忍者ブログ
Admin / Write / Res
日々の生活から気になる事柄やものたちを、日記を通して紹介していくサイトです。水曜日には「やわらかい英文法」と題して、英語に関することを載せています。(平成23年3月現在)
[163]  [162]  [161]  [159]  [158]  [157]  [156]  [155]  [154]  [153]  [152
 ここ何日かの私は、「筋肉オタク」になっていたのかもしれない。
自分の筋肉や体の動きが気になってしょうがない。

 まだ暗いうちにふと目覚めて、ふーむ。と考え、ストレッチを始めたりして。
暗がりでふとんの上でストレッチ・・正気の沙汰には見えないよね。

 この私の異常行動は、数日前に見たテレビの影響であることは間違いない。
クライマーである山野井泰史・妙子夫妻によるグリーンランド岸壁の挑戦を追ったドキュメンタリーの再放送。

 観終わったあと、信じられないほどのすがすがしさを感じてしまって。
これはいったい何なんだろうと不思議に思い、泰史さんの著書「垂直の記憶」や 沢木耕太郎さんが彼らのことを書いたノンフィクション「凍」を読み終え、私の中で よりいっそう彼らへの尊敬と憧憬の念が確かなものとなってしまう。

 人間のエネルギーや体力も、他の能力と同様個人差がある・・ということを私が思い知ることになるのは、若いとき徹夜できない虚弱な体を自覚したときである。

 そんなひ弱な私とは真反対の、潜伏した強靭な体とあふれ出るエネルギーを持って生まれ、その後の人生で、その究極の強さをベースに、ゆるぎない意志と精神力を確立していく泰史さんと妙子さんにとって、普通の生ぬるい生活だけをしていくことこそ苦しいことなのでは、と想像する。

 自分にはない彼らの超人間的な強さに憧れるのは当たり前のこと。でも私の日常がちょっと変わってしまうほど心動かされたのは、彼らのクライマーとしてのスタイルであり、人間性なのである。

 ふたりとも それぞれが極上の一匹狼なのだ。

このドキュメンタリーは、再生の記録と言えなくもない。彼らは、その5年前に挑んだヒマラヤ高峰ギャチュンカンで登頂、生還したものの、途中雪崩にあい、深刻な身体的負傷を負い、また凍傷によりたくさんの指を失うことになる。

 妙子さんにいたっては、手の指を付け根からすべて失ってしまう。
妙子さんは、指がないことも女性であることも年齢のこともけっして言い訳にしない。それどころか「言い訳」・・ということ自体、彼女の思考や感情にかすりもしないのだろう。本当に今ある状況を自然に受け止めて、最大限の努力を積み重ねていく。

 強いもの同志がくっついたご夫婦。これが素敵な結びつきでね。
頂点に立ったクライマー同志、尊敬し信頼しあっているのがひしひしと画面から伝わってきた。

 泰史さんが「妙子はそこらへんにいる男性クライマーより、ずっと優秀なクライマーなんだ。」と先頭を切って昇っていく妙子さんの様子を見上げながら目を細めて言っていた。

 そのときの彼の表情は、自分のことなんてどうでもいいんだよ。っていうくらい、妙子さんのことについて得意げで、誇らしく、また愛情に満ちた表情をしていた。

ま、こういういきさつで、彼らに夢中になり ブログもさぼって 私なりの体作りを始めていたのです。

 妙子さんを見ていて、私も言い訳するのはやめたから。

・・・がらっと変わって、今日は水曜なので「やわらかい英文法」あとに続きます。
 
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret(管理人のみ表示)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新CM
[12/18 amour]
[11/06 chiaki]
[11/01 amour]
[11/01 amour]
[07/20 chiaki]
最新TB
プロフィール
HN:
Chie
性別:
女性
職業:
主婦 英語教師
趣味:
バレエ 映画鑑賞 
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(11/15)
(11/16)
(11/19)
(11/21)
(11/24)
P R
Copyright ©  My favorite things All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]