忍者ブログ
Admin / Write / Res
日々の生活から気になる事柄やものたちを、日記を通して紹介していくサイトです。水曜日には「やわらかい英文法」と題して、英語に関することを載せています。(平成23年3月現在)
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
厚めの上着を着てても寒いと感じた今日のお散歩。

 昨日の程よい雨が、地面に敷き詰められた落ち葉のカサを幾分減らしてくれたらしく、ごく自然な歩調でその色とりどりの絨毯を踏みしめ 前に進んで行くことができた。

 もみじの木全体が 半分熟した果物のような色合いで、成熟への通過儀礼であるその赤と緑のせめぎ合いが、周りの空気に張りを持たせている。

 銀杏並木を車で抜けると 風にはらはらと舞い落ちる黄色い銀杏葉が、フロントガラスにコツン コツリ と小気味良く音を立ててはすごい速さで視野から消え去る。

 この時期ハルは、日向ぼっこが大好き。

 ハルの身幅と同じくらいの細長い出窓が格好の場所となる。

 その出窓の下にあるソファーに飛び乗り、出窓に前足をかけ、「いつものヤツお願い。」 とばかりにこちらを振り返り 訴えるのである。お尻を押し上げ 出窓に乗せてもらうことをリクエストしているのだ。

 「ハルは足が短いからね、可愛そうに。しょうがないよね・・」といつもそのリクエストに応えていたのだが・・・。

 でも、ある日私は見てしまった。

リビングから一続きの和室のちょっと奥まったところで洗濯物をたたんでいたら、ハルが助走をつけてソファーに駆け上がり、そのままの勢いで出窓にポーンと軽々しく飛び乗ったのを。

 ハル~~~~・・・。君はなんて甘え上手なんだ。
私はすっかりだまされていたよ。

 その後もハルがひとりでに出窓に寝そべっているのを何度も目撃しているにもかかわらず、私がいると、あの表情 あの格好 あの声で私に甘え攻撃をかけるのだ。

 それでも私は、知らない振りしてニコニコと出窓に近づき、彼のお尻に手を添えることをやめないって・・もしかしたらとても愚かなことなのかもしれない・・けど いいんです。







 

 



PR
あのちょっと前の夏の日々に、「さむ~い!」という言葉で始まる日がやってくるなんて、全然考えることができなかったのに。  ほんとに寒くなっちゃって。

 夏の間は、どんなに熱いラブコールを送ろうが、「悪いけど、僕が今できる限りの最高のスキンシップはここどまりだから・・」みたいな ちょっとつれない表情で、ハルは夏がけが掛かった私のお腹の上で丸くなって寝ていたものだ。

 今はというと、懸命に呼び寄せなくてもハルは喜んで布団の中にきてくれるようになった。まごうことなく寒さのおかげ。

 私にとっての冬の幸せは、「ぬくもり」 であったり 「湯気」であったり。冷えてちぢこまってしまった硬さが、温かみでじわりじわりとほどけていくような感覚。

 ハルのぬくもりを感じると、私の体は即座に受け入れ態勢を整えて、彼にとっての心地よい形に変化するようになっている。私の脇の下から肩にかけての部分は、ハルの枕となり、腕はハルの体の曲線に沿ってゆるやかなカーブをなし彼をいとおしく包むために存在すると言っていい。

 とは言っても、人気者のハルは、いつも私のところにきてくれるわけではない。
4倍の競争率をクリアーして抱くハルのぬくもりは、もうちょっと、もうちょっとだけ・・と、私の起床を遅らせてしまう。

