忍者ブログ
Admin / Write / Res
日々の生活から気になる事柄やものたちを、日記を通して紹介していくサイトです。水曜日には「やわらかい英文法」と題して、英語に関することを載せています。(平成23年3月現在)
[484]  [483]  [482]  [481]  [480]  [479]  [478]  [477]  [476]  [475]  [474
愛犬ハルと暮らし始めて、いつの間にか8年が経ってしまった。
犬年齢で考えると、彼はすでに立派な中年であり、あと数年で私たちの年齢
を軽く追い越し老齢の域にさしかかる。

奇妙に聞こえるかもしれないが、ハルと一緒に年を取っていくことが今楽しい。
ハルは私と一緒に過ごしたその時間分私を好きになり、理解を示してくれている。
喋らなくてもそれはわかるの。ずっと一緒にいるからね。

だからと言って全面的に私に従うわけではなく、私という愚かな人間との駆け引きを、
あろうことか彼は楽しんでいるように見える時がある。

例えばホットカーペットでの小さな出来事。ハルも私もごろごろしている。ふと目が合う。
私はハルと一旦目が合ったらスキンシップを持たずにはいられない。大抵の場合は、私
が彼のいる場所に移動して、愛いヤツだの~ ともみくちゃにする。

でもその時は、ハルの枕になるように片手を大きく広げて「ハル、ここにおいで・・」
と呼び寄せていた。ハルは、私をじっと見ながら、ちょこんと2~3センチ前進した。
「ハル、ここだってば・・」と、脇の下をトントン叩いてこちらの思いをより強く
投げかけた。ハルはまた数センチこちらに近づく。これを何度も繰り返す間に、ハル
の瞳の中にいたずらっぽい色がちらりと見えた。

「もうヤダ、もういいよ。」と私がスネて言うと、突然顔色を変えて(真っ黒な毛で
覆われているので本当の顔色はわかりませんが・・) キュンキュンと甘える声を
発しながら、すごい勢いで私の腕の中にくるりと収まるが早いか、至近距離で私に
心配そうな視線を送るのだ。
その状況に私はすっかり満足して、「怒ってないよ、大丈夫だよ。」と優しく
言って、しばらく濃密な時間を過ごすのである。

このハルの態度は、私よりずっと穏やかで気のいいだんなに対してより発揮されて、
どう見てもダンナがハルにからかわれているとしか私には見えない状況で、ダンナ
がてんてこ舞いしているのを、私はちょっと離れたところでクスッと笑っているの
である。






PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret(管理人のみ表示)
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
[08/14 NONAME]
[07/27 chiaki]
[12/18 amour]
[11/06 chiaki]
[11/01 amour]
最新TB
プロフィール
HN:
Chie
性別:
女性
職業:
主婦 英語教師
趣味:
バレエ 映画鑑賞 
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(11/15)
(11/16)
(11/19)
(11/21)
(11/24)
P R
Copyright ©  My favorite things All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]