忍者ブログ
Admin / Write / Res
日々の生活から気になる事柄やものたちを、日記を通して紹介していくサイトです。水曜日には「やわらかい英文法」と題して、英語に関することを載せています。(平成23年3月現在)
[483]  [482]  [481]  [480]  [479]  [478]  [477]  [476]  [475]  [474]  [473
自然公園を散歩していようが、また舗装された道路を歩いていようが、美しい葉っぱの
彩に目を奪われるこの季節。

家の近くのイチョウ並木は、延々と続くのかと思われるほど黄色い世界を繰り広げている。
首を伸ばしてその連なりを眺めると、二列の木々がだんだんと呼び合うように互いに
近づきながらその都度一回りずつ小さくなり、その尻すぼみの一番向こう側のわずかな
「点」と成るまで、ぬかりなく丁寧に連なっているのだ。

その一つ一つの木のあふれんばかりのイチョウ葉が、ゆさゆさと風に揺れ、羽ばたく大群の
モンキチョウのように見えるのも、この時期の私の楽しみの一つでもある。

前回書いた昆虫話の続きのつもりはまったくないのだが、最近「ワイルドライフ」という番組
で、コスタリカに生息する「ツノゼミ」を知る。

「ツノゼミ」は擬態の王者で、薔薇のトゲにそっくりの「薔薇のトゲツノゼミ」がいるかと
思えば、何と、鳥や虫のうんちに擬態した「ムシノフンツノゼミ」がいたりする。

他にも、木の新芽 鳥 蜂 蟻などに擬態しては敵から身を守っているのだから、不思議である
事この上ない。 

実は私、この「擬態」、不思議過ぎて超苦手なのです。
私にとって世の中は、実にわからないことだらけで不思議なことも多いけれど、大体のことは
私の頭には難し過ぎて、身震いを起こさせるほどの具体性で私に迫ってくることはないのである。

一方この「擬態」・・ある物に成りすまして敵の目をかわす・・というのはとても単純なことで
しょ? それだけに直接的な身震いを私に起こさせるのだ。

敵を欺くことで身を守る。その目的に向かって進化したというのなら、虫に意思はあるというのか。
それとも敵から身を守るのは本能なのだから、その対応策として、複雑なものに形や色を変えて
似せていく過程に、意志決定の積み重ねは必要ないということか?

とにかく擬態はいつの時でも私に「畏怖」を感じさせるほど不思議なことなのです。

ツノゼミの中には、「枝にしたたる水滴」に擬態したものもあって、この、露にそっくりな可愛い
ツノゼミを見た時ばかりは、擬態の偶然的芸術に感動を覚えた。

そうは言っても、イチョウの葉っぱが時々蝶ちょに見えるのは、擬態とはまったく関係ない、
ただの偶然よね。

















PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret(管理人のみ表示)
銀杏
金色のちいさき鳥だね。
擬態って人間にもあるのかな。...ないな。
こればかりは何度考えてもよくわからないです。
どうやって細胞を変化させる術を身につけたのか、です。
でも、セメントがなぜ固まるかも実はよくわかってないらしいから、擬態のことなど到底.....。(^^;
せめて美しい葉の姿などを楽んで、温泉に行く夢でも見ることにいたしましょう。
kohara 2013/11/27(Wed)03:28:01 編集
Re:銀杏
確かあれはAFWの夏合宿だったと思う。
私の目の前を、木の枝が動いていたの。
無知な私に「これはナナフシだよ。」と誰かが教えてくれた。
その時背中に感じたゾゾッーとした電流のような衝撃を
私は今までも忘れられません。

私たちには見えない 理解できない大きな力が確実に働いていて、
その力としっくり調和している自然を前にしながら、あくせくやっている
私たちは、なんかずれた方向へと進んでいるような気がしてしょうがない。

あまりにずれていて、進化の歩みからはずれて退化へと逆転しているのではないかと。
どんなにハロウインで頑張って仮装したって、それは単なる仮装であって擬態ではないもの。
もうレベルが違うのよね。

Chie  【2013/11/28 11:45】
続・擬態
正確には擬態とちがうんだろうけど、私はコブシメなどの「甲イカ」がメスのいる半身だけを変化させる技にスゴイ!と思いました!...だって体の半分だけ真っ白になったりしてるんだよ!オレはあんなのできないよ!ためしに「コブシメ 求愛」でググってみてよ。なんだかおもしろくって好きなんだよね。(^^;
kohara 2013/11/30(Sat)02:14:24 編集
Re:続・擬態
コブシメ、見ましたよ。驚きですね!

何がすごいって、人間が洋服を変えるみたいにコブメシイカは、
その時の状況、必要性、気分?で、自分の体を海底の岩そっくり
にしてみたり、美しい水玉や白線のさざなみ模様にしてみたり
するところ。

一匹のメスを奪い合うオス二匹は、けっして噛み付いたり傷つけ
合ったりせず、どちらがより派手か、もしくはファッションセンス
があるか、によって競う・・と書いてあった文献もあったよ。
 そこに審査員がいるわけではないし、どういう基準で勝ち負けを
決めるんだろう。美しさの基準は人それぞれなんて言ってられないね。




Chie  【2013/12/01 08:41】
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新CM
[12/18 amour]
[11/06 chiaki]
[11/01 amour]
[11/01 amour]
[07/20 chiaki]
最新TB
プロフィール
HN:
Chie
性別:
女性
職業:
主婦 英語教師
趣味:
バレエ 映画鑑賞 
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(11/15)
(11/16)
(11/19)
(11/21)
(11/24)
P R
Copyright ©  My favorite things All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]