忍者ブログ
Admin / Write / Res
日々の生活から気になる事柄やものたちを、日記を通して紹介していくサイトです。水曜日には「やわらかい英文法」と題して、英語に関することを載せています。(平成23年3月現在)
[159]  [158]  [157]  [156]  [155]  [154]  [153]  [152]  [151]  [150]  [149
 今までの3回で5文型のうちの3文型まで話をしてきましたが、今日は4文型5文型に行く前に、副詞や修飾語句についてお話します。

 子供の頃、こういうゲームをしたことありませんか?

紙切れを5~6人に配り、次の項目をそれぞれの人に割り当て、思いついたことを書いてもらうという遊び。  誰が いつ どこで 誰と どんなふうに 何をした

それらを集めてつなぎ合わせて、偶然にもとんでもなくおもしろい文章ができたりすると、場が盛り上がったりしませんでしたか? 

この 「誰が」と「何をした」にあてはめられたものが、例えば

トムが 走った。     Tom ran.   だったら、1文型
トムが 英語を勉強した。 Tom studied English. だったら、3文型 ですよね。

日本語の 「何をした」が、動詞だけなのか、それとも目的語をとるかで違ってきますよね。

じゃ、それ以外の『 いつ どこで 誰と どんなふうに 』というのは、何であると考えればいいのでしょう?

これらは 主語でも動詞でも目的語でも補語でもなく、修飾語句なのです。

Tom studied English in the library with me yesterday.
トムは、昨日 私と 図書館で 英語を勉強しました。

この場合、in the library と with me と yesterdayが、場所 時などを表す修飾語句で 文の主要素(主語 動詞 目的語 補語)ではないのです。

何かを人に伝える時に、正確で詳しい情報を・・と考える場合、この『いつ どのように どこで どんなふうに どれくらい』 などが大きい役割を果たすことがわかると思います。

そして、場所 や 時、様態、頻度、程度を一語で表すことのできるものが 副詞 です。

now, yesterday・ 時  here, there・・場所 well, hard ,carefully・・様態 often, sometimes・・頻度 enough ,almost・・ 程度
などが、あります。

来週は 副詞 と 副詞節 について触れて行きたいと思います。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret(管理人のみ表示)
Mで表しますよね。
またコメントおくれちゃった。
修飾語句は英語だと後ろに置かれることが多いから日本語と大きく違いますよね。
文型と修飾語の配置イメージが取り込めると中学の英語はOK!って感じなんだけど、こどもたちはみな朦朧と納得しつつ目に力がないなぁ。
kohara 2010/12/12(Sun)02:13:34 編集
Re:Mで表しますよね。
自分の中で何かがクリアーになる瞬間ってあると思う。
今までもやもやしていたものがきちんとあるべき場所に収まるように。

でもそこまでの朦朧とした道のりからは、繰り返してみることでしか抜けられないのかなあ・・。 「ほら~。前も言ったけどさ~。」が、空しく響くことも多々ある毎日です。
Chie  【2010/12/15 10:59】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[12/18 amour]
[11/06 chiaki]
[11/01 amour]
[11/01 amour]
[07/20 chiaki]
最新TB
プロフィール
HN:
Chie
性別:
女性
職業:
主婦 英語教師
趣味:
バレエ 映画鑑賞 
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(11/15)
(11/16)
(11/19)
(11/21)
(11/24)
P R
Copyright ©  My favorite things All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]