忍者ブログ
Admin / Write / Res
日々の生活から気になる事柄やものたちを、日記を通して紹介していくサイトです。水曜日には「やわらかい英文法」と題して、英語に関することを載せています。(平成23年3月現在)
[560]  [558]  [557]  [555]  [554]  [553]  [552]  [551]  [550]  [549]  [548
「たぶん本当は何も考えてないんだと思う。」と前回犬について言ったのは、私の中の極度な
犬びいきを一般的な感覚で中和させようとしたからで、個人的に私は、犬を擬人化してしまい
がちな愚かなタイプです。

例えば、自分が精神的に辛い時にハルに見つめられると、ハルの目が「大丈夫、大丈夫。僕が
ついているじゃないか。」と言っているように思い込み、「ハルありがとう・・ママ頑張るよ」
なんて、愚かな一方通行の会話をしているのが常なのです。

でも最近思うのね。ハルは本当はまったく何もわかっていないかもしれないけれど、そのわかっ
てないのは、人間の方法での不理解であって、なんか別の感覚、それこそ人間には聞こえない
犬笛の音とか微かな匂いを察知する感覚で、人間の感情や表情を察知しているのではないかとね。

ハルはりんごが好き。
でも不思議なことに、りんごはダンナと私が揃っている時に食べるものだと思っているらしい。

いつの頃からか、ダンナの帰宅後に日本茶とりんごを用意することが習慣化していた。
ハルは二人からりんごのかけらをもらってシャキシャキ食べるのがとても楽しいようで、私が
キッチンでりんごをむいている時から、キラキラした表情でお座りしてそのときを待っている。

ある日、そんなにりんごが好きならば・・と昼間にりんごをむいてあげたことがあった。
驚いたことに、ハルは差し出されたりんごのかけらから顔を背けて食べようとしない。

「どうしたの?りんご、好きでしょ?」というと、玄関の方にくるりと顔を向けて、ダンナが
いないことを確認しているようにみえた。

そうか・・よくはわからないけれど、ハルはりんごの味が好きなだけじゃなくて、家族が揃う
ということが嬉しいに違いない。その捉え方も、私たち人間の複雑な情緒とは違ったところで、
もっと本能的な感覚で感じているのだろう。

みんなが揃う・・という意味では、巣立った子供たちが戻ってくると、それはそれは興奮して
ハルはずっとハイになってしまう。娘や息子が帰った後、ハルは幾分ぐったりしている。

ハルにとっても、この二人と一匹の生活が、日常になってしまっているようだ。



PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret(管理人のみ表示)
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[12/18 amour]
[11/06 chiaki]
[11/01 amour]
[11/01 amour]
[07/20 chiaki]
最新TB
プロフィール
HN:
Chie
性別:
女性
職業:
主婦 英語教師
趣味:
バレエ 映画鑑賞 
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(11/15)
(11/16)
(11/19)
(11/21)
(11/24)
P R
Copyright ©  My favorite things All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]