忍者ブログ
Admin / Write / Res
日々の生活から気になる事柄やものたちを、日記を通して紹介していくサイトです。水曜日には「やわらかい英文法」と題して、英語に関することを載せています。(平成23年3月現在)
[143]  [142]  [141]  [140]  [139]  [138]  [137]  [136]  [135]  [134]  [133
 私の枕元の壁には、健康雑誌の 「切り取り付録」 だった 「富士山」 の写真がはってある・・と以前に書いたことがある。 そして今でもその富士山は、私の無防備な寝姿を 毎日見下ろす形をとらされているのだ。

 その写真は、「湖映雪姿」 と枠外に題されてあるだけあって、雪帽子をかぶった富士山の姿が 鏡のように湖に映りこんでいて、山の麓と湖との接線を軸にシンメトリーの美しさを楽しめる、というわけで、つまり 2倍2倍の美しさ。

 早朝散歩をしていたら、公園の小さな池にもシンメトリーを見つけた。
覆い茂る木々が池に映りこんでいるのだが、肉眼で見ると 実際の風景よりもその反映の方が色濃く美しく見えるから不思議だ。

 いや待てよ。映っているもののほうがきれいって・・何よ。鏡に映る自分の顔も実際よりましに映っているのだとしたら・・。つまり・・。 いやいや、そんな微妙な差、ここまで来たら誤差の範疇でしょ。もう。

自分を映している鏡を割ると7年間不運が続く とか、写真を撮られると魂までも持って行かれる とか、そういう風に考えてしまうのってすごくわかる気がする。何故7年間なのかはわからないけれど。

 「映る」もの, 「写る」もの。手を伸ばして触れたとしても、そこには実質実体は存在しない。そんなはかなさに憧れを抱いてしまう。その二次元的実像存在に、思い入れを差し込みたくなってしまう。

 テレビや映画、写真。
そこに存在する人たちにさえも。

その人の、そのときの思いや願いも一諸になって像を結ぶと 思いたいのだ。
 
 



PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret(管理人のみ表示)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[12/18 amour]
[11/06 chiaki]
[11/01 amour]
[11/01 amour]
[07/20 chiaki]
最新TB
プロフィール
HN:
Chie
性別:
女性
職業:
主婦 英語教師
趣味:
バレエ 映画鑑賞 
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(11/15)
(11/16)
(11/19)
(11/21)
(11/24)
P R
Copyright ©  My favorite things All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]