忍者ブログ
Admin / Write / Res
日々の生活から気になる事柄やものたちを、日記を通して紹介していくサイトです。水曜日には「やわらかい英文法」と題して、英語に関することを載せています。(平成23年3月現在)
[39]  [38]  [37]  [36]  [35]  [34]  [33]  [32]  [31]  [30]  [29
劇場に足を運んだのは何年振りだろう。

 久々の予定のない一日が、千円で映画が観れる水曜のレディースデイにあたったのだから、これはもう行くしかないでしょ。

 というわけで、家事もそこそこに切り上げて、クリントイーストウッド監督の「インビクタス」を観てきました。

 かたくなで冷え冷えとした関係が、次第にやわらかく溶け合っていくようなものを描かせれば、この監督の右に出る者はそうそういない。それが個人レベルであっても国家レベルであってもだ。

 「ミリオンダラーベイビー」での、イーストウッド自ら演じるボクシングトレーナーと女性ボクサーの関係も、心にずっしり来た覚えがある。

 その「ミリオンダラーベイビー」で、味のある役所を見事に演じていたモーガンフリーマンが、今回の主人公、ネルソンマンデラなのである。やっぱ彼以外は絶対考えられないでしょ。

 モーガンフリーマンを選んだ時点で、もうこの映画はすでに半分成功したと言えるんじゃないかな。

 ネルソンマンデラの大統領就任により、水と油のようにくっきりと分離していた黒人と白人が、ぎこちなく混ざり始める。

 ずっと虐げられてきた黒人が 様々な場面で嫌々でも白人を受け入れたのは、赦すことこそが 真に国を変えていくための第一歩なのだ。とマンデラが諭したからである。

 完璧白人寄りであったラグビーチームは、それでもマンデラによって支持され活気付けられ、ワールドカップの勝利をひとつ またひとつと、もぎ取っていく。

 国中が一丸となってラグビーチームの勝利に向かうとき、肌の色を意識することなく、すべての人が美しく混ざり合うのだ。

 近年、高嶺の花のようになってしまった、希望 を感じさせてくれるいい映画だった。
 



 
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret(管理人のみ表示)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[12/18 amour]
[11/06 chiaki]
[11/01 amour]
[11/01 amour]
[07/20 chiaki]
最新TB
プロフィール
HN:
Chie
性別:
女性
職業:
主婦 英語教師
趣味:
バレエ 映画鑑賞 
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(11/15)
(11/16)
(11/19)
(11/21)
(11/24)
P R
Copyright ©  My favorite things All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]