忍者ブログ
Admin / Write / Res
日々の生活から気になる事柄やものたちを、日記を通して紹介していくサイトです。水曜日には「やわらかい英文法」と題して、英語に関することを載せています。(平成23年3月現在)
[390]  [389]  [388]  [387]  [386]  [385]  [384]  [383]  [382]  [381]  [380
昔、「読書する女」という映画を観たことがある。

インテリの香り漂う「読書する女」 の対極にある「読書しない女」は、
何を隠そう私のことだ。

年に2~3冊しか読まないという貧しいレベルだから、読書 という
大層な単語を使うのもおこがましい気がする。

その私が今、珍しく本を読んでいる。

行為としての読書 に対するイメージを思うと、本を読む時間を持てば、
せかせかした私の生活さえも、落ち着きと潤いのあるものになりそうなのに、
悲しいかな、そうはうまくは行かない。

細切れのせかせかした行動の合間にも、「一ページでもいいから、あの
続きが読みたい・・」と思う私のせこさが、日常をよりぐちゃぐちゃにする。

しなきゃいけない掃除の前に、控えめに伸ばした手に触れた本を、
ぱらりと開く。

気がつくとあたりは夕暮れ時。 片づけられるべき物たちがすっかり待ち
くたびれて、薄暗い部屋の中で、ちょうどあきらめ顔になるところに、ハタと
私は顔をあげるのだ。

時間的な問題だけではない。
物語の作り出す半透明のベールが、私の現実的な日常を包み込んで
より緩慢なものにする。

だからと言って、そういう理由で「読書しない女」になったわけではない。
そう言っておけばカッコがつくけど、本当は、読書に必要とされる
知識と集中力を持ち合わせていないだけの話。

ある新聞記事に、『「1Q84」にはオウムのような教団と、そのリーダーが
出てくる。』と書かれてあった。 

文庫になったことだし、一冊買ってみよう。と思って先週読みだし、今5冊目。

昨日バレエのお稽古に行ったら、友達のはとちゃんが、「ちえちゃんに
話そうと思っていたの。」と、水曜日にジャズのライブ演奏に行ったときの
ことを話してくれた。

会場で、指揮者の小澤征治さんと娘さんにお会いしたこと、そしてそこに
村上春樹さんもいらしたということ。

私はとても単純だからね。
はとちゃんを通して、違う世界に繋がった気がしてしまった。

これは、やはり今読んでいる物語のせいなのかな?






PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret(管理人のみ表示)
はとでーーす☆
あれから~違う世界から戻ってこれません・・・・。

生きるって心がときめくこと。

奇跡の時間の後に私の心に浮かんだ言葉。

かみしめて生きていきまーす^^
amour 2012/11/14(Wed)14:24:46 編集
Re:はとでーーす☆
ときめき? なんて素敵な言葉なの?
長い間忘れていた気がする。

もっともっと低いレベルの「わくわく」ぐらいなら、
日頃経験できているけど、「ときめき」となると、そんじょそこらには
転がってないでしょ。  いいないいな。

私、これからも はとちゃんのそばに居よっと。

Chie  【2012/11/15 13:20】
無題
私も。ずっとちえちゃんのそばに居よっと。
amour 2012/11/15(Thu)22:08:47 編集
Re:無題
ありがとう! はとちゃん、大好きです。
Chie  【2012/12/22 13:15】
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新CM
[12/18 amour]
[11/06 chiaki]
[11/01 amour]
[11/01 amour]
[07/20 chiaki]
最新TB
プロフィール
HN:
Chie
性別:
女性
職業:
主婦 英語教師
趣味:
バレエ 映画鑑賞 
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(11/15)
(11/16)
(11/19)
(11/21)
(11/24)
P R
Copyright ©  My favorite things All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]