忍者ブログ
Admin / Write / Res
日々の生活から気になる事柄やものたちを、日記を通して紹介していくサイトです。水曜日には「やわらかい英文法」と題して、英語に関することを載せています。(平成23年3月現在)
[319]  [318]  [317]  [316]  [315]  [314]  [313]  [312]  [311]  [310]  [309
朝なのに、カーラジオから聞き捨てならない単語が、繰り返し聞こえてきた。

・・・ですから・・こうもん・・は、ちゃんと・・・だいたい・・・こうもんには・・・

まさか、聞き間違いだろうと思い、ボリュームを少し上げると、獣医さんが、犬の肛門について語っていた。

 「肛門線絞り」。  犬を飼っている人ならお馴染みの言葉も、そうでない人にはショッキングであるにちがいない。 

 肛門を絞る? 雑巾みたいに? 冗談じゃなくて?
私もハルを飼い始めた時、初めてその言葉を聞いた。でもこの言葉のせいか、5年経った今もまだまだ「肛門絞り初心者」の域を出きれていない。

あの頃、その意味と実際の方法、その必要性を知って、この世にはまだまだ知らない摩訶不思議なことがあるものだと驚いた。

子犬の飼い方を指導してくれたペットショップのお姉さんは何度もさらりと言っていたけれど、私にとっては、
いまだに強烈な言葉であり続けている、 肛門しぼり 。

時間を気にせず民放のBsチャネルにあわせると、テレビショッピングの番組が延々と流れている時間帯にぶつかってしまう時がある。

すぐさま他の番組にしようとリモコンに触れようとしたら、「・・・バナナのかたち・・・」 という言葉が耳に入り込んできた。

バナナ好きの私としては、スルーできずに、何のこと? と面と向かうと、高繊維質の健康食品の宣伝だった。 どっさり とか 理想的なバナナの形で といのは、じつにそういうことだったのだ。

私の大好きなバナナを・・・何も・・。

きょうは、下の話でまとめてみました。







PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret(管理人のみ表示)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新CM
[08/14 NONAME]
[07/27 chiaki]
[12/18 amour]
[11/06 chiaki]
[11/01 amour]
最新TB
プロフィール
HN:
Chie
性別:
女性
職業:
主婦 英語教師
趣味:
バレエ 映画鑑賞 
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(11/15)
(11/16)
(11/19)
(11/21)
(11/24)
P R
Copyright ©  My favorite things All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]