忍者ブログ
Admin / Write / Res
日々の生活から気になる事柄やものたちを、日記を通して紹介していくサイトです。水曜日には「やわらかい英文法」と題して、英語に関することを載せています。(平成23年3月現在)
[123]  [122]  [121]  [120]  [119]  [118]  [117]  [116]  [115]  [114]  [113
ここ数日は雨天のせいでもあるけれど、ちょっと前からハルとの早朝散歩がめっきり短くなってしまっている。

 ある雨の日を境に、蚊の餌食になる覚悟なしには 公園に行けなくなったからだ。夏の盛りの早朝は、ほとんど蚊に悩まされることのなかった公園なのに。

 ハルが女の(わん)子の残り香(つまりオシッコ)に立ち止まれば、どこからともなくやってきた数匹の蚊が、ハルにしつこくまとわりつく。 

 それを追い払うのに必死になっていたら、私が代わりにたくさん刺されていた。
一個一個腫れちゃって もう痒いの何のって。で、ちょっとおさまるまで公園はやめとこ・・となったのです。

 そうやって緑深き公園から遠のいていると、心のゆとりが縮んで人間がせせこましくなったような気がする。

 これを逆方向で考えると、どれだけ木々や草花や季節ごとの美しい景色が、自分に大きな力を与えていたか。ということになるのではないか。

 修理に出していたデジカメも、修理完了。の電話をさっきもらったし、来週からは「虫除け」でガードを張りながら また公園早朝散歩に復帰しようと思っている。

 物心ついた時には、すでに蚊に刺されており、「蚊は血を吸うもの」と、ずっとあたりまえのこととしてここまで来たけれど、よく考えると「血を吸われる」なんてとんでもないことだとつくづく思う。もっと恐怖心、あっていいんじゃないの?ドラキュラまでとは言わないでも。

 とても勉強のできる同級生の男の子が、中学時代のある日に、「蚊が血を吸っている最中に動かずにじっとしていると、蚊は血を吸い続けるんだ。パンクして自滅するまでね。」って言ってたけど、それ、ただ私をからかっただけなのかな?

 私はずっと信じていたけど、その後約40年、そんな話聞いたこともない。

 蚊がパンクして血が飛び散っても、その血は私自身の血。
しつこい蚊を 両手のひらでたたいたら、横向き横顔の蚊が私の生命線上できれいにつぶれた。血まみれになって。しかもそれは私の血だ。
 

 


 
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret(管理人のみ表示)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
[08/14 NONAME]
[07/27 chiaki]
[12/18 amour]
[11/06 chiaki]
[11/01 amour]
最新TB
プロフィール
HN:
Chie
性別:
女性
職業:
主婦 英語教師
趣味:
バレエ 映画鑑賞 
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(11/15)
(11/16)
(11/19)
(11/21)
(11/24)
P R
Copyright ©  My favorite things All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]