忍者ブログ
Admin / Write / Res
日々の生活から気になる事柄やものたちを、日記を通して紹介していくサイトです。水曜日には「やわらかい英文法」と題して、英語に関することを載せています。(平成23年3月現在)
[238]  [237]  [236]  [235]  [234]  [233]  [232]  [231]  [230]  [229]  [228
中学英語で、一番大きくつまずくポイントは、多分「関係代名詞」でしょう。

つまり、そこさへクリアーすれば、あとは割りにスムーズに進んでいけるのだと思います。

まず、関係代名詞ってどういうときに使うのか・・・それは、名詞を文章で修飾したいときに使うのです。

例えば、「背の高い男の子」・・だったら a tall boy と「形容詞プラス名詞」で簡単に理解できるでしょ?

じゃあ、「昨日私が公園で会った男の子」となると、形容詞だけでは表せない。そこで関係代名詞が必要になってくるのです。

the boy that I met in the park yesterday.

赤い部分が青い部分(名詞)を修飾しているのです。
じゃあ 4行上の日本語と較べてみてください。

日本語は~~~した男の子・・と男の子という名詞の前にいろんな修飾部分が来るけれど、 英語は 男の子・・とさきに言ってしまってから その後ろにずらずらと修飾部分が続くのです。

この「後ろから前に向かって修飾する」というのが、日本語に慣れている日本人にはとても難しいのだと思います。


まず文章作る前に、関係代名詞で修飾された名詞 の部分だけ、今日は挙げてみます。

今日はわかりやすくするために、全て that を使います。

the fish that I caught yesterday
私が昨日釣った

a friend that swims well
上手に泳ぐ友達

a sister that can speak French>
フランス語を話せる

the pictures that my father took during trip
父が旅行中に撮った写真

the river that runs through this city

この町を流れる

次回は、このような修飾された名詞を文章に組み込んでいきます。



PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret(管理人のみ表示)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新CM
[12/18 amour]
[11/06 chiaki]
[11/01 amour]
[11/01 amour]
[07/20 chiaki]
最新TB
プロフィール
HN:
Chie
性別:
女性
職業:
主婦 英語教師
趣味:
バレエ 映画鑑賞 
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(11/15)
(11/16)
(11/19)
(11/21)
(11/24)
P R
Copyright ©  My favorite things All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]