忍者ブログ
Admin / Write / Res
日々の生活から気になる事柄やものたちを、日記を通して紹介していくサイトです。水曜日には「やわらかい英文法」と題して、英語に関することを載せています。(平成23年3月現在)
[306]  [305]  [304]  [303]  [302]  [301]  [300]  [299]  [298]  [297]  [296
メノポーズ。menopause.

かわいらしい響きのこの英単語は、日本語で「更年期」と置き換えられる。

今の私の、心や体のどこかしらにコイツが潜んでいるのは、もはやしょうがないこと。

ただ私の場合、季節的なアレルギー、低血圧、リウマチ(まだそれほどひどくはないです。先生にはちょっぴり濃い目のグレーゾーンだね。って言われている。)など、いろんな症状の原因となるものをカラフルに持ちすぎているため、どれが何で、何がアレなのかはっきりしない。

 相変わらずアイロンがたまっていたので、おとといは録画しておいた映画を2本みながらせっせとアイロンがけにいそしんだ。

 その一本が 「ドクターTと女たち」で、リチャードギア演じるダラスの産科医ドクターTが、身勝手でやかましい高慢な女性患者たちや家族に起こるさまざまなできごとに悩まされたそのまま 結論もなく終わるという、とてもアメリカ的でない映画だった。

そのドクターTが、本気で更年期症状に苦しむ女性に親身に接して、次のように言ったのだ。

「更年期は思春期となんら変わりはないんだよ。体が大きく変化しているんだ。ホルモンだったり体のあらゆる所がね。 だから傷ついたり感情的になりやすくなるんだよ。それが今まさにあなたに起こっていることなんだ。でもはっきり言うよ。あなたがそのことで怖気づいたり動揺したりしないで、更年期の中の自分をそっと抱きしめて仲良くしていくことができれば、あなたの色気や女性らしさは一度生まれ変わり、今までにはなかった真の女性的魅力があふれだすのだよ。」

あんなハンサムなお医者さんに、こんな風に言ってもらえたら ほとんどの女性は更年期症状なんて吹っ飛んじゃうんじゃないかしら。

聞き逃したところを、部分的に補足したので、オリジナルとは違うものになっている可能性がありますが、ドクターTの言葉を, 英語でそのまま書いておきます。

「Menopause really is not any different than going through puberty.
Body's changing, your hormone and all over your place.
You find yourself just so much more sensitive and emotional.
That's surely what's happening to you.
But I promise you・・if you don't let it scare you , if you don't get upset, if you can somehow embrace this thing, you can find your renewed sexiness, womanliness that you've never felt before.」


going throughは、go through 経験するにingをつけて、「思春期を経験すること」
と動名詞になっています。

You find yourself just so much more sensitive and emotional.
これは 文型の第5文型を思い出してみてください。

最後の that you've never felt before のthatは、関係代名詞です。
前の renewed sexiness, womanliness を修飾しています。

「あなたが以前に感じたことがない 新しい色気や女性らしさ」

embrace・・・素敵な言葉ですよね。
抱擁する という単語です。「更年期と仲良くする」と字幕では訳してありました。

ドクターTが、せっかく真心込めて言ってくれたのだから、renewed sexiness, womanliness というやつを信じてみようかな。






PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret(管理人のみ表示)
男と女
2年間産婦人科の事務員として働いた経験から、他の男性に比べて少しは理解が深いと思っています。
当時の院長がアストロゲン療法の権威で、その論文をワープロで打ち込んだりもしていました。近年では男性にも更年期があるという言い方をする人もいます。
男と女は、小さい時にはとても近くて、思春期にすごく違いがはっきりして離れていって、そして歳をとってくるとまた近づいてくるような気がします。
不思議ですね。その不思議さを同じ心で分かち合えるところまできたのだと感じます。(^^)
kohara 2011/11/19(Sat)16:16:18 編集
Re:男と女
Koharaさんが、産婦人科の事務員をしていたとは初耳です。

Koharaさんが、他の男性より更年期のことに理解があることを考えながら、いろんな職種に就くことの利点について思いをめぐらしてしまいました。

歳をとって男女が近づいてくるとしたら、面倒なことがかなり減って、みんなで人間同士の付き合いができそうで、不思議とほっとしているところもあります。
Chie  【2011/11/20 01:36】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[08/14 NONAME]
[07/27 chiaki]
[12/18 amour]
[11/06 chiaki]
[11/01 amour]
最新TB
プロフィール
HN:
Chie
性別:
女性
職業:
主婦 英語教師
趣味:
バレエ 映画鑑賞 
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(11/15)
(11/16)
(11/19)
(11/21)
(11/24)
P R
Copyright ©  My favorite things All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]