忍者ブログ
Admin / Write / Res
日々の生活から気になる事柄やものたちを、日記を通して紹介していくサイトです。水曜日には「やわらかい英文法」と題して、英語に関することを載せています。(平成23年3月現在)
[156]  [155]  [154]  [153]  [152]  [151]  [150]  [149]  [148]  [147]  [146
 今日は、今まで説明してきた  3文型を使って、自分の気持ちを言える表現を中心に 進めていきます。

I know the news. ・・・は 主語 動詞 目的語 の第3文型ですね。
(私はそのことを知ってるよ。)

一の巻きで説明したように 主語と目的語の場所には 名詞 が来ますよね。

では、上記の英文中の そのこと のかわりに、知っていることの中身を文章にしたい場合はどうすればいいでしょう? 例えば 

私は 彼がすごくやさしいこと を知ってるよ。

I know that he is so gentle.
I know the news.

He is so gentle. (彼はとてもやさしい)・・・という2文型の文章の頭に 魔法の that をくっつけるだけで、この文章を 名詞 に変身させることが可能なのです。日本語で言えば、文章の終わりに こと という魔法の言葉をつけることで、文章を名詞化できるように。・・彼がすごくやさしいこと。

名詞にしてしまえばしめたもので、主語の場所 目的語の場所 補語の場所にもって行けることは 一の巻きで説明しましたね。

私は~と思います。~と感じます。~することを希望します。など自分の言いたいことを言うのに、この thatは、とても便利です。

I think that you have a very good chance.
(君はうまくいくと思うよ。)

I hear that you got a new job.
(新しい仕事に就いたんだってね。)
この場合の hear は単に耳で聞くというより聞いて知っているよ。という感じ。

I hope that it will be fine tomorrow.
(明日晴れるといいな。)

特に I think that~ (私はこのように思います。)や I feel that~(私はこのように感じます。)は、自分の意見や気持ちを言うのにすごく便利です。

thatのあとに この映画はいいね、(いいと思う)とか 彼女は君の事好きだよ、(『好きだと感じる』好きという印象だなあ)とか メールは楽しい。(楽しいと思う)とか何でももってこれるわけです。

ちなみに メールするは texting とか text- messaging.

I think that text-messaging is a lot of fun.

さてこんなありがたい that ですが、さすが魔法のことばで、省くこともできるのです。

 I feel I fell in love with him. ( 彼に恋しちゃった感じ。)
の feel のあとの 見えない魔法 見てね。

最後に that節 (主語と述語動詞があるちゃんとした文章を名詞にすることができる that を that節・・といいます。)が 補語の場所に来る 典型的なものをあげておきますね。

The problem is that I fell in love with her.
(問題なのは、彼女に恋しちゃったってことなんだ・・)
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret(管理人のみ表示)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新CM
[08/14 NONAME]
[07/27 chiaki]
[12/18 amour]
[11/06 chiaki]
[11/01 amour]
最新TB
プロフィール
HN:
Chie
性別:
女性
職業:
主婦 英語教師
趣味:
バレエ 映画鑑賞 
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(11/15)
(11/16)
(11/19)
(11/21)
(11/24)
P R
Copyright ©  My favorite things All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]