忍者ブログ
Admin / Write / Res
日々の生活から気になる事柄やものたちを、日記を通して紹介していくサイトです。水曜日には「やわらかい英文法」と題して、英語に関することを載せています。(平成23年3月現在)
[269]  [268]  [267]  [266]  [265]  [264]  [263]  [262]  [261]  [260]  [259
あの人は写真うつりがいいとか悪いとかよく言うけれど、我が家の愛犬ハルは、どうしてこうも写真うつりが悪いのだろう・・と写真を撮るたび思ってた。

 ハルの色であるブラックタンの色分けは、黒と日焼けした色(黄褐色)の2色の組み合わせであって、その2色が混ざってできる中間の1色を指すのではない。

 顔の部分を見るだけでも、これだけはっきりした色が不思議な感じの割合で配置されていて、文字通り異彩を放っているのだ。

 鼻のわきから頬、耳にかけて 目の部分をよけながら、この日焼け色は大胆な広がりを見せ 顔全体を覆いつくすかと思いきや、黒豆のように黒光りする鼻のその黒色が、そこでとぎれてしまうことなく、ここが鼻筋ですよ・・と言わんばかりに眉間に向かって細長い帯を形作っている。そしてそれはまるで小さな川が大海へとつながるように、頭部 体全体へと大きく行き渡り、ぱっと見 黒わんこの印象を与えてしまう。

 でも実のところ 黒の圧倒的支配のその裏で、領土の広さよりも、領土の形、場所がものをいうのであって、一円玉ほどの直径の黄褐色のまろ眉が、黒の中に離れ小島のようにぽつんぽつんとあること、足先にお行儀良く靴下を履いてるように見えることが、色の逆転を引き起こすほどに強烈であり、このまろ眉とくつしたこそがハルの大きな特色のようにも思えるのだ。

 こんな複雑な色合いだから、二次元の世界にはむかないのかもしれない。本物のハルはこの上なく可愛いのに、写真になるとなかなかその可愛さが伝わりにくい。

 で、つまり何を言いたかったかというと、写真のハルはそこそこ可愛いけれど、実はもっと可愛いのよ。ということだけだったの。長くて申し訳ない。
ただの親ばかです。

 旅行の写真を見直していたら、アンコウのような岩があったのでついでにのせておきます。偉大な作家 松元清張さんにも似ているような気もする。
でもことわっておきますが、清張さんとアンコウは、まったく関係性はありません。












PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret(管理人のみ表示)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
[08/14 NONAME]
[07/27 chiaki]
[12/18 amour]
[11/06 chiaki]
[11/01 amour]
最新TB
プロフィール
HN:
Chie
性別:
女性
職業:
主婦 英語教師
趣味:
バレエ 映画鑑賞 
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(11/15)
(11/16)
(11/19)
(11/21)
(11/24)
P R
Copyright ©  My favorite things All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]