忍者ブログ
Admin / Write / Res
日々の生活から気になる事柄やものたちを、日記を通して紹介していくサイトです。水曜日には「やわらかい英文法」と題して、英語に関することを載せています。(平成23年3月現在)
[467]  [466]  [465]  [464]  [463]  [462]  [461]  [460]  [459]  [458]  [457
埼玉県に、この時期500万本のヒガンバナが咲く公園があるという。
その名も、「巾着田曼珠沙華公園」。
見渡す限り朱色の広がる世界に、この身を置いてはみたいけれど、
埼玉県まではまず行かないだろうなと思う。

一種類の花が広い敷地に群生している中にぽつんといると、人間で
ある自分がとても醜い形であるように思えてしまう。

その奇妙な感覚は、ラベンダー畑でもひまわり畑でも確かに感じたので、
たぶん曼珠沙華公園に行っても同じなのだろうなと思う。

日曜日に、散歩のために市民の森公園へと出かけたら、ヒガンバナが
ふたつみっつ、みっつ よっつと咲いていた。

ヒガンバナは、早春の梅 春の桜 夏のひまわりなどと並んで、私には
季節がらみのお楽しみのひとつなのだ。

スカイプの英語の先生に、「この3日連休は特別なイベントとかあったの?」
と聞かれ、「いつもと同じで変わりなくて・・。散歩してたら秋の花であるヒガンバナ
を見つけたくらいかな。」と告げるために、話しながら和英辞典を急いで引いたら、
ヒガンバナは「Red Spider Lily」という英語名であることを知った。

「紅い 蜘蛛の 百合。」

「ほら、名前が示している通り、花びらが蜘蛛の足みたいに細くて長いのよ・・」なんて
知ったかぶりっ子して先生に説明してしまった。

そんな私にフィリピン人の先生は優しくて、「僕はね、日本人のそういう季節の花や自然を
愛でる心の細やかさが好きなんだ。」なんて言ってくれた。

ひんやりした風が薄手のシャツを通して素肌に届く。
「肌寒い」ってそう言えばこんな感じだったね、とつぶやきながら、重心を移して、また
ひとつ季節を渡りきった。





























PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret(管理人のみ表示)
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新CM
[12/18 amour]
[11/06 chiaki]
[11/01 amour]
[11/01 amour]
[07/20 chiaki]
最新TB
プロフィール
HN:
Chie
性別:
女性
職業:
主婦 英語教師
趣味:
バレエ 映画鑑賞 
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(11/15)
(11/16)
(11/19)
(11/21)
(11/24)
P R
Copyright ©  My favorite things All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]