忍者ブログ
Admin / Write / Res
日々の生活から気になる事柄やものたちを、日記を通して紹介していくサイトです。水曜日には「やわらかい英文法」と題して、英語に関することを載せています。(平成23年3月現在)
[190]  [189]  [188]  [187]  [186]  [185]  [184]  [183]  [182]  [181]  [180
 手作りのもの・・と言っても今日のようなバレンタインデーにチョコケーキを焼く・・とかじゃなくて、布・糸・針・毛糸の世界から離れてしまってずいぶん年月が経ってしまった。

 もちろん今でも、ボタンが取れれば付けるし、トウシューズのリボンやゴムも新しく買い換えるたびに細かく縫い付けたりはしているから、まったく無縁と言うわけではないのだけれど。

 思い返せば、ほとんど家の中で過ごしていた子供が2~3才だった頃、私は手芸にはまっていたのだ。

来る日も来る日もパッチワーク用に切った小さなピースをつなぎ合わせ綿入れしておくるみを作ったり、子供の遊び着からお出かけ用のワンピースやスーツ、そして冬用のコートまで裏地をきちんとつけて作ったりしていたのだ。

 毎年、秋の季節のフェイドアウトとともに、大型手芸店、ユザワヤに買出しに行き、家族のセーターを次々と編んでいたあの頃。

 今考えると信じられない。あれは私がやっていたの?あのときの私は・・誰?
そう思うくらい今は面倒くさくてとてもできる感じがしないのです。

 私の編んだものに包まれていた子供達に比べ、現在 ハルは通販で買った980円のニットを着せられている。でもさすがハル。可愛く着こなして似合っていてとても980円には見えないの。

 今年のお正月休みに、私と同い年のお人形、「ぱーまちゃん」の洋服があまりに汚く古くなっていたので、はぎれを引っ張り出して、ワンピースを作ってあげた。
ミシン出すの面倒なので、久々に本気で針を持ち、手縫いでちくちく縫い上げた。

ぱーまちゃんのようなお人形を、私は他で見たことがないので、ぱーまちゃんは案外お宝なのかもしれない。私が0歳の時、親が買ってくれたのか、誰かがくださったのか、わからないのだが、でも言えることは、「一生一緒。」

 幼少時に娘も息子も喜んで着てくれていた、残り毛糸で編んだ「クマのセーター」は、たまにタペストリー風にインテリアとして飾っている。

 編みこみセーターに凝っていた当時、かなり複雑なものもトライして仕上げた力作は、すてられなくて、あんまり着ないのに押入れのスペースで幅をきかせている。

断舎利・・できないのは、こういうことなのかな。

「よし、捨てないなら 着ようじゃないか。」

これを合言葉に、私は古いものにも風を通すべく着て楽しむことに決めたのです。







PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret(管理人のみ表示)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[12/18 amour]
[11/06 chiaki]
[11/01 amour]
[11/01 amour]
[07/20 chiaki]
最新TB
プロフィール
HN:
Chie
性別:
女性
職業:
主婦 英語教師
趣味:
バレエ 映画鑑賞 
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(11/15)
(11/16)
(11/19)
(11/21)
(11/24)
P R
Copyright ©  My favorite things All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]