忍者ブログ
Admin / Write / Res
日々の生活から気になる事柄やものたちを、日記を通して紹介していくサイトです。水曜日には「やわらかい英文法」と題して、英語に関することを載せています。(平成23年3月現在)
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
3時過ぎ。お風呂の時間も終えて、ほっと一息。

前々回に触れたマッスルスーツに加えて 今検討中のものが、「NOUPATHY脳パシー 」という
最新コミュニケーションツール。
聴覚に反応する脳波を使うことで、発語が難しい人たちの感情や意志を拾い上げてくれる
可能性を持つ、頼りになるツールだ。

現在、ずっとそばにいる私でさえ、娘が発する言葉の3割強くらいしか理解できていない。

この最新ツールはまだ市場に出されていない段階。
先ほど開発会社に電話して 体験できないか問い合わせてみた。
外に出ている担当者が戻り次第、折り返してくれるとのこと。

数時間後・・・開発者から電話をいただいた。
いつでも脳パシーの体験は可能です という丁寧な対応に感謝。
ただこの機械はALSの閉じ込め症候群に対応して作られたとのこと。
目が動くうちはアイトラッキングの方がより細かいコミュニケーションができるという意味で
お勧めします、ということだった。

 娘が元気な時、彼女のひとつの楽しみは、母親である私の揚げ足取りをすることだった。
その揚げ足取り というかイジリがめちゃくちゃ技巧的で、むかつきながらも時々感心させ
られていた。つまるところ、反抗期の彼女は、なかなかタフだった。

今、娘がやっとのことで発する「ありがとう」を一日に何度も聞きながら、私をいじり倒して
くれていたあの頃をぼんやり思い返してみたりしている。
今もなお マッスルスーツを身にまとった私を指さして「マッスルチエコ、頼もしい・・」
と、たどたどしく言う辺りは、まだあの頃の片鱗が残ってくれているのを感じるのだけれど。

とにかくね、家の子供たちは、私のことを面白おかしく友達にしゃべることが好きだった。
もちろん言ったよ、やめてって。でもそんなこと聞く子達じゃなかった。

小学校低学年までは「ママ」、小学校の高学年からは「ちいちゃん」、そして反抗期真っ盛り
の時からは「チエコ」と呼び捨てにされて、そのまま今に至る。

それに伴って、子供たちの友達から ちいちゃん とか ちえこさん とか呼ばれだして、
高校時代の娘の友達に至っては、私のことをなぜか「チエコ様」と呼ぶようになっていった。

「うちのチエコがね~・・」と始めると、みんなが楽しそうに聞いてくれる、と ある日
息子が言った。「え~?何言ったのよ!」と詰め寄っても笑ってるだけで教えてくれない。

 じくじたる思いをしていた私は、二人が、これはいくらなんでも人には言えない・・と負け
を認めるようなことをやらかしてやった。本当に実際 言えない・・と二人ともうなだれて
いたのだ。

 う~ん・・・でもここに書いたら完璧引かれるだろうな・・・
人志松本のすべらない話 でもしも話したら、すべらないかわりにみんな引きまくり必至だ。

 普通の状態だったら絶対書かないと思う。でも今私は明らかに「介護 high」。
そのものずばりではなくて なんとなく想像できるほどに輪郭だけなら・・

あのね、あれはおおよそ15年前のこと。息子が中学高校にかけて登校拒否をしていた時、
一方では母親が認知症になって壊れだしていたのね。
母は私に向かって
「家のちいちゃんはまだ小さいの。二階で遊んでるわ。あなた、お子さんは?」
というようなことをよく言っていた。

そのちいちゃんが大きくなって今あなたの目の前にいます。と何度か説明したけど、
元の木阿弥。悲しきリフレイン。
途中から半ば諦め出した私は「子供はふたりいます」と律儀に答えた後、でもやっぱりどこか
諦め切れずに、その子達・・あなたの孫なんだけどね・・ と聞こえないような小声で付け
加えていた。

