忍者ブログ
Admin / Write / Res
日々の生活から気になる事柄やものたちを、日記を通して紹介していくサイトです。水曜日には「やわらかい英文法」と題して、英語に関することを載せています。(平成23年3月現在)
[612]  [611]  [610]  [609]  [608]  [607]  [606]  [605]  [604]  [603]  [602
余裕のない時は数日間すっとばしたりしながらも、3年間続けてきたオンライン
英会話。フィリピンのチューターとひとつの記事を読みながら、25分間英語で
ディスカッションをするというものだ。

 これを続けてきて良かったことは、間違った英語 頭の悪い英語 変な英語を
喋らないようにしよう・・と思わなくなったことだ。とにかく言ってみる。
自分の言いたいことを最大限わかってもらいたい、伝えたい・・ただそのことに
集中し、四苦八苦して言ったことが分かってもらえることもあるのだ。

 少しずつ洗練した英語を・・と思いながら、相変わらずドタバタともがきながら、
それでも異文化の人たちとのコミニュケーションを楽しんでいる。

 自分が勉強したい時間帯に、お馴染みのチューター達がすでにブッキングされている
場合は、新しいチューターを開発しなくてはならない。

 その時の私の選択基準について考えてみた。
まずは彼らの自己紹介の音声を聞いてみる。彼らの英語のクオリティ以外に、その内容
はもちろんのこと、声のトーンや話し方の雰囲気で選んでいることがわかった。

 写真から感じるエネルギーも選択基準のひとつだ。
二日前にえらく男前のチューターを見つけた。すごくいい男を避ける傾向のある私は、
彼をすっ飛ばそうとした。でもその時、それはそれで私の「偏見」ではないか・・と思い返し、
彼の自己紹介音声を聞いてみた。すごくストレートなエネルギーを感じる自己紹介だったので、
私は彼をブッキングした。

 さてレッスンの時間が来た。ほとんどのチューターがウェブカメラをオフにしているので、
3年間友達のように話しているにもかかわらず、写真のみの彼らしか知らない場合も多い
のが実際だ。

 男前の彼はというと、スカイプが通じるや否や、ウェブカメラをオンにして来た。さすがだ。
驚いたことに、実際の彼は写真よりももっといい男だった。私もカメラをオンにする。
礼儀だと思うから。

 私の偏見は木端微塵になった。彼は実に誠実で話す内容も奥深く、とても実のあるディスカッション形式のクラスを展開してくれた。土曜日の朝の始まり方として、これ以上ありえようか?

 レッスン後、なんか私はウキウキしていた。マッサージチェアでくつろいでるダンナに、
「ね、すごいいい男のチューター見つけてね、これが人間的にも魅力的なの。息子より年下
の彼とインターネット恋愛しちゃおうかな・・」と冗談で言ったら、
ダンナが、「フィリピンまで会いに行ってくれば?」と真面目な顔で答えた。

私は、はあー?といった顔をしたと思う。「そんなこと言っちゃうんだ・・」

ま、言いかえれば、そんなことするはずない・・と見下されているのだろう。

そりゃそうだよ。仮にだよ、例えば好きになった人がいて、その人がすごく年下だったり
した場合、私が一番思いがちなことは、たぶん、その人を汚さない。その人を傷つけない。
ということだと思う。それがまん真ん中にあって、じぶんなりの愛情をそそいでいくんじゃ
ないかと思うんだ。

つまりそれは「ハリネズミの恋」なんだと思う。
近づきすぎると自分の身体の針で、相手を傷つけてしまうからね。

ハリネズミの恋心はたぶんとってもせつないけれど、あたたかいものだと思う。
同じ時代に生きていることさへも、ありがたく思えるんだもの。

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret(管理人のみ表示)
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
[08/14 NONAME]
[07/27 chiaki]
[12/18 amour]
[11/06 chiaki]
[11/01 amour]
最新TB
プロフィール
HN:
Chie
性別:
女性
職業:
主婦 英語教師
趣味:
バレエ 映画鑑賞 
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(11/15)
(11/16)
(11/19)
(11/21)
(11/24)
P R
Copyright ©  My favorite things All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]