忍者ブログ
Admin / Write / Res
日々の生活から気になる事柄やものたちを、日記を通して紹介していくサイトです。水曜日には「やわらかい英文法」と題して、英語に関することを載せています。(平成23年3月現在)
[563]  [562]  [561]  [560]  [558]  [557]  [555]  [554]  [553]  [552]  [551
「霜柱愛好家・・霜柱踏み人」の私としては、寒さの度合いを、毎朝の散歩途中に踏む霜柱
の感触で判断する。幾分寒さの弱い日の霜柱は、とことん頑張りがきかない。
足を上に乗っけた時点で何の抵抗もなく砂の塊のように崩れ去る。
その逆に、「今日は最低気温ですよ・・。」と天気予報で言っていた日などは、とても頑固な霜柱
に出会うことができる。私の体重ぐらいじゃびくともしなかったりするのだ。
どんな霜柱にも対応可能な私は、こういう時はちょっぴり鬼の面を被って、自分のかかとを鋭利な
ナイフのように地面に突き刺し、いやがおうでも潰してしまう。

ぎりぎり息が白く見えるような日には、理想の霜柱に出会える。
足をそっとのせると心地よい硬さがそこにある。少しずつ体重をかけていくたびに、霜柱は土中
の空胞を音とともにひとつひとつ手放していく。地面と私の足の裏あたりがピタッと平になった
時点で、調和が生まれる。

先週から今週にかけて、「区切り」のつくことがいくつかあった。
区切りをつけた、というのが本当かな。

精神安定のための薬が手放せない彼とのメールが今までも続いていた。
中身がどんどんエスカレートする。・・君は渡辺真知子、僕はエリッククラプトン。
僕はお爺さんになってしまったから、大学時代のサークルに年金を払ってもらいたい
と思うが、どうすればいい? サークルはヤクザに支配されてる。全て解散だ!!

友達に初めて相談した。彼のメールを初めて人に聞かせた。
友達はきっばり答えてくれた。

「すっぱりと切るべきだ。それが彼のためでもある。今彼はあなたを通して大学時代
に執着している。それを切ってあげて、100%専門家の方に向けてあげるほうがいい。」

「自分は大丈夫と思っていても、そういうことって粒子レベルであなたの精神に影響すると
思う。あなたのためにもやめたほうがいい。」

私は目からウロコが落ちた。
彼から「今までの迷惑は全部忘れてくれ。絶対東京に戻って錦を飾る・・」
という最後のメールに、「ごめんね。でももうこれで終わりにします。」と打ち切った。



PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret(管理人のみ表示)
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[12/18 amour]
[11/06 chiaki]
[11/01 amour]
[11/01 amour]
[07/20 chiaki]
最新TB
プロフィール
HN:
Chie
性別:
女性
職業:
主婦 英語教師
趣味:
バレエ 映画鑑賞 
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(11/15)
(11/16)
(11/19)
(11/21)
(11/24)
P R
Copyright ©  My favorite things All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]