そんな風に母親の介護と息子の登校拒否にサンドイッチされた毎日を送っていた私は、どん
どんすり減っていったのね。
そうこうしているうちにある日 プツンと頭の中で音がして、どうにもこうにもできなくて
旦那に泣きついた。
「心療内科に連れてって。私ヤバいかも・・」って。

先生の診断は、「体も精神も疲れ切っていて、軽い鬱状態になってます」ということで、
とても軽めの抗うつ剤を処方してもらった。

さて その薬を飲んで一週間位経った頃、お風呂に入っていた私は、自分の胸に違和感を
感じた。いや違和感というよりも、逆に懐かしい感覚。
それは、子供たちに授乳をしていた時の胸の張りだった。

思わずきゅっと絞ってみると、白色の乳汁が煙のようにふわ~っとお湯の中に広がった。
なんだこれは? 母乳 again ! ではないか。どういうこと?

驚いてお医者さんに相談すると、稀にある薬の副作用なんだそうで。
お医者さんに 薬変えますよね と言われた私は、「薬自体は私に合っているので母乳が
出るくらいいいです」と言って薬を変えなかったのだ。

さてさて 愛犬ハルが生まれて2か月で我が家にやって来たのはちょうどその頃。
さあ、私は何をして子供たちの度肝を抜かせたのでしょうか? 

うつ病にかかっていたのに、実に幸せな日々だったんです
ざまあ・・





PR
3日連休初日。
介護に明け暮れてる私が自分に与えられた時間を何に使うか。
毎日現実に向き合っていると、どうも真逆の方に行きたくなるようだ。

美容に構う時間のない私は今何もかもほったらかし。
鏡に映った自分を見て、「そうだこの頬のシミを取ってもらおう」と思いつき、早速皮膚科に
予約した。

短時間の施術が終わり透明なシールをペタッと貼ってもらい お会計に。
考え事をしながら支払いのためカードを差し出す。外に出る。
駐車場まで歩きながら領収書を何気なく見る。すると金額が言われていたものと全然違ってる。
保険適応外の高額代金の代わりに滅茶苦茶安い金額が印刷されていた。

引き返そうと思い立ち止まったが、ふと邪悪な考えが浮かび、そのまま歩き続けた。
「私すごく頑張ってるもん、だからこの位いいかも・・神様からのプレゼントだ」
いや、神様はそんな「ズル」をプレゼントするはずはない。

そのまま家に着いてしまって、でも罪悪感からそわそわして気もそぞろ。
そうこうするうちに皮膚科からの電話。金額が間違えてました、すみません。と。
すみません は私です。私気づいていたのにそのまま知らんぷりしたんです。

元々の私はとても業の深い人間。
でもまるでそんなこと忘れたかのように、穏やかに生活していた。

久しぶりに出会った私の悪魔。
もうできることなら一生会いたくない。

すみません、この場で懺悔させてもらいました。



本当にいいの? 介護日記みたいになって行ったとしても。
現在 私の生活の中心は介護なので、まったくそれに触れないでふわふわとしたこと
だけは書いてはいられないの。
質問の答えがYES でもNOでも、書き始めたのだから続けるしかない。

 今の私の、このブログテキストをタイピングしている姿勢、姿勢協会というようなものがあったなら、表彰されそうなくらい美しく理想的だと思う。

実はからくりがあるんです!
テレビでコマーシャル見たことありませんか?
「マッスルスーツ エブリ」。 ダウンタウンの浜ちゃんがこの補助器具を付けて、きつそう
な作業を身軽にこなし、最後にベッドに横たわっているおじいちゃんに
「長生きしてくださいね」と優しい言葉をかけるあのコマーシャルです。

ずっと娘の介護をしながらも 幸運にも腰やばいかな?とは感じてこなかった。
それば多分私の職業上 体の使い方とかメンテの仕方とか、よくわかっているのが功を奏して
いるのだと思う。

土日祝日は、二人の時間を楽しんでもらいたいというのもあって、娘の旦那さんのヨッシイに
すべてを一任していたら、ヨッシイの腰が先に悲鳴をあげた。
娘を笑わそうとしてお姫様抱っこをした途端ギクッっとやってしまったらしい。

