忍者ブログ
Admin / Write / Res
日々の生活から気になる事柄やものたちを、日記を通して紹介していくサイトです。水曜日には「やわらかい英文法」と題して、英語に関することを載せています。(平成23年3月現在)
[469]  [468]  [467]  [466]  [465]  [464]  [463]  [462]  [461]  [460]  [459
眠るのが好きな私は、一日を終えて寝室に向かう時に
いつもちょっと楽しい気分になる。

その私のすぐ後ろを、ハルもお尻を振りながら
ついてくる。

ハルにはちゃんと立派なケージがあって、普段はそこで眠ること
になってはいるのだが、すこしひんやりしてきた最近の気候は、
ハルと密着して眠ることを再び可能にしてくれた。

ハルは私の体の周りにある隙間ならどこでだってスヤスヤ眠ってしまう。
周りだけでは物足りないのか、私のお腹の上や両太ももの間を自分のベッド
に見立てて、これまた平和な寝息をたてたりしている。

一晩中そうしていられると、さすがに苦しくなるけれど、私は自分の体が
ハルのかわいらしい重みで圧迫されている感覚が好きなのだ。

ハルの重さはただの重さじゃないから。
ハルという愛らしい大切な命の重み。

指圧師の研ぎ澄まされた指先がツボを探し当て、心地よい圧痛を施すように、
ハルの重みは私の体によい刺激を与えてくれる。

昨日 象が出てくるお話を読み終えた。
象は重さにしたらハルの何倍位になるのだろう?

あのしわしわの固い皮膚。 何かに怯えているようなつぶらな瞳。
丸みを持った巨大な体。ブランコのように揺れる長くて器用な鼻。
そんなごっついイメージの象を可愛らしく見せてるあの垂れ下がった耳。

私は今、以前よりもずっと象に愛着を感じている。

何よりもあの「足」なんだ。
一度でいいからあの前足を、自分のお腹の上にのっけてもらってちょっと踏んで
もらいたい。  そう思ってしまう私は変態か?

ぎゅっと押しつぶされたら簡単に死んじゃうのかなあ。
それでもいいからちょっと踏んでもらいたい・・と焦がれる私は、生にあまり
執着していないように見えて実は固執しすぎているのかもしれないとも思う。






PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret(管理人のみ表示)
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[12/18 amour]
[11/06 chiaki]
[11/01 amour]
[11/01 amour]
[07/20 chiaki]
最新TB
プロフィール
HN:
Chie
性別:
女性
職業:
主婦 英語教師
趣味:
バレエ 映画鑑賞 
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(11/15)
(11/16)
(11/19)
(11/21)
(11/24)
P R
Copyright ©  My favorite things All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]