忍者ブログ
Admin / Write / Res
日々の生活から気になる事柄やものたちを、日記を通して紹介していくサイトです。水曜日には「やわらかい英文法」と題して、英語に関することを載せています。(平成23年3月現在)
[43]  [42]  [41]  [40]  [39]  [38]  [37]  [36]  [35]  [34]  [33
ずっと観たかった映画の最終日にぎりぎり間に合った。

 昨日、ペネロペクルス主演 ペドロアルモドバル監督の 「抱擁のかけら」を観に行くことを選択し、バレエのお稽古を休んで、ららぽーと横浜の東宝シネマに行ってきた。

 でも実際のところ間に合ってはいなかったんだ。

 一度観ただけでは味わいつくせないとても濃い映画で、できることならもう2,3度観たいと切に思ったからだ。

 赤をアクセントにした鮮やかな色の洪水、美しい風景、ペネロペクルスの妖艶で大胆かつ愛らしい表情。交錯する人間図。それぞれの登場人物が抱く愛憎、嫉妬、執着、忍耐、諦観、絶望、希望が渦巻き、観てる側の私はショート寸前。

 それらのすべてが引きちぎられた写真の一片一片のようであり、その一片一片が時間という試練に耐え、時間という洗礼を受けて、あるべき場所へいざなわれ、収斂されるのだ。

 ペネロペクルス演じるレナと映画監督マテオの燃え盛る炎のような恋は、事実上 炎に包まれるような終わり方をする。

 その激しさ故にそちらに引きつけられる一方、静かに密かにくすぶり続けるマテオとそのマネージャー ジュディットの関係、ジュディットの彼への静かな想いに私は心惹かれた。

 奔放に女性と関係を持ち恋に落ちるマテオに、そして悲しい事件の後に、事件前の自分を封印するかのごとく名前を変えてしまったマテオ改め ハリーに、いつのときでも ジュディットの視線がある。

 彼女の中に封印していたものは、事件の全容だけでなく、彼女の抑えきれない嫉妬とねたみだったのではないかと思えてならない。

 私の一番好きなシーンは、そのジュディットが事件で視力を失ってしまったマテオの腕をとり階段を下りる場面。 

 長年連れ添った夫婦のように自然なのだ。

あー、もう一度観たい。六本木や新宿ならやってるけどちょっと無理だと思うし。
あとはDVDが出るのを待つしかないかな。
 
 それにしても私はペドロアルモドバルの映画が好きだ。
もう一度「All about my mother」を借りてきて観ようっと。

 

 
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret(管理人のみ表示)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
[08/14 NONAME]
[07/27 chiaki]
[12/18 amour]
[11/06 chiaki]
[11/01 amour]
最新TB
プロフィール
HN:
Chie
性別:
女性
職業:
主婦 英語教師
趣味:
バレエ 映画鑑賞 
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(11/15)
(11/16)
(11/19)
(11/21)
(11/24)
P R
Copyright ©  My favorite things All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]