忍者ブログ
Admin / Write / Res
日々の生活から気になる事柄やものたちを、日記を通して紹介していくサイトです。水曜日には「やわらかい英文法」と題して、英語に関することを載せています。(平成23年3月現在)
[479]  [478]  [477]  [476]  [475]  [474]  [473]  [472]  [471]  [470]  [469
太い毛糸でざっくり編んだベストを着ているのに、肌寒さに時々肩をすくめている
自分がいる。人がもこもこと着込みはじめるこの時期は、紅葉の始まりでもある。

ありきたりな児童公園で、今朝ハルと散歩していたら、周りの景色はすでに色づき始めて
いたのだった。葉っぱの色が変わる。たったそれだけのことなのに、なぜこんなにも気持ちが
高ぶるのだろう。

一昨日は大学時代のサークル仲間が主催する音楽ライブに行ってきた。
35年以上前から聞きなれている彼らのサウンドとヨワイを重ねた現在の容姿の組み合わせ
が、なんの違和感もなく逆に心地よく思えるから不思議だ。

ライブの打ち上げは、すでにお馴染みの居酒屋さん。
これまでに大事な友人先輩後輩を何人か失っている私たちは、「目の前にお互いが居る」こと
にとてつもないありがたさを感じ始めている。

ただ年齢のせいというだけでなく、そういった要因がたぶん我々の集まりの雰囲気をより
年々メロウにしていってるのだと思う。あったかい打ち上げだったな、と一日経って
思い出している。

打ち上げには息子も参加させてもらって、みんなに「可愛い、かっこいい、好青年だ。」と
持ち上げられて照れまくっていた。不思議といえば、共に若さを謳歌していたあの頃の年齢に、
今自分の子供たちが到達しているという事実。

すべての事柄は順序よく長い時を経て徐々に変化を遂げながら、でも着実にあの頃とつながっ
ているはずなのに、この仲間この時空に自分がいざ置かれてしまうと、自分が生んで育て上げ
た子供でさへも、今の形のまま突然そこに現れたような錯覚に陥る。

紅葉の季節。何と我々に似合いの季節ではないか。
華やかな大輪を咲かせなくとも、一枚一枚の葉っぱの集まりが、色濃く燃え上がる。
そんな情熱もあると言いたいのだ。



















PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret(管理人のみ表示)
autumn leaves
カメラの出番が多くなる季節だね。
マクロレンズはやっぱりほしい。
またアマチュアカメラ談義いたしましょ。
kohara 2013/11/11(Mon)15:43:23 編集
Re:autumn leaves
マクロレンズはずっと憧れ続けて今だ手にして
いないものの一つです。
マクロレンズの世界に入り込んだら最後、通常の感覚・・距離感
や遠近感が大きく狂いそうな予感がするの。
それもまた楽しみの一つで。買っちゃおうかな。
花びらの奥の世界に入り込んで、ミツバチの目を経験したい。
Chie  【2013/11/11 16:12】
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
[08/14 NONAME]
[07/27 chiaki]
[12/18 amour]
[11/06 chiaki]
[11/01 amour]
最新TB
プロフィール
HN:
Chie
性別:
女性
職業:
主婦 英語教師
趣味:
バレエ 映画鑑賞 
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(11/15)
(11/16)
(11/19)
(11/21)
(11/24)
P R
Copyright ©  My favorite things All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]