ long.

As all of you might guess, I was completely shuttered again.

----------------------------------------------------------------------------
 笑いはそこそことれたようです。がはは と笑うより、みなさん始終微笑んで聞いてくださってました。

 これで一段落。と思っていられない。
2週間後に7~9分のスピーチをしなくてはならない。まだまだ私の試練は続きます。





 
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret(管理人のみ表示)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[08/14 NONAME]
[07/27 chiaki]
[12/18 amour]
[11/06 chiaki]
[11/01 amour]
最新TB
プロフィール
HN:
Chie
性別:
女性
職業:
主婦 英語教師
趣味:
バレエ 映画鑑賞 
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(11/15)
(11/16)
(11/19)
(11/21)
(11/24)
P R
Copyright ©  My favorite things All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]