・・これで私に何かあったら大変・・とみんなで相談してマッスルスーツを借りることにし
て、今朝初めて装着したというわけです。

見た目は笑っちゃうよ~
まるでサイボーグになったみたい。
でも本当に腰のあたりをアシストしてくれる。

ヨガの生徒さんに
「・・骨盤を立ててくださいね~・・安楽座で後傾してしまう方はお尻の下にクッションか
バスタオルを巻いたものを敷いて骨盤きちんと立ちやすいようにしましょう・・」
と口癖のように言ってる私は、骨盤をまっすぐ立てるプロなのだけど、その私がこのスーツを
着ると より腰が伸びて骨盤がきれいに立つ。
座ってみるとそれがよりよくわかる。
でもたぶん腹圧少しかけてないと反り腰気味になっちゃうかもね。
これはね、うまく使えば姿勢矯正マシーンとしても使えると思う。

何でも新しい分野に踏み込むと学ぶことがいっぱい。

新しいことを学ぶ喜びもあるけど、今本当によかったなと思えるのは、ずっと自分の体と向き
合うような生活をしてきた事と スペシャリストのレベルではないにせよ、英語が使えること。

日本以外にも目を向けて、治験情報や医療情報を得るために、問い合わせメールをいくつか送っ
たり、アメリカの友達にも情報集めをお願いすることができた。

ここに来て、私がずっとやってきたことが割と役に立っていると感じられる。
だから言えるんだけどね、何を選ぶかはその人それぞれだけど、その選んだものをある程度(人
に教えないとしても、教えれば教えられるくらい)のレベルにまで引き上げておくことは後々
いろんな場面で力を発揮してくれると思う。

いいな、若いと何でも選び放題。それとももう一本で行くのかな?
何にせよ10年続けてやっと入口が見える って覚悟でやらないと、きっと何も物にならな
いと思う。

たまごっち、まだ育て中。
38歳になっちゃって、どうしようかと思って。

一度他のたまごっちにプロポーズする方法を娘に教えてもらって、結婚させようと思ったのよ。
私のたまごっちは女の子で、あまり考えずに相手に女の子を選んでしまったのね。

そしたらねどうなったと思う?
「同性同士は結婚できません・・」だって・・。

古くな~い!!!? 認めなよ、同性婚。
もう興ざめしちゃってさ。
それ以来 そのまんま。

infoさん、勘の鋭い人なのかも ですね
もしも本当にそうだとしても とても失礼かもしれませんが、知らんぷりします。

今娘が私を見て笑ってる。
マッスルスーツでパソコンに向かってる姿がすごく可笑しいらしい
あ、もう12時45分。

テキスト書いているとあっという間に時間が過ぎる。
ケチャップご飯はできているので、今からオムライスつくります。
ではまた。
ーーーーーーーー

あ~あ。ヒルナンデス 途中からになってしまった







A Happy Saint Valentine's Day !
 
欧米では 男女の別なく愛の告白や贈り物をする日なのに、日本では女性が男性に
チョコを送る日だと認識されているでしょ?
賢いチョコレートメーカーの過去の策略に 国民が見事にハマってしまって、そのまま慣例に
なっている気もするけど。

でも愛の告白や好意の「しるし」にチョコレートを贈るってなんかいいな。
チョコ嫌いの人はそうは思わないよね。私は チョコ大好きなので強くそう思う。

チョコレートケーキは今までに何回焼いたかわからないくらい作ってきた。
時々さぼるけど、今年は作りたくなって、夜中に作りました。
気持ちだけでも届くといいな。




最近の 私の平日の生活は、8時前にダンナを車で最寄りの駅まで送っていき、その後娘の家に直行。そのまま彼女の旦那さんが帰宅する夜まで滞在。
その間 彼女の代わりに家事をしたり彼女をお風呂に入れたりしていて、あっという間に一日
が過ぎていく。

今日は祝日。娘のことは旦那さんに任せて、わたしは久しぶりの我が家。
おざなりになって、たまりにたまった家事を楽しい脱線をしながら片づけて・・途中映画観た
りヨガしたりしながら、さっき鶏肉とゴボウを山ほど入れた炊き込みご飯、スイッチオン で、やっと一段落。