 
雨模様の一日。

週末のロング散歩がままならない分、元気なハルのエネルギーは不完全燃焼。

オープンスペースで走り回ったり、好きなだけくんくんしたりはできないけれど、インドアの遊びもそれはそれで楽しそう。

お行儀悪くソファーに寝転んで雑誌を読んでいると、ハルは決まって遊びを催促する。

「まてまて~。」と追いかけられるのが大好きなのだ。
おもちゃをポーンと投げると 犬らしくしっぽを振り振り勢い込んで取りに行く。

でも家の けちけちハルくんは、取ってきたものを人間に渡すのがちょっと苦手。
「まてまて~。」は、そのハルのケチケチから生まれたあそびだ。

おもちゃをくわえたハルは、追いかけられると 水を得た魚のようにダイニングテーブルと椅子が作るたくさんの小さな隙間をすごい速さでくぐりぬける。

普段はまったく野生の凄みを感じさせないハルも、このときばかりはその俊敏な動きに、狼の子孫である片鱗をのぞかせるのである。

インドアでハルが見せる集中力は、「のせのせ芸」にほぼすべてがそそがれる。

毎日一回、おやつの時間にもらえる歯みがきガム「グリニーズ」は、マズルの上に30秒のせのせをして、初めてもらえることになっているのだ。

その結果、今では安定の悪い縦長のぬいぐるみも、バランスをとってかなりの時間載せられるほどに進歩した。

「のせのせ~!」というと、普段だらだらのハルが、収縮するようにぴっと構えるその様子が、親ばかながら とてもかわいい。







 ハルが4歳になりました。

 4歳になっても、変わらず甘え上手なハル。
なでてもらいたくなると上目遣いで近づいてきてころりとおなかを見せる。

 何をやっていたとしてもその手を止めてハルに向き直り、おなかを 首周りを 頭を存分にさすってしまう私の甘やかしよう。子供たちが小さいときには、「今忙しいから後でね。」と言ってしまっていたのに。その反省もあるからなのかな。
おかげでハルは最近ちょっとわがままになってきている。

 ハルのやわらかな体をなでていると、甘やかしている側の私の方が 実はハルから何かをたくさん受け取っていることに気づく。

 ちょっと落ち込んでいたり元気がない時でさえも、ハルとのスキンシップを通して気持ちが安定し穏やかになるのだ。

 人にでも動物にでも草花にでも 想いを寄せるというのは、すべてそういうことなのかしら。     つまりたくさん愛せる人はたくさん幸せってことね。

 そのようにしてハルからたくさんの愛情をうけとって 実は甘やかされてきた私。
この奇跡のような日々が一日でも長く続きますように。と願わずにはいられない。




   ジャガイモとヨーグルトとトマトで作ったわんこ用ケーキ
 


 
朝ハルとお散歩してたら、小さく芽生えた違和感が歩数を進めるごとに大きくなっていった。 なんだ、何だ?・・・そーか。風がまったくないんだ。無風状態ってやつだ。

 道路標識に吊り下げられている縦長の黄色い旗は、「防犯パトロール実施中」という文字も片隅にあるふざけた絵も 固い板に書かれているかのようにはっきりとみてとれる。

 すべてのものが固められたように息苦しく、湿度さへも目に見えるようだ。
動かない景色と空気の中で、私におおいかぶさっている気だるさと暑苦しさも 行き場を失くしてへばりついたままで。

 もうだめだ、と思ったときにふわりと風がそよいだ。

 じめじめした天気が続いたせいか、ハルがいつもよりわんこくさい。
私は、ハルのわんこ臭いの好きなんだけどね。

 でも虫でもつくといけないから、お昼間から一緒にお風呂にはいりました。
ドライヤーで乾かした後のハルはちょっと狸のようでまた別な可愛さを楽しめる。

 ローズマリーの香りがするハル。わんこ臭いのもいいけど、草の匂いのするハルは、それはそれで惹き寄せられる。つまりいつでも君に夢中なんだけどね。

カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[03/06 Timothydar]
[03/06 Timothydar]
[02/19 Fvegurge]
[02/17 VrcTwilk]
[02/16 Gbcbrady]
最新TB
プロフィール
HN:
Chie
性別:
女性
職業:
主婦 英語教師
趣味:
バレエ 映画鑑賞 
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(11/15)
(11/16)
(11/19)
(11/21)
(11/24)
P R
Copyright ©  My favorite things All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]