忍者ブログ
Admin / Write / Res
日々の生活から気になる事柄やものたちを、日記を通して紹介していくサイトです。水曜日には「やわらかい英文法」と題して、英語に関することを載せています。(平成23年3月現在)
[361]  [360]  [359]  [358]  [357]  [356]  [355]  [354]  [353]  [352]  [351
強い雨が降っています。
雨粒だらけの窓ガラスを眺めながら、
お門違いの先週の文章、「もう梅雨は明けたのかしら?」
を読み返し、思わず苦笑い。

化粧のついでに 鏡に映った鼻の穴を点検し、
「あー!・・ほとんどなかった鼻毛が濃くなってる!ホラッ。ねっ、ね。」
と、喜びか悲しみかわからない私の焦りの報告に、

「ふ~ん。 よかったじゃん・・」とダンナがつぶやいた今朝。

何があっても、一日一日が、確実に過ぎていきます。

正直、その一日一日を、人にあまり迷惑かけずに生きていくだけでも
かなり精一杯な私。

でも、そんな私が、最近人から感謝されて嬉しかったことがあったんだ。

英語クラブのオフィサー仲間であったM氏が、
O脚による膝関節変形症の痛みで苦しんでいることを、鎌倉遠足の道すがら
何かのきっかけで話してくれた。

それを聞いた「筋肉骨格オタク+関節の病気持ち」の私は、
ちょっとおせっかいかな、と思いつつも、自ら実践したO脚矯正法を、
思い切って 氏に伝えてみることにした。

2週間後 彼に会った時、「あの矯正法は、ほんとうに素晴らしい。
おかげで痛みが今ほとんどないんだよ。たくさんの人に教えてあげたほうが
いいよ。」と、絶賛してくれたのだ。

私のブログを読むわずかな人たちの中に、O脚で苦しんでいる人の数は
限りなくゼロに近いのでしょうが、一応書いておこうと思います。

まずね。ふたつあるお尻のほっぺたを、中央に寄せて、ひとつにするような
意識をもつこと。 で、歩くときは、太ももの内側をすりあわせるような
つもりで脚を運ぶようにする。 ももの後ろ側ののびを意識すると
よりベター。 

これに加えて、おへそを背中に押し込んで近づけるような意識で
日々暮らしていると、確実に変わってくる。(最初は、そりゃきつい。
だって矯正だもの。でも筋肉の流れが変わってくればすこしづつ楽になる。
そこまで頑張れるかどうかは本人次第・・なのです。)

そういえば、ずいぶん前に、英語のスピーチで、こういうことを
話したことを思い出した。

「筋肉もそうだけど、人の考え方ってひとりひとりの癖があって、
だから個性があるとも言えるんだろうけれど・・・・・でもね。
筋肉も、自分の癖通りの楽な使い方をしていると、どんどんその方向に
偏って、挙句関節や骨を痛めることになるでしょ・・・

人の考え方も、その思考パターンから抜け出るには、筋肉の流れを
変えてしまうほどの強い意志が必要なわけで・・・・・これ大変そうだけ
ど、筋肉と脳みそはいくつになっても 鍛えなおすことができると誰かも
言ってたし・・・・憧れのバレエダンサーも、意識して そちらの方向に
使い続ければ、筋肉だって思い通りの場所に移動させられるって。
そう言ってたよ。
じゃなきゃ、日本人の骨格でバレエなんかできないよ、ね。
 
ということはだね。新しい自分になれることも不可能じゃないんだね・・・
たぶん。」

退屈な内容かもしれないので、そうならないように、会話風にアレンジして
みました。

そうだ。 
つよぽん、たくさん走るんだよね。
心配してるんだ。


PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret(管理人のみ表示)
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[12/18 amour]
[11/06 chiaki]
[11/01 amour]
[11/01 amour]
[07/20 chiaki]
最新TB
プロフィール
HN:
Chie
性別:
女性
職業:
主婦 英語教師
趣味:
バレエ 映画鑑賞 
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(11/15)
(11/16)
(11/19)
(11/21)
(11/24)
P R
Copyright ©  My favorite things All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]