片付いた部屋でブログ更新できるって とっても贅沢。

 娘は3月か4月に予定されている大原薬品の治験に希望をつないで、今頑張っています。
少しでもいい方に物事が転がっていくよう、私は何だってする。

 娘の介護で大変だけど気に入っているのは お風呂の時間。
彼女が清潔になって気持ちよさそうにしているのを見ると私もほっこりできるから。
でも仕事の動き自体は 筋力と体力、そして気をめちゃ使う。
つるんと滑って転ばせては大変だからね。

彼女をお風呂に入れ始めの頃、Gパン穿いていたのは無知の権化だと今ならわかるけど。
何しろ全身びしょ濡れになるのだから。ストレッチ効いてないと動きにくいし。

で最近の私の格好は、タンクトップにショートパンツ。
実に機能的!
お、これがいいじゃん・・と娘のタンスから引っ張り出してきたものを、初めて着たとき、
風呂場でシャンプーの泡を頭に乗っけた娘がククッと小さく笑った。
「え?やっぱおかしい?」
「うん、ちょっと・・でも似合う・・」
と、娘の症状のひとつである、ふにゃふにゃした声で言った。
「でしょ?60過ぎてさ、タンクトップとショートパンツ似合う人、あんまいないと思うよ」と、私はここぞとばかりに鼻を膨らませながら、美容師さんのような手の動きを止めないで
言い放った。

似合っていようがいまいが、娘の旦那さんにこの姿は絶対に見せられないので、お風呂に入れる
タイミングがとても気になるというわけです。

 彼のこと、私はヨッシイと呼んでいるんだけどね、ヨッシイが
「おかあさん、お土産買ってきたよ」と、昨日私の大好きな "アトリエうかい" のクッキー
を買ってきて来てくれた。しかも大きい缶のヤツ。
もうめちゃくちゃ嬉しかった。
今日も家事の合間に少しずつ食べて、至福の時を味わった。

 今日観た映画はね、「ブランカとギター弾き」
フィリピンのマニラが舞台で俳優さんもみんなフィリピーノなので、フィリピン映画かと思いきや、実は監督は日本人で、長谷井宏紀監督です。
万引き家族 のように 万引きシーンがたくさんあって、でもフィリピンという国のせいもあると思うけど 万引きシーンがとても自然。貧困が当たり前のように存在してる。

フィリピンという国は 貧富の差が国を支えている。
これは私がスカイプでフィリピンの人たちと話していて痛感したことで、例えば一人住まいの学生でさえ、貧しい人たちに微々たるお金を払って洗濯をさせている。
朝は何していたの?って聞かれて、洗濯 って答えたら、え~自分で洗濯するの?って
ものすごく驚いていた。
スカイプで英語を教えている学生なんてエリート中のエリートなんだろうと思う。
女性の社会進出がめざましい というのも貧しい層がすべての雑多な家事を安いお金で担ってくれるというシステムあってのことだと思う。

そしてこの映画に出てくるブランカは親にも見捨てられ、生き延びるために盗みをはたらく女の子。
そのブランカが盲目のギター弾きのピーターと出会い、歌を教えてもらう。
ブランカがピーターに聞く。「色はわかるの?」
ピーターが答える。
「青は海の色 それに空の色・・オレンジは温かい心の色 それから夕陽の色」
観たくならない? アマゾンプライムで観れるよ。
セバスチャン って男の子が出てくるの。
ずっと忘れられないと思う。彼のまなざしが昔の君に重なって・・。
泣いちゃうね


バルコニーから見た朝焼け




カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 4 5 6 8
9 10 12 13 15
16 17 18 19 20 22
24 25 27 28 29
フリーエリア
最新CM
[02/28 DennmolE]
[02/28 DennmolE]
[02/26 DennmolE]
[02/26 DennmolE]
[02/26 DennmolE]
最新TB
プロフィール
HN:
Chie
性別:
女性
職業:
主婦 英語教師
趣味:
バレエ 映画鑑賞 
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(11/15)
(11/16)
(11/19)
(11/21)
(11/24)
P R
Copyright ©  My favorite things All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]