忍者ブログ
Admin / Write / Res
日々の生活から気になる事柄やものたちを、日記を通して紹介していくサイトです。水曜日には「やわらかい英文法」と題して、英語に関することを載せています。(平成23年3月現在)
[350]  [349]  [348]  [347]  [346]  [345]  [344]  [343]  [342]  [341]  [340
「お母さんに似ているね。」とか「お父さんそっくり。」 という言葉が
使われる時、ほとんどの場合、そう言ってる人は相手の顔を見ながら
言っているのだと思う。

でも、私自身が親の体のパーツを思い浮かべるときに、「実に親子だなあ。」
と思わせてくれたのは、手足の指 だった。

母の白くてほっそりした手指と 細長いうすピンク色の爪が好きで、
この人からこの手を受け継いで良かったなあ。と思ったものだ。

時は経ち、何十年もの家事労働と日焼けの上に、関節の病気の影響も
多少加わり、受け継いだ美しい手は悲しいかなずいぶん様変わり
してしまった。

 働く手 と 働かない手 の大雑把な分け方をすれば、私の手は
明らかに前者に属し、その勲章と呼んであげたいゴツゴツ感が
年と共にみなぎり始めている。

きれいな若いお嬢さんが、ネイルの話のついでに、「爪の間が
黒ずんでいたりしたら、マジその人、ありえねーって感じだよね。」
とテレビの番組で言っていた。

今の若い人たちの、爪とまつげに対する熱情は、仕事上、高校生の
若い女の子との付き合いが長年あるので、よく承知している。

そして爪の黒ずみを許せないって感覚もわかるにはわかる。

それでも、私は、庭の手入れを毎日されている、私の大好きな
ナチュラリストの爪の間に、少し土が残っていたのを見たとき、
美しいな、と思えたのだ。

働く手は、きらびやかではないけれど、着実に 美しい。

そういいながら、矛盾するように聞こえるだろうが、近々自分の
爪に、ネイルを施してもらおうと、今たくらんでいる。

これは単なる思いつきではなくて、数ヶ月がかりの計画の、
最終章に組み込まれていることで、さんざんこき使った手に
プレゼントをするような気持ち? 変かな?

お部屋のリフォームや模様替え、それに伴う掃除や手仕事。
すべて終わったら、きれいに爪を伸ばしてベネチアンビーズ
のようなネイリングをして、計画終了・・というもくろみ。

ほとんどその計画が終わりにちかづいている今、私は爪を
伸ばし始めている。
毎日クリームを擦り込んで、その時に備えている。

この次の英語クラブのスピーチで、「Visual aid」を使って。
・・・という課題のスピーチをこなさなくてはなざず、しょうがないので
自分の撮った写真をプロジェクターに映しながらすることに決めた。

それに伴って、今まで撮った膨大な量の写真の整理を余儀なくされた。

整理していくうちに、二つの手が絡んでいる写真が出てきた。
亡くなった母貴美さんの手と私の手が絡み合っている写真を、
ありがたいことに 私は残していたのだ。

自分が撮った写真だけれど、これは貴美さんからの 突然の
プレゼントじゃないかしら? 母の日が近いのだから、私が
贈り物をしたいのに。



PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret(管理人のみ表示)
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新CM
[07/27 chiaki]
[12/18 amour]
[11/06 chiaki]
[11/01 amour]
[11/01 amour]
最新TB
プロフィール
HN:
Chie
性別:
女性
職業:
主婦 英語教師
趣味:
バレエ 映画鑑賞 
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(11/15)
(11/16)
(11/19)
(11/21)
(11/24)
P R
Copyright ©  My favorite things